労働問題弁護士ガイドとは?

セクハラ発言になる言葉を一覧で紹介!対処法もあわせて解説します

セクハラ発言の多くは、セクハラ加害者が、自分の発言をセクハラだと認識しないことで引き起こされるもの。
そのため、「どんな言葉がセクハラ発言になるのか」を理解しなければ防げません。
このことは、セクハラ被害者はもちろん、セクハラ加害者にとっても重要です。

言葉のセクハラが社会問題化しています。
慰謝料請求されたケース、犯罪に発展した事件は多数報道されますが、セクハラ発言がなくなる気配はありません。

被害者女性

嫌だけど、セクハラ発言かわからないので我慢すべき?

加害者男性

どうせ被害者が不快なら、どんな発言もセクハラになるのでは?

こんなセクハラ発言への理解のなさが、言葉によるセクハラをますます加速させます。
セクハラ発言の被害を減らすには、すべての人が、自分が加害者にならないよう、また、被害者となったときすぐ指摘できるよう、セクハラとなりうる発言の具体例を知っておく必要があります。

今回は、セクハラになる言葉の例を、一覧で紹介し、あわせて、加害者となってしまった方、被害者となってしまった方が、それぞれ、セクハラ発言にどう対応すべきか、対処法についても、労働問題に強い弁護士が解説します。

この解説のポイント
  • セクハラ発言は、身体的接触がなく軽視されがちだが、違法なセクハラ行為
  • セクハラ発言にはさまざまな種類があるが、グレーゾーンもある
  • セクハラ発言となる言葉の例を知っておけば、セクハラの防止につながる

\ 「今すぐ」相談予約はコチラ/

目次(クリックで移動)

解説の執筆者

弁護士 浅野英之

弁護士(第一東京弁護士会所属、登録番号44844)。
東京大学法学部卒、東京大学法科大学院修了。

企業側の労働問題を扱う石嵜・山中総合法律事務所、労働者側の法律問題を扱う事務所の労働部門リーダーを経て、弁護士法人浅野総合法律事務所を設立。

不当解雇、未払残業代、セクハラ、パワハラ、労災など、注目を集める労働問題について、「泣き寝入りを許さない」姿勢で、親身に法律相談をお聞きします。

\相談ご予約受付中です/

セクハラ発言とは

セクハラは、セクシュアルハラスメントの略であり、職場内での性差別的な発言、性的な言動による嫌がらせのことです。

セクハラにもさまざまな種類がありますが、なかでも、セクハラ発言が最もよく問題になります。
セクハラ発言とは、つまり、言葉によるセクハラのことです。
からだを触るなど、身体的な接触があるものばかりがセクハラでないことに、よく注意が必要です。

以下では、セクハラの基本知識もあわせて解説しますので、損害賠償の対象となったり犯罪になることもあるセクハラの重大性について、よく理解しておいてください。

セクハラ発言は「軽度」とはいえない

セクハラ発言の特徴
セクハラ発言の特徴

セクハラにあたる行為は、発言だけによる場合のみならず、具体的な行為をともなうものもあります。
例えば、ボディータッチや肉体関係の強要など、具体的な行為をともなうセクハラにはあきらかに重度なものもあり、とりあげられやすいですが、セクハラ発言についても「言葉だけだから」といって軽度のセクハラだと断定することはできません。

むしろ、セクハラ発言は、加害者が無意識に起こしやすいため、対策が難しいもの。
性行為など、具体的な行動をともなわずとも、発言だけでも被害者に大きな不快感を与えるセクハラも多くあります。

セクハラ発言は繰り返されることが多く、長期間続けば、その分、被害者の精神的ダメージが蓄積します。

セクハラ発言の被害者は女性に限らない

典型的に、セクハラというと「男性から女性へ」の性的嫌がらせが問題となりがちです。
しかし、セクハラの被害者は女性に限りません。
男性もまた、セクハラの被害者となるケースがありますし、同性同士の性的な嫌がらせや、LGBTに対する性差別的な言動もまた、セクハラ問題となりえます。

セクハラのなかでも、セクハラ発言は、力の大小にかかわらず行える、いわば「言葉の暴力」。
そのため、セクハラ発言の被害者は女性に限らないことをよく理解しなければなりません。

LGBTのような性的マイノリティに、「おかま」、「ホモ」などの差別的な呼び方、「気持ち悪い」、「男のくせになよなよしている」などの性差別が蔓延しています。

これらが差別用語の意味を持つことすら気付かずに使ってしまう方もいますが、よく理解しなければなりません。

セクハラ発言になる言葉の例【一覧】

次に、セクハラになりうる発言や言葉について、具体例や実例をまじえ、くわしく紹介します。
長くなりますが、発言集・事例集として、できるだけ網羅的に、一覧で解説します。

冒頭で解説したとおり、セクハラ発言の具体例、典型例を知ることは、ついうっかり口走った発言が「セクハラ発言だ!」といわれてしまわないためにも大切です。

執拗に食事へ誘いをかける発言

上司と部下、同僚同士なら、食事にいく機会はよくあるでしょうが、セクハラを疑われることも。
社内の人間関係を良くしたいだけで他意はないとしても、特定の人をしつように食事に誘う言葉は、セクハラ発言になるおそれがあります。

  • 「毎日一緒にランチにいこう」
  • 「ディナーデートにいこう」
  • 「2人でゆっくりしたいな」
  • 「しっぽり一杯いこうよ」
  • (相手が断ってきても)「いつなら食事いけるの?」
  • (夜遅い時間に)「遅めだけど、今から食事いかない?」
  • 「○○ちゃんは特別にランチおごってあげる」

誘われる被害者側からすれば、「性的意図があるのでは」と不快に感じることも十分考えられます。
特別扱いされると、嬉しいよりむしろ、「見返りを期待されるのでは」という思いが強くなります。

執拗にデートへ誘う発言

社内恋愛から社内結婚へ発展するケースは珍しくないですが、それはうまくいったときの話。
いやがっているのにゴリ押しすれば、いきすぎた好意は、セクハラ発言でしかありません。

  • 「土日のどっちかあいてたらあわない?」
  • 「今度、温泉デートしよう」
  • 「嫁にないしょでしっぽり泊まりにいかない?」
  • 「俺とかどう?タイプじゃない?」

泊まりデートに誘う言葉は、性的関係を容易に連想させるセクハラ発言です。

特に、既婚者の方は、不倫になるため、社内の人とのデートは特にひかえましょう。
地位や人間関係からはっきり拒否できず、「無意識のうちにエスカレートした」というケースに注意が必要です。

ボディータッチをまじえた呼びかけ

どれほど仲良くなれたと感じても、なれなれしい対応は禁物。
相手があわせてくれていたり、愛想よくふるまってくれているだけの可能性もあります。

呼びかけても反応しないので肩を叩く、どいてほしくて腕に触れる、といった言動が不快だという人は多いです。
ボディータッチをまじえたなれなれしい対応は、セクハラ発言になりえます。

  • 「(肩を組みながら)ねぇねぇ、○○ちゃ〜ん」
  • 「(狭いスペースで)ちょっと後ろ通りますね〜」
  • 「(ツンツンつつきながら)ねぇ〜聞いてる?」

何気なくしていた言動も、回数が増せば「わざと触られた」と性的意図を感じさせ、不快なセクハラ発言になります。

性的なことを尋ねる質問

異性に性的なことを、執拗にたずねる質問をする人がいますが、セクハラ発言になります。
質問形だと、命令口調よりもやわらかく感じて、問題意識をもてなくなっているとき、注意が必要です。

  • 「最近、いつエッチしたの?」
  • 「○○ちゃんの初体験はいつ?早い?」
  • 「もしかしてまだ処女なの?うぶだね〜」
  • 「いつも彼氏とどんなエッチしてるの?」
  • 「お前らちゃんと子作りにはげんでるか〜?」

これらの質問はどれも、軽い気持ちでされていますが、された側ではたまったものではありません。
事実がどうだったとしても答えたくない質問はありますし、「お前に聞かれたくないよ」と心の中で不快感がたまっていきます。

宴会での卑わいな発言

酒が入ると、下世話な話題や卑わいな発言で盛り上がることがありますが、時と場合をわきまえましょう。
仕事に関係する場ですべきでない話題を心得ておいてください。

  • 下ネタばかりいう
  • 宴会の余興が、全裸になるなど、性的なことを連想させる
  • (職場の人のいる席で)「昨日の夜、ワンナイトラブしてさ」
  • 「マッチングアプリでやりまくってるよ」
  • 「2人で二次会にいって、その後ホテルいこうよ」

特に、女性がいる職場では、卑わいな発言は不適切で、セクハラ発言になりやすいもの。
その場では笑ってすごしてくれても、当然居心地が悪いものでしょうから、異性の立場に立って「その話題は心地よいか」を考えなければなりません。

アルコールが入るとつい気が大きくなって、不用意なセクハラ発言をしがちな方は注意してください。
飲み会でのセクハラは、次の解説で詳しくまとめています。

職場での下ネタ発言

職場は、仕事をする場所です。
多少の私語はあるでしょうが、無駄話はひかえるべきで、ましてや、その無駄話が異性にとって不快な言葉であれば、セクハラ発言につながってしまいます。

  • 職場のみんながいる前で、下ネタをいう
  • 「昨夜は、女とひと晩中激しかったよ」
  • グラビアアイドルのポスターを貼る、アニメキャラのセクシーなフィギュアを席に置く

職場で公然と、性生活を赤裸々に語ったり、卑わいな発言をしたりすることは、男女いずれでもセクハラ発言。
無意識なセクハラ被害を生む典型例の1つなので、注意が必要です。

性的な噂話を広げる発言

痴情のもつれや嫉妬心から、性的な噂話を広げてしまう言葉は、セクハラ発言です。

  • 「あいつは浮気しているらしい」
  • 「○○くんは社内で何人か食ったってさ」
  • 「二股かけてるらしい」
  • 「淫乱だ」、「ビッチらしい」、「酔ったらヤらしてくれるらしいよ」

悪評が社内に流れると、セクハラ被害者は居づらくなりますから、嫌がらせであり、セクハラなのはあきらかです。

性的な魅力をほめる発言

ほめているつもりでいっていても、そのほめ方が性的な方向に向いていると、たとえ褒め言葉でも相手を不快にさせるセクハラ発言になってしまいます。
わざわざ社内で好意を示されても、喜んでくれるとは限りません。

  • 「かわいいね」、「きれいだね」
  • 「色気がある」、「セクシーだね」
  • 「グラマー」、「出るとこ出てるね」、「スタイル最高」
  • 「○○ちゃんは、いいにおいがするね」
  • 「髪がさらさらしていてさわりたくなる」

性別や年齢をことさら指摘する発言

年齢を気にしている人は多いもの、性別の差についても、「女性だから活躍できていないのでは」といった不安を抱えている人も多くいます。
そのため、性別や年齢をことさらに指摘すると、セクハラ発言にあたります。

  • 「若い女のくせになかなかやるね」
  • 「女みたいな根性なしだな」
  • 「女のくせになまいきだ」、「男のくせにまったく力がないな」
  • 「そろそろはらまないと、高齢出産になっちゃうよ」

外見や身体的特徴への発言

外見や身体的特徴のなかには、自分の努力ではどうしようもないものもあります。
そのため、外見や身体的特徴についてことさらにとりあげる発言は、不快な思いをさせることとなります。

  • 「口臭がする」、「臭い」、「○○菌がうつる」
  • 「貧乳」、「ペチャパイ」、「牛みたいな乳」
  • 「スリーサイズ教えて」
  • 「おっぱいおっきいね〜、何カップなの?」
  • 「安産型でよかったね」

容姿や服装をいじる発言

容姿や服装は、外見や身体的特徴よりは、変更がしやすいですが、職場でどう見られるかで決めたくないものでしょうから、ことさらに言及すれば、やはりセクハラ発言となります。
特に、女性の服装は、趣味嗜好のあらわれであり、社会人として常識的な範囲であれば、指摘すべきではありません。

  • 「スカート短すぎない?パンツみえそうだよ」
  • 「おっぱい強調してるね〜」
  • 「今日はおめかししてるけど、今夜デート?」
  • 「肌荒れひどいけど、寝れてないの?」
  • 「最近肌がつやつやしてるけど彼氏とお盛んなの?」

異性に対する差別的な言葉

社内では、特に異性に対して、敬意をもって接しなければなりません。
俗語やスラングのなかには、異性に対して差別的な意味をもつ言葉もあるため、次のような言葉は使わないようにしたほうがよいでしょう。

  • 「おじさん」、「おばさん」、「ジジイ」、「ババア」
  • 「デブ」、「ブス」、「ハゲ」
  • 「クソババア」、「クソジジイ」
  • 「中年おやじ」、「頑固親父」
  • 「お局さん(おつぼねさん)」

私生活に踏み込む発言

職場と私生活は区別しなければならず、プライベートな話題は慎重であるべき。
職場で私生活について発言すると、プライベートな性生活についての言葉は、セクハラ発言にあたるおそれあり。

  • 「昨日嫁といっぱつやってさ」
  • 「俺はいままでたくさんエッチしてきたから」
  • 「彼氏いるの?」、「彼氏とは毎晩してるの?」
  • 「いつ結婚するの?」、「子どもほしいなら早く結婚しなきゃ」、「まだ結婚できないの?」
  • 「30歳すぎて結婚してないなんで、どこかおかしいところあるんじゃないか」
  • 「子ども生む予定あるの?」

プライベートの性生活については、男女によって不快に感じる度合いが異なることが多いです。
相手の性生活をさぐる言葉はもちろんですが、自分の性生活をひけらかすのも、セクハラ発言になります。

性的な冗談、性的ないじり

冗談をいったりいじったりすることは、人間関係を円滑にするために大切ですが、性的な観点からする冗談やいじりは、セクハラ発言となってしまいます。

  • 「イライラしてるけど、生理?(笑)」
  • 「○○さんの説教は、更年期障害だな(笑)」
  • 「俺と性欲発散しない?(笑)」

ちゃん付け、くん付け

職場の人間関係は、友達とは違いますから、気安すぎると不用意な発言をまねきます。

女性社員への「ちゃん付け」、男性社員への「くん付け」はいずれも敬称として適切でなく、相手を軽んじる発言。
不快に思えば、セクハラ発言です。

  • ちゃん付け、くん付けをする
  • 「事務のおねーちゃん」、「お茶くみの女の子」

職場で異性を呼ぶとき、上司や同僚だけでなく、部下でも、尊敬をこめて「さん付け」にしてください。
こんな呼び方は、昔はよくあったのかもしれませんが、男尊女卑な時代の男女差別なイメージを感じることも。
世代間ギャップが、「ちゃん付け」、「くん付け」というセクハラ発言の原因となることもあります。

【加害者側】セクハラ発言をしないための対応、回避策

セクハラ発言によるトラブルは、加害者側の無自覚、無意識によって引き起こされます。

セクハラ問題を深刻化させてしまわないためにも、対応方法について解説していきます。

どこからセクハラ発言なのか、グレーゾーンに注意

セクハラ発言は、身体的接触をともなうセクハラよりも、「どこからセクハラか」という境界線があいまいです。

身体的接触があれば、「胸をさわったらセクハラ」というように、誰でもセクハラだと理解できる基準あり。
しかし、セクハラ発言の場合、ほめ言葉によるセクハラのように、相手が喜んでいればセクハラにならず許される例もあり、難しいところです。

とはいえ、あいまいだからといって「グレーゾーンを狙って、できるだけセクハラ発言にならないよう、きわどい発言をしてやろう」といった意識では、トラブルを拡大します。
「かわいいね」、「きれいだね」など、好意の示しすぎも、「気持ち悪いと思われる可能性があるのでは」という慎重な対応がリスクを減らしてくれます。

セクハラ発言にならない言いかえ表現を知る

セクハラ発言にならないために、セクハラ加害者になってしまわないために、社会人マナーとしてふさわしい言いかえ表現を知っておくのも大切。
あきらかな性差別発言は別として、セクハラ発言のなかには、ほんの少しでも相手に配慮すれば適切な言い方になるケースもあります。

セクハラ発言にならないための適切な言い方、伝え方には次のものがあります。

  • 食事へ誘うなら「みんなで食事にいきましょう」
  • どうしても聞かなければならない質問は、育休・産休など、法的な制度のために必要であることを前置きする
  • ほめるときは、外見・容姿ではなく、仕事ぶりやがんばり、態度をほめる
  • 男性、女性のどちらかにしか通用しないほめ言葉は使わない

また、言動でも配慮が必要です。
用事があるときなれなれしくさわるのでなく、相手の正面に回ること、まずは声をかけ、相手の考えを聞くことといった工夫を心がけましょう。

自覚なく、セクハラ加害者になってしまったとき、注意すべき点は次の解説もご覧ください。

【被害者側】セクハラ発言を受けたときの対処法、かわし方

セクハラ発言の実例を知れば、言葉によるセクハラの被害にあったとき我慢しないで済みます。

万が一、セクハラ発言の標的にされたとき、被害者がどう対抗するか、その方法を解説します。

セクハラ発言を明確に拒否する

セクハラ発言の問題点は、発言した加害者が、セクハラだとはあまり認識していないこと。
早いうちに被害者の側から、不快だと強く伝えなければなりません。

繰り返すセクハラ発言を放置すれば被害は加速し、「あの子は(性的な話題は)問題ないのか」などと思われれば、周囲の社員にも無自覚なセクハラ加害が広がってしまいます。

会社の上下関係や人間関係から、直接伝えるのが困難なときは、弁護士を通じて警告を送る方法もあります。
「セクハラ発言です!」と指摘するのは辛いでしょうが、冗談っぽく伝えると、ふざけていると思われ、拒否の気持ちが正確に伝わらないことも。

会社・加害者に慰謝料を請求する

セクハラ発言は、被害者の名誉を害し、精神的な苦痛を与える違法行為です。
社内で話し合ってもセクハラ発言がストップしなければ、社外で、すなわち、裁判所で解決するほかありません。

セクハラが不法行為(民法709条)なら、これによって受けた名誉侵害や精神的苦痛は、慰謝料を請求できます。
また、性的関係を強要されるなどして身体的ダメージを受けたとき、治療費などの損害も賠償請求できます。

このとき、直接の加害者の責任はもちろん、会社の責任も問えます。
セクハラ対策が不十分なものだと、安全配慮義務違反を理由に、会社にも損害賠償請求できるからです。
事前のセクハラ防止だけでなく、横行するセクハラ発言を放置していたことや、相談窓口に連絡したのに、注意指導するなどセクハラ発言を止める努力をしなかったことなども、会社の責任は重大です。

セクハラで慰謝料請求する方法と、慰謝料額の相場は、次の解説をご覧ください。

セクハラ発言が罪になるなら、告訴する

無理やり性交渉をすれば強制性交罪、強制わいせつ罪になりますが、セクハラが発言だけにとどまるケースでも、罪になるレベルの悪質なものもあります。

言葉によるセクハラでも、名誉毀損罪、侮辱罪といった犯罪になる可能性があるからです。
また、執拗なセクハラ発言をともなう言動は、つきまとい行為としてストーカー規制法違反となり、警察に対処してもらえるケースもあります。

刑事処罰を望むときは、警察と協力し、被害届を提出したり、告訴したりする方法がおすすめです。
犯罪になるセクハラ行為について、次の解説も参考にしてください。

セクハラ発言となる言葉への対応の注意点

最後に、セクハラ発言となる言葉に対処するとき、注意しておくべきポイントを解説します。

セクハラ発言を防止するのは会社の義務

男女雇用機会均等法という法律は、職場におけるセクハラ対策措置を会社の義務としています。
とるべき具体的なセクハラ対策は、いわゆるセクハラ指針(正式名称「労働者に対する性別を理由とする差別の禁止等に関する規定に定める事項に関し、事業主が適切に対処するための指針」)に詳しく定められています。

男女雇用機会均等法11条

1. 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

2. 厚生労働大臣は、前項の規定に基づき事業主が講ずべき措置に関して、その適切かつ有効な実施を図るために必要な指針(次項において「指針」という。)を定めるものとする。

男女雇用機会均等法(e-Gov法令検索)

発言によるセクハラは、加害者が無意識に、しかも連続して行うケースが多く、監視が難しいです。
周囲の人すら、軽い言動だろうと気に留めていなくても本人は傷ついていることも。

セクハラ発言のケースこそ、日頃からの「セクハラ発言は絶対に許さない」という指導、教育、啓発が重要です。

セクハラ発言は、対価型か、環境型か

男女雇用機会均等法、セクハラ指針は、セクハラを「対価型」、「環境型」の2種類に分類しています。

セクハラの2分類
セクハラの2分類

セクハラの2分類は、どんな行為がセクハラか理解するための分類で、いずれもセクハラ対策の必要性は変わりません。

  • 対価型セクハラ
    解雇や減給など、労働条件の不利益な変更をチラつかせ、性的な発言やボディータッチに逆らえないようにしたり、性的関係を強要したりするセクハラ
    (さらに進むと、性的関係を拒まれたことへの報復として、セクハラ被害者の労働条件を、実際に不利益に変更することも、対価型セクハラの一種)
  • 環境型セクハラ
    職場内に卑わいなポスターを貼ったり、わいせつな物を持ち込んだりして、快適な職場環境を害するタイプのセクハラ

発言によるセクハラでも、その発言が、肉体関係など「見返り」を求めるものなら「対価型」、被害者の労働環境を悪化させるセクハラ発言なら「環境型」にあたります。

いずれもセクハラであることに変わりなく、違法です。
どちらかの類型にしっかりとはあてはまらないセクハラ発言も、性的な不快感を与えればセクハラのおそれあり。

まとめ

弁護士法人浅野総合法律事務所
弁護士法人浅野総合法律事務所

今回は、発言によってされるセクハラについて、その具体的な発言や言葉を、一覧にして紹介しました。
セクハラ加害者側では、これらの発言を受けたときの対処法についても参考にしてください。

セクハラになる発言の例をあげていけばきりがなく、今回あげた例もあくまで「氷山の一角」。
典型的な例を知っておけば、「無自覚なうちにセクハラ加害者になってしまってはいないか」や、「この不快な気持ちがセクハラ被害なのかどうか」を判断できます。

セクハラ発言による被害を減らすためには、意図しないセクハラ被害を生み出す可能性のあることをよく認識し、言動に気をつけなければなりません。
自分がセクハラの加害者、被害者になっているのでは、と感じた方、ぜひ一度、弁護士にご相談ください。

この解説のポイント
  • セクハラ発言は、身体的接触がなく軽視されがちだが、違法なセクハラ行為
  • セクハラ発言にはさまざまな種類があるが、グレーゾーンもある
  • セクハラ発言となる言葉の例を知っておけば、セクハラの防止につながる

\ 「今すぐ」相談予約はコチラ/

よかったらシェアしてください!
目次(クリックで移動)
閉じる