不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

「セクハラ」 一覧

セクハラ

接待を命令・強要されたらセクハラ?パワハラ?適切な対応は?

週刊誌などで財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題が話題ですが、記者でなくても、会社で働いている女性労働者であれば、「私は接待に使われているのでは?」、という疑問、不安を感じたことがあるのではないでし ...

セクハラ

セクハラ被害を相談した同僚が、噂をバラした…慰謝料請求できる?

セクハラ問題が、連日ニュースをさわがせていますが、それほどに、女性労働者にとって、セクハラの精神的なダメージは大きいものです。 会社の人間関係が悪くならないよう我慢してしまう女性の方も少なくありません ...

セクハラ

セクハラの時効期間は何年??時効「3年」が過ぎたときの対応

セクハラの被害者となってしまったとき、すぐに拒否をして声を上げ、会社や上司に助けを求めたり、慰謝料請求して救済を求めたりできればよいのですが、強いストレス、精神的苦痛から、なかなか難しい場合もあります ...

セクハラ

財務省のセクハラ騒動に学ぶ、セクハラの正しい調査方法、違法な調査方法

現在、財務省の福田淳一事務次官が、女性記者に対して「胸さわっていい?」などの卑猥な発言をした疑いがあるということで、セクハラ疑惑が騒動となっています。 更に、その後に麻生太郎財務大臣が、福田淳一事務次 ...

セクハラ

福田淳一財務省次官のセクハラ発言疑惑について、弁護士が解説!

財務省の福田淳一事務次官が、テレビ朝日女性記者にセクハラ発言を繰り返しおこなったとして、週刊新潮に報じられ、ニュースなどでも大きな話題になっています。 テレビ朝日もまた、自社の女性記者がセクハラ発言を ...

セクハラ

同性からのセクハラの被害にあったら対処法は?慰謝料請求できる?

セクシュアルハラスメント(セクハラ)が社会問題化しています。「セクハラ」というと、「女性が被害者、男性が加害者」というイメージをお持ちになる方もいますが、これに限られるものではありません。 性の多様化 ...

セクハラ

勘違いセクハラとは?ジョーク、恋愛が勘違いセクハラになる4ケース

勘違いセクハラ、というケースをご存じでしょうか。セクハラ加害者とされる人の中には、悪意をもってセクハラを行う人ばかりではありません。 セクハラ加害者といわれてはじめて「被害者は喜んでいなかったのか。」 ...

セクハラ

セクハラ事件で、「被害者の証言と食い違っている!」と会社から言われたら?

セクハラの加害者であると会社から疑われたとき、「会社は、被害者側の女性の言い分しか聞いてくれないのか・・・」という相談が特に多くあります。 セクハラについての証言が、被害者と加害者とで異なっているとき ...

セクハラ

違法なマタハラ被害への対応と慰謝料請求の6つのポイント

平成29年1月1日に施行された改正男女雇用機会均等法では、マタハラ(マタニティ・ハラスメント)の禁止や、企業のマタハラ対策義務が新しく設けられました。 パワハラやセクハラを筆頭に、企業内のハラスメント ...

セクハラ

年賀状がセクハラ・パワハラにならないため注意すべき4つのポイント

セクハラやパワハラなど、企業内のハラスメントに対する認識は、年々高まっています。 中には難癖、過剰反応とも受け取れるような被害の訴えも少なくありません。しかし、逆に、「それはさすがにハラスメントになら ...

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2018 AllRights Reserved.