労働問題弁護士ガイドとは?

弁護士紹介

代表弁護士 浅野英之

弁護士になった当初より、労働問題を専門的に対応。
当初は、企業法務を扱う事務所にて、使用者側の労働問題を担当。
その後に、個人法務を扱う事務所に移籍し、労働分野のリーダーとして活動。

現在は、労働法を得意分野とし、労使双方の依頼を積極的に受け、多数の解決実績を有する。
労使双方の協調と調和、持続的な発展を目標にかかげる。

労働問題のなかでも、特に、不当解雇事案における会社との交渉を得意とする。
労使それぞれの立場で、戦略を理解することで、いずれの立場に立っても、相手の主張を理解した上での戦略を選択することを心がける。

労働にかける強い思いから、労働問題弁護士ガイドを専門サイトとして開設。

略歴

弁護士法人浅野総合法律事務所、代表弁護士
(会員番号:44844、第一東京弁護士会所属)

  • 東京大学法学部
  • 東京大学法科大学院

石嵜・山中総合法律事務所、東京フォレスト法律事務所を経て、独立

著書・執筆

  • 「起業を決めたら最初に読む本」共著
  • 「これならわかる介護事故トラブル」共著
  • 「知らないとやばい身近な法律の話」監修
  • 「労務管理は負け裁判に学べ!2」共著(労働新聞社・2018年)
  • 「社労士・弁護士の労働トラブル解決物語」(労働新聞社・2019年)
  • その他、創業手帳、日経ビジネスジャーナル等、執筆多数。

労働問題専門チーム

弁護士法人浅野総合法律事務所
弁護士法人浅野総合法律事務所

当事務所では、労働問題を強みとして、専門チームを組んで対応いたします。
ご相談の内容については、事務所として総合的な戦略を提案し、原則として2名の弁護士チームで対応します。

2名で対応することで、複数の視点から、問題を多角的に検討できます。
また、複数名でチームを組むことにより、人為的なミスや抜け漏れを防ぎ、スピーディなレスポンスを心がけています。

相談ご予約受付中です(24時間365日)
お問い合わせ
\相談ご予約受付中です/
お問い合わせ