セクハラ

セクハラの謝罪文(文例・書式・サンプル)と謝罪の注意点

お問い合わせ

運営元:弁護士法人浅野総合法律事務所

セクハラ行為、セクハラ発言を行ってしまい、セクハラの加害者となってしまった場合、様々な責任を負うこととなります。具体的には、民事上の責任(民法違反)、刑事上の責任(刑法違反)、雇用契約上の責任(雇用契約違反)の責任があります。

中でも、無理やり性行為に及ぶレイプ行為を行ったなど、重度のセクハラ加害の場合には、強制性交等罪、強制わいせつ罪といった刑法違反となり、逮捕、送検され刑事罰を受けるおそれもあります。

セクハラの重い責任を免れるためには、被害者と示談をすることが効果的であり、このとき重要となるのが、被害者に交付する謝罪文です。

セクハラはしてはならない違法行為ですが、少しでも被害者に気持ちを伝え、示談してもらいやすくするためにも、セクハラ謝罪文の書き方について理解しておいてください。

今回は、セクハラの加害者から被害者に交付する謝罪文について、書式・ひな形を示し、その内容について労働問題に強い弁護士が解説します。

ココに注意

セクハラ謝罪文の文例・書式・ひな形(サンプル、テンプレート)は、あくまでもセクハラ問題において一般的に使用することの可能な例文です。

謝罪文の目的は、被害者にきちんと謝罪と反省の気持ちを伝えて理解してもらい、示談を促すことにありますから、その文面は、事案に合わせた適切なものに修正、変更する必要があります。

「セクハラ加害者」の法律知識まとめ

セクハラ謝罪文の書式・ひな形【ダウンロード】

それでは早速、セクハラを行ってしまった加害者が、セクハラ被害者に対して交付するときの、謝罪文の書式、ひな形の文例をご紹介します。

ダウンロード

謝罪文

○○○○様

この度は、私の配慮を欠く行為により、○○様に多大なるご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。原因はもっぱら私のセクハラ行為に関する知識のなさ、○○様に対する配慮のなさに起因するものであり、弁明の余地もございません。

セクハラ行為との指摘を受けて初めて、私の非常識かつ非礼な行為が、いかに○○様のご気分を害したかを痛感し、深く猛省するばかりです。

先般の私の分別わきまえない行為によって○○様を痛く傷つけてしまったことは取り返しのつかないことであることは十分承知の上ですが、○○様の損害を少しでも填補し、私の反省と謝罪の意を示すため、○○様の損害を賠償させていただきたいと考えております。
治療等にかかった実費がございましたら、その旨お申し付けくださいませ。また、心ばかりではございますが、精神的な損害を慰謝するため、誠心誠意の賠償をおこないたく存じます。

もし、直接謝罪する機会を頂けるのであれば、改めて謝罪を致します。

今後は、どのような行為・発言がセクハラ行為に該当するかを十分に理解し、セクハラが禁止された行為であることを肝に銘じ、社会人としての自覚をもった行動をするよう誓います。また、○○様に対して今後二度と同様の行為を行わず、再発させないことをお約束申し上げます。

改めまして、この度は私の不適切な行為により多大なるご迷惑をお掛け致しましたこと、謹んで深く謝罪させていただきます。大変申し訳ございませんでした。

XXXX年XX月XX日

○○○○ ㊞

セクハラの謝罪文に書くべき内容

謝罪文例の見本を見て頂いたところで、次に、セクハラの謝罪文に書くべき内容について、弁護士が解説します。

というのも、サンプル文章の丸写しでは実情に合わせた謝罪文とはならないため、結局は、文例を参考にしながら自分の言葉で書きなおす必要があるからです。このとき、「どのような事項を謝罪文に盛り込まなければならないか」を正しく理解し、過不足のない謝罪文を作成する必要があります。

セクハラの謝罪文として必要な事項が抜けていては、謝罪・反省の意思が被害者に伝わらないどころか、更に怒りを増し、二次被害を招くおそれがあります。一方で、余計なことを書いて被害者の怒りを買うことも避けなければなりません。

セクハラ行為の自認

はじめに、セクハラの謝罪文に書くべき最重要事項は、「行ってしまったセクハラ行為を認めること」です。

セクハラ問題では、被害者側と加害者側の言い分(発言)が全く食い違うことがあります。しかし、謝罪をするのであれば、細かな記憶違いはさておき、セクハラ行為を認めなければなりません。

また、自分の行った行為が「セクハラ」という違法行為であることも認めて謝罪することが必要です。「思い込みであった」、「勘違いであった」と受け取られるような曖昧な表現では、被害者から、「セクハラという自覚がないのか」という怒りの感情を抱かれるおそれがあります。

事実の記載はすべて、自分の主観的な意見ではなく、客観的な事実に沿って書かなければなりません。

謝罪文を出したことでかえって誤解を生んでは、ますます示談や謝罪が困難になり、刑事責任を問われてしまったり、会社内でも懲戒解雇など厳しい処分を下されたりするおそれがあります。

チェック
セクハラ事件で「被害者の証言と食い違っている!」と会社から言われたら?

セクハラの加害者であると会社から疑われてしまった方から、「会社は、被害者側の女性の言い分しか聞いてくれないのか・・・」という法律相談が多くあります。 セクハラについての証言が被害者と加害者とで異なって ...

続きを見る

セクハラ被害者に対する謝罪の意

謝罪文を交付した被害者に対して、「セクハラ行為が悪いことであることを理解している」ということを伝える必要があります。そのため、謝罪の意思表示、反省の意思表示を十分に記載してください。

被害者との示談や許しにつながる効果的な謝罪文とするためにも、反省の意思表示が最重要です。

セクハラ被害者への示談の提案

謝罪文はあくまでも被害者に謝罪をすることを目的とするものですが、セクハラ加害者となってしまった側からすれば、重要なことは「示談が成立するかどうか。」という点にあります。

というのも、示談が成立すれば、初犯であり、かつ、セクハラの内容もそれほど重度でなければ、刑事罰を受ける可能性が格段に減少します。会社内の責任においても、下される懲戒処分の程度が軽く済む可能性が高いです。

そこで、謝罪文の中に、示談の提案をしておきましょう。ただし、あくまでも「被害者の損害を補填したい」という理由で記載すべきであり、上記のような下心が見え隠れしてしまっては逆効果です。

今後の再発防止策

謝罪の意思は、「過去」に対するものですが、その次に記載しておくべき内容は、「将来(未来)」に関することです。すなわち、「二度と同様のセクハラ行為を行わない」、「繰り返さない」という誓約であり、約束です。

セクハラ加害者も被害者もともに会社に残り続ける場合には、今後再発はあってはならず、関係修復のためにも、再発防止策を謝罪文に記載しておくことが重要となります。

再発防止策は、できるだけ具体的に記載し、実現可能なものを考えることが重要です。謝罪の気持ちを強調するあまりに、再発防止策が非現実的で、実現不可能なものとなってしまっていては意味のない謝罪文となってしまいます。

再度の謝罪文言

セクハラの謝罪文には、冒頭に必ず「大変申し訳ありませんでした」などの謝罪文言を記載しますが、謝罪文の最後にも、あらためて謝罪文言を記載することが一般的です。

謝罪文は、ここまで解説してきた必須項目を記載すると、ある程度長文となることが多く、全て通して読んでもらったときに、最後にも改めて謝罪文言があったほうが、セクハラ被害者に対して反省と謝罪の意をしっかり伝えることができるからです。

したがって、最後にもう一度お詫びの文言を記載してください。

形式的な記載事項

ここまで解説してきた謝罪文の必須項目は、内容に関する事項ですが、形式的な事項についても、記載を忘れてはならない項目が存在します。

まず、セクハラの謝罪文の宛先となる相手方の氏名を最初に記載します。そして、当然ながら、謝罪文の作成者である自分の氏名も記載しておきましょう。

「謝罪文をいつ出したか」が問題となることもあるので、謝罪文の作成年月日の記載も忘れないようにしてください。謝罪の意思を示すのは、早ければ早いほどよいです。セクハラ行為があったと疑われる日付から、期間を経過しないよう、早めに謝罪の意思を伝えましょう。

文書の題名(タイトル)があったほうが、「どのような内容の文章か」が一見してわかりますので、「謝罪文」といった題名をつけることがお勧めです。

セクハラの謝罪文の正しい書き方は?

次に、ここまでお読みいただき「謝罪文にどのような内容が必要となるのか」を理解して頂いたところで、実際の「書き方」のポイントを弁護士が解説します。

謝罪文は、心を込めた「お手紙」である必要があります。必須の内容を項目ごとに列挙しても、単に書き並べただけでは不自然な文章になってしまます。「書き方」のポイントを理解し、効果的な謝罪文を作成してください。

実情に合わせて修正する

実際に謝罪文を作成するときには、起こしてしまったセクハラ問題の実情にあわせて、加筆、追記、修正が必要となります。

というのも、書式・ひな形はインターネット上に多く存在していますが、それを丸写ししているだけでは、セクハラ被害者に対して反省・謝罪の気持ちが正確に伝わらないおそれがあります。

もしも、誤記、実情にそぐわない記載、不自然な文章などがあり、テンプレ―トの丸写しであることが被害者にバレてしまえば、ますます怒りを増幅してしまうおそれすらあります。

謝罪文の書式・ひな形を参考にするのはよいですが、セクハラ問題を起こしてしまったとき、謝罪文を作成することには「被害者に反省と謝罪をしっかり伝える」という目的があることを十分に理解して、実情に沿った修正をしてください。

自分の言葉で書く

同様に、謝罪文の文例を丸写しすると、文章としてとても堅苦しくなり、不自然になってしまう場合もあります。

セクハラ行為を起こしてしまった場合、被害者に対して最大限の礼節をもって振舞う必要がありますが、あまりに堅苦しくなりすぎると、「慇懃無礼」だととられ、逆効果のおそれもあります。

セクハラ被害者との人間関係、職場での関係(上司か、部下か、同僚かなど)、セクハラ加害者の普段の行為や態様、性格などにあわせ、不自然な文章となってしまうようであれば、書式・ひな形を修正して、自分の言葉で伝える必要があります。

感情表現についても、自分の心情に合った言葉を選んでください。

被害者の気持ちになって書く

「セクハラの謝罪文を作成し、被害者に交付したい」という法律相談をされる方の中には、「謝罪文を交付したら責任が軽くなるのではないか。」、「少しでも自分に有利な行動を起こしたい。」という、自分本位で身勝手な考え方の人もいます。

しかし、謝罪文を作成することには、後ほど解説するとおりデメリットもありますし、何より、謝罪文の交付は、被害者のお気持ちへの配慮のために行うことであり、「責任が軽くなる可能性がある。」というのは結果論に過ぎません。

そのため、セクハラの謝罪文は、被害者の気持ちを理解し、被害者の立場を想像しながら作成する必要があります。被害者が、加害者のセクハラ行為によって感じたであろう不快感、嫌悪感、恐怖感を具体的に想像し、十分な配慮をもって謝罪と反省の意を伝えましょう。

セクハラの謝罪文を出すとデメリットがある?

セクハラ問題で、加害者側からの法律相談を受けたとき、「セクハラの謝罪文を出す方法があります。」というアドバイスをすると、「謝罪文を出してしまうと、認めたことになってしまうのではないか。」という質問を受けることがあります。

このことからもわかるとおり、セクハラの謝罪文を出すことには、「示談に繋がる。」、「被害者感情を緩和することができる。」といったメリットとともに、当然ながらデメリットもあります。

デメリットの典型例は、セクハラの謝罪文に、セクハラを自認する文言を記載すれば、後からセクハラの事実を否認し、セクハラ冤罪(えん罪)を訴えることができなくなる点です。この点をよく考慮し、「セクハラをしていない。」、「被害者証言は信用できない。」と考えるときは、謝罪文を出さないほうがよいこともあります。

また、今回解説するポイントを押えず、言い訳ばかりであったり、抽象的な意見に終始した結果、逆にセクハラ被害者の感情を害し、謝罪文がかえって逆効果になってしまうこともあります。

以上のことを勘案して、デメリットよりもメリットのほうが大きいと考えられるケースに限って、「セクハラの謝罪文を出した方がよい」ということになるのです。

チェック
セクハラの加害者になってしまったら、注意すべき5つのポイント

セクハラをしてはいけないのは当然ですが、万が一セクハラの加害者になってしまった労働者の方へ向けて、対応策をまとめておきます。 人事部から呼び出しを受け、「あなたにセクハラをされたという社員がいる。」と ...

続きを見る

セクハラの謝罪文の注意点

最後に、セクハラの謝罪文を作成し、被害者に交付する際の注意点について、弁護士が解説します。

セクハラ謝罪文において、やってはいけないこと、むしろ不利になってしまいかねないデメリットも存在するため、注意して慎重に進めてください。

言い訳(弁明・反論)を書かない

「謝罪文」という文言から察するとおり、このような文章を記載して提出するケースとは、既にセクハラの事実を認めており、言い逃れのできない場合です。

そのため、謝罪文の中に、言い訳や弁明、被害者証言に対する反論などが記載していては、かえって被害者の感情を害し、「反省していないのではないか」と疑われても仕方ありません。このような謝罪文であれば、むしろ出さないほうがよいです。

「思い違いで・・・」、「行き過ぎてしまい・・・」と書くだけで、「セクハラ」に対する「謝罪」となっていない文章を見ることがありますが、被害者の性格によっては、このような謝罪文が藪蛇となるリスクあります。

謝罪文には、事実と謝罪の意思のみを記載し、自分の意見を書かないほうがお勧めです。

抽象的、曖昧な記載をしない

セクハラ行為を認め、反省し、謝罪をすることは、セクハラ加害者にとって不利になる可能性のあることであり、「怖い」と思う気持ちは十分に理解できます。

しかし、折角謝罪文をしたためて交付するのに、そのような気持ちでは、意義のある謝罪文は書けません。

謝罪文で、言い逃れの気持ちが先行して、抽象的な記載、曖昧な記載ばかりとなり、何を伝えたいのかわからないような文章を記載してはいけません。特に、今後の再発防止策は、できる限り具体的に記載してください。

示談書を作成する

謝罪文が十分な効果を発揮して、被害者に無事、謝罪を受け入れてもらえたら、示談が成立するケースもあります。

セクハラ問題について、被害者と示談をするときには、必ず、示談書を作成しましょう。示談書を作成することで、「示談が成立した」ことを客観的な証拠によって証明できるようにする必要があるからです。

特に、被害者からの後からの更なる責任追及を回避したり、刑事罰や懲戒解雇などの重い責任を免れやすくしたりするためにも、示談書の作成が重要となります。

示談金の相場は?

示談をするときに、セクハラ加害者が気になるのが「示談金をいくら支払えばよいのか。」という点ではないでしょうか。一口に「セクハラ問題」といっても、適切な示談金の相場は、ケースによって大きく異なります。

セクハラといっても、その行為態様の重さ、違法性、悪質性、頻度や回数によって、責任の程度が変わるからです。内容にもよりますが、セクハラ行為の示談をするとき、示談金の相場は30万円~200万円くらいが多いです。

また、セクハラ行為の示談金の相場よりも高い金額を請求されても、交渉での減額が困難なケースもあります。あくまでも、被害者感情に配慮しながら交渉を進めることが重要です。自分で交渉することが難しい場合、弁護士にご相談ください。

謝罪文は直接渡す?

謝罪文の文言について、書式・ひな形を示しながら解説をしてきましたが、折角作成した謝罪文でも、直接被害者に手渡すことは適切ではないケースも多く存在します。

セクハラ行為を行ってしまった場合、被害者は加害者にもう会いたくないと思っていることが多く、無理やり会って謝罪することを強要しては、「二次被害」といわれても言い逃れできません。

謝罪文の適切な渡し方は、ケースによって異なるため、慎重に判断しなければなりませんが、直接手渡すことが不適切な場合であっても謝罪文を何とか届ける方法としては、次のような方法が考えられます。事案の重さに応じて使い分けてください。

ココがポイント

  • 弁護士に依頼し、弁護士から送付してもらう
  • 謝罪文を会社に送付し、会社の人に渡してもらう
  • 仲の良い友人に謝罪文を渡してもらう
  • 謝罪文を郵送する

「セクハラ問題」は弁護士にお任せください!

残念ながらセクハラ問題を起こし、加害者となってしまったとき、その重い責任を少しでも軽減するためには、謝罪文が効果的にはたらくケースがあります。

しかし、あくまでも注意点を十分理解して適切な謝罪文を作成することが前提であり、不十分な謝罪文や不適切な渡し方だと、セクハラ謝罪文が、むしろ逆効果となるおそれもあります。

セクハラ問題について、刑事責任や懲戒解雇など、重い責任を負ってしまう可能性が高まっている場合には、謝罪文の作成を行うかどうか、どのような内容とすべきかといった点について、ぜひ一度労働問題に強い弁護士にご相談ください。

「セクハラ加害者」の法律知識まとめ

お問い合わせ

運営元:弁護士法人浅野総合法律事務所
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区銀座)は、代表弁護士浅野英之(日本弁護士連合会・第一東京弁護士会所属)をはじめ弁護士5名が在籍する弁護士法人。 不当解雇、未払残業代、セクハラ、パワハラ、労災など、近年ニュースでも多く報道される労働問題について、「泣き寝入りを許さない」姿勢で、親身に法律相談をお聞きします。 「労働問題弁護士ガイド」は、弁護士法人浅野総合法律事務所が運営し、弁護士が全解説を作成する公式ホームページです。

-セクハラ
-,

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】