不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

残業代

残業代・給与の未払いで、社長を逮捕してもらうことができる?

投稿日:

賃金や残業代の未払いがあったとき、労働者としては、「未払い分の金額を支払ってほしい。」と言う請求は当然ですが、それ以上に、「経営者に制裁を食らってほしい。」という希望を抱く方も少なくないことでしょう。

パワハラの横行するブラック企業で、長時間労働を強要されたあげくに、支払われるべき適切な残業代すら支払われないとすれば、「逮捕されてしまえばよいのに。」という法律相談も、よく理解できます。

労働基準法は、労働者の最低限度の生活を守るためのものであり、その違反に対しては、逮捕、起訴、刑事処罰を含めた、厳しい制裁(ペナルティ)が定められています。

今回は、残業代の未払いがあったときに、会社の社長を逮捕してもらうことが可能なのかについて、労働問題に強い弁護士が解説します。

1. 給与未払いで書類送検されたケース

残業代の未払いを含めた、「給与未払」は、労働問題の中でも、特に逮捕、送検といった制裁(ペナルティ)が科されやすい部類の違反行為であるといえます。

というのも、雇用契約(労働契約)の本質は、「労働」と「賃金」であり、雇用契約の最も基本的な要素を欠くこととなる給与未払い問題の場合、厳しい制裁(ペナルティ)を科してでも、会社に守ってもらわなければならないからです。

特に、基本給の未払いは、労働者の最低限度の生活保障までをも危うくするものであって、「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する憲法の趣旨をも損なうものです。

そのため、給与未払い、残業代未払い、36協定違反といった労働基準法違反の場合、逮捕、書類送検されるケースが多くあります。この際、会社だけでなく、社長、役員なども書類送検されることもあります。

2. 最低賃金法違反で刑事罰!

「最低賃金法」とは、その名のとおり、賃金の最低限度を定める法律をいいます。労働者の最低限度の労働条件を定めるもので、労基法、労安衛法と並んで非常に重要であり、刑事罰がつく労働法の代表例です。

最低賃金法で定められる最低賃金には、都道府県ごとに定められている「地域別最低賃金」と、業種ごとに定められている「特定最低賃金」があり、いずれか高い方を最低賃金とし、それ以上の賃金を支給しなければならないこととされています。

最低賃金法4条(最低賃金の効力)

使用者は、最低賃金の適用を受ける労働者に対し、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならない。

そして、最低賃金法に違反した低賃金に対して、法律は「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」という刑事罰の制裁を科すことと定めています。

したがって、最低賃金法に違反するほど低い給与でこき使われている労働者の方は、ブラック企業に対して、労働基準監督署に対して申告することができます。労基署へ申告したことによって不利益な取り扱いはできませんので、安心して申告することが可能です。

3. 「労基署」は逮捕、送検できる

労働基準監督署とは、労働基準監督官の所属する組織であって、「労働基準法」「最低賃金法」など、労働者の最低限度の労働条件を守る重要な法律について、法律違反がないかどうか会社をチェックし、労働法違反のブラック企業を監督するための期間です。

労基署には、立入検査(臨検)をしたり、是正勧告を出したり、指導票を交付したりする権限がありますが、これらの監督権限の中でも、最も強力であり、重要なのが、逮捕、送検する権限です。

この権限は、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法といった、特に重要な労働法で労働基準監督官に与えられたもので、警察官(司法警察員)と同等の権限であるとされています。

労働基準法102条

労働基準監督官は、この法律違反の罪について、刑事訴訟法 に規定する司法警察官の職務を行う。

最低賃金法33条

労働基準監督官は、この法律の規定に違反する罪について、刑事訴訟法の規定による司法警察員の職務を行う。

また、同様に、立入検査や、資料提出などの規定に違反した会社に対しても、「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」の制裁(ペナルティ)を科すことができます。

4. 逮捕・送検は違反が悪質な場合に限られる

とはいえ、逮捕、送検だけが労働基準監督署、労働基準監督官の役割ではありません。むしろ、会社を訪問して立入検査をしたり、帳簿を確認するなどして違反を発見し、指導をすることもまた、労基署の重要な役割です。

労働基準監督官は、定期監督や、労働者からの申告を受けての申告監督の機会に、帳簿提出を命じるなどして労働法違反を発見し、「是正勧告」、「改善指導」、「使用停止命令」などを会社に対して命じます。

これに対して、会社が労働法違反を是正し、今後同様の違反を繰り返さなければ、これ以上の制裁(ペナルティ)は加えられずに終了するのが通常です。

しかし、是正、改善が全くされない場合や、再監督をしたときに同様の労働法違反が継続していたときには、労働法違反が重大かつ悪質とみられ、逮捕、送検を行うことがあります。

5. 残業代でも摘発例あり

残業代もまた、基本給ほどではないにせよ、労働者の生活にとって、非常に重要な糧となる権利です。

更には、残業代は、長時間労働の抑制という効果もあるため、サービス残業が長時間に及ぶのに残業代が支払われないとなれば、過労死、過労自殺など、労働者の心身に大きなダメージを与えるおそれがあります。

そのため、残業代未払いでも、会社やその取締役(役員、社長など)が、逮捕、送検されるケースが、多く報道されています。

6. まとめ

今回は、残業代や給料の未払いで、労働者が社長を逮捕してもらうことができるかどうかについて、弁護士が解説しました。

あまりにも悪質な労働法違反については、逮捕、送検の権限をもつ労働基準監督署(労基署)に対して申告し、労基署の権限を行使してもらうことができます。しかし、逮捕、送検されるのは、労働法違反が悪質なケースに限られますので、必ずしも社長が逮捕してもらえるかどうかはわかりません。

しかし、刑事罰が科せられないような労働法違反であっても、法律違反である以上許されるわけではなく、労働審判や訴訟によって、労働者の正当な権利を実現することができます。

ブラック企業の労働法違反にお悩みの労働者の方は、労働問題に強い弁護士に、お早目に法律相談ください。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-残業代
-, , , , , , ,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.