不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

労働コラム

「労働問題弁護士ガイド」では、労働者の正当な権利実現を徹底サポートするために、労働問題についての基本的な知識や裁判例を、弁護士がわかりやすく解説しています。

労働問題でお悩みの方、ブラック企業に入社してしまってお困りの方は、ぜひ参考にされてください。

1. 解雇

会社から「明日から来なくてよい。」といわれた場合、「解雇」と評価されます。合理的な理由がないにもかかわらず「解雇」とされることは会社の権利濫用であり、違法、無効となります。

ブラック企業から不当解雇されてしまった労働者の方は、すぐに労働問題に強い弁護士へ、法律相談ください。

2. 残業代

「1日8時間、1週40時間」以上の時間をはたらいている労働者の方には、残業代を受け取る権利があるのが原則です。

残業代が支払われないまま、長時間労働を強要されている場合、違法なブラック企業の可能性があります。

3. 退職

労働者がやめたくないのに、退職を強要する行為は、違法です。慰謝料請求が可能な場合もあります。

会社と労働者が、円満な状態で退職する場合であっても、退職の前後では、気を付けておかなければならないポイントが数多く存在します。

4. セクハラ・パワハラ

会社内で嫌がらせを受けてお悩みの方は、「ハラスメント」ではないかを検討してみてください。

セクハラ、パワハラの被害にあっている方は、直接の加害者はもちろんのこと、会社に対しても慰謝料請求をできるケースが少なくありません。

5. 労災

長時間労働の問題は「残業代を支払えばよい。」というだけではありません。月の残業時間が100時間を超えるなど、あまりに長い場合、労働者の健康を害してしまいます。

会社の業務によって、精神、身体の健康を害するような場合、会社に対して、損害賠償請求をすべき場合が多くあります。

6. 労働審判

不当解雇、残業代、セクハラなど、労働問題のトラブルでお悩みの労働者の方を、救済するために重要な制度が、「労働審判」です。

訴訟よりも簡易で、スピーディな解決を期待できる「労働審判」の制度をきちんと理解し、労働トラブルを有利に解決しましょう。

7. 労働相談

その他の労働問題について、よくある労働相談を中心に、わかりやすく解説しています。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!

ご相談者名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

投稿日:

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.