不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)
労働問題弁護士ガイドは、ブラック企業と戦う!

あなたの会社は「ブラック企業」ではありませんか?

ブラック企業とは、労働者に対して過酷な労働環境を強要する会社の総称をいいます。

現在では、労働問題が起きると、「ブラック企業」が社会問題化しています。

ブラック企業では、様々な労働問題が起きます。

よくある「ブラック企業」の例
  • 一生懸命働いたのに、「明日で来なくてよい」と一方的に解雇通告された。
  • 長時間労働を強制されたが、残業代が支払われない。
  • 長時間労働を強要された結果、メンタルヘルスとなった。
  • 社長が感情的な発言、暴力などパワハラ・セクハラを繰り返す。
  • 辞めたいけど「退職するなら損害賠償請求する」と辞めさせてもらえない

ブラック企業の労働問題を解決すべく、労働問題弁護士ガイドでは、会社で劣悪な労働環境、社長からの仕打ちに納得がいかない方へ、正しい法律知識を提供し、労働者(あなた)が戦う知識、経験をサポートします。

ブラック企業との戦い方は、労働問題を得意とする弁護士だからこそ習得することができた経験、ノウハウの蓄積がキーポイントです。

よくある労働問題の法律相談

ブラック企業に勤めてしまい、不当解雇、残業代、セクハラ・パワハラ、労災などの労働問題に頭を抱えている労働者の方の、正当な権利実現に役立つための知識を提供しています。

労働者(あなた)の正当な権利を実現するためには、労働法に関する、法律知識、判例、裁判例の情報、行政の運用などを知らなければいけません。

労働法を取り巻く環境は、ここ数年で激変しています。

労働者から、特に法律相談の多い4つの分野は、次のとおりです。

不当解雇されてしまった方へ

最も労働問題が起こりやすい分野が「解雇」です。

「解雇」とは、会社側からの一方的な意思表示によって、労働契約を解約することをいいます。

日本の労働法では、解雇は制限されています。「解雇権濫用法理」という考え方によって、次の2つの要件を備えていなければ、解雇は無効となります。

  • 客観的に合理的な理由
  • 社会通念上の相当性

ブラック企業は、不要となった人材を、一方的に解雇していくので、「不当解雇」をよく行います。

そのため、ブラック企業から不当解雇された労働者から、解雇問題に関する相談が、非常に多くなっています。

解雇、退職勧奨を受けた方は、まずこちらの解説をご覧ください。

残業代が支払われない方へ

ブラック企業では、労働力は無料’タダ)で酷使すべきで、大切な扱いなど一切不要と考えます。壊れてしまえば、大量採用によって労働力を補充します。

ブラック企業の考え方では、労働時間がどれほど長時間となっても、巧妙な手口によって残業代を支払わず、サービス残業とします。

労働基準法にしたがった適正な残業代を請求し、取り戻すべきです。

残業代が支払われない方は、まずこちらの解説をご覧ください。

会社を退職したい方へ

労働者が会社を退職するとき、最も労働問題が起こりやすいタイミングです。

トラブルを起こさず、また、会社から権利侵害を受けずに退職をするためには、退職以前からの弁護士の関与が効果的です。

労働者が会社を退職する場合、社会保険、失業保険などの保険関係、税金関係の、複雑な手続が多くあります。

特に、失業保険(失業給付)は、退職する労働者にとって、当面の生活の糧となる非常に重要な金銭であるため、ブラック企業のいじわるによって、労働者に不利な内容とならないよう注意して進めなければなりません。

退職を考える方は、まずこちらの解説をご覧ください。

セクハラ・パワハラに悩んでいる方へ

ブラック企業の経営者は、労働者のことなど「道具」としか思っていない傾向にあるようです。

その最たる例が、セクハラ、パワハラではないでしょうか。

労働者を会社の「奴隷」とするために、人格否定的な発言や暴言をふるい、ときには、物を投げる、頭をたたくといった暴力を伴う場合すらあります。

セクハラ、パワハラは、メンタルヘルスにり患して精神的ダメージを負えば、生命・身体の健康に危険を及ぼすリスクもありますので、早急な対処が必要となります。

労働問題弁護士ガイドからのメッセージ

労働問題弁護士ガイドでは、労働問題に強い弁護士が、労働者(あなた)の実現すべき解決は、「労働者の正当な権利の実現」であると考えます。

本来、労働基準法を初めとする労働法では、労働者の権利はブラック企業から手厚く保護されています。

しかし、昨今の不景気の中、会社の業績悪化のしわ寄せは労働者の権利侵害に直結します。

ブラック企業では、大量採用により獲得した労働力を低賃金で酷使し、人件費を抑制し、パワハラ、セクハラにより心身共に追い詰めてメンタルヘルスにり患させ、使い潰したら退職勧奨、不当解雇で退職させ、責任逃れをします。

未払い残業代請求、賃金未払い、不当解雇、解雇無効、損害賠償請求、雇止め、セクハラ、パワハラ、マタハラ、労災など、労働者を苦しめる問題は多岐に渡り、労働問題の解決には労働法に関する専門的知識・経験が必須です。

労働法を悪用するブラック企業に労働者(あなた)が一人で対抗することは困難ですから、労働問題に強い弁護士の力を借りましょう。

労働問題弁護士ガイドでは、多数の労働問題を解決した実績を武器に、労働問題に強い弁護士が、労働者の権利実現のために徹底的にサポートします。

労働問題に強い弁護士の解決事例

【解決事例は、特定できないように、一部変更しています。】

労働問題弁護士ガイドから解決にいたった労働問題の一部を、特定できないよう変更して紹介しています。

実際には、もっと多くの労働者の方が、ブラック企業に苦しめられ、正当な権利を実現できずにお悩みです。労働問題弁護士ガイドでは、多くの労働者を救済できるよう、情報発信を続けていきます。

2017年6月の解決事例
2017年5月の解決事例
2017年4月の解決事例
2017年3月の解決事例
2017年2月の解決事例
2017年1月の解決事例
2016年以前の解決事例
労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.