不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

「ハラスメント」 一覧

セクハラ 解雇

身に覚えのないセクハラで懲戒処分されたら?処分への対応方法は?

同僚の女性から「セクハラをした」と訴えられたけれども、全く身に覚えのないセクハラ疑惑で困惑してしまう、というケースがあります。 全く身に覚えのないセクハラの加害者にされてしまうとき、加害者から直接言わ ...

パワハラ

離席回数の制限は違法?「離席が多い」と注意されたときの対応は?

経理、事務、システムエンジニア(SE)、プログラマなどの職種は、デスクワークが中心であり、会社内にいるときは、仕事机に向かってパソコンを打つことで仕事をしている方が大半でしょう。 デスクワークを長時間 ...

パワハラ

なぜパラハラが起きるのか?なぜパラハラはなくならないのか?

相変わらず、パワハラのニュース報道はなくなりません。女子体操のリオ五輪代表、宮川紗江選手が、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長と、塚原光男副会長をパワハラで告発したことがニュースになっています。 ...

パワハラ

パワハラの相談窓口、相談のしかたを弁護士が解説!

パワハラが違法であり、慰謝料請求が可能である、という知識は一般化していますが、どこに、どのように相談したらよいのかを理解し、適切な相談窓口に相談するようにしましょう。 パワハラの相談件数は、現在もなお ...

セクハラ

接待を命令・強要されたらセクハラ?パワハラ?適切な対応は?

週刊誌などで財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題が話題ですが、記者でなくても、会社で働いている女性労働者であれば、「私は接待に使われているのでは?」、という疑問、不安を感じたことがあるのではないでし ...

セクハラ

セクハラ被害を相談した同僚が、噂をバラした…慰謝料請求できる?

セクハラ問題が、連日ニュースをさわがせていますが、それほどに、女性労働者にとって、セクハラの精神的なダメージは大きいものです。 会社の人間関係が悪くならないよう我慢してしまう女性の方も少なくありません ...

セクハラ

セクハラの時効期間は何年??時効「3年」が過ぎたときの対応

セクハラの被害者となってしまったとき、すぐに拒否をして声を上げ、会社や上司に助けを求めたり、慰謝料請求して救済を求めたりできればよいのですが、強いストレス、精神的苦痛から、なかなか難しい場合もあります ...

セクハラ

財務省のセクハラ騒動に学ぶ、セクハラの正しい調査方法、違法な調査方法

現在、財務省の福田淳一事務次官が、女性記者に対して「胸さわっていい?」などの卑猥な発言をした疑いがあるということで、セクハラ疑惑が騒動となっています。 更に、その後に麻生太郎財務大臣が、福田淳一事務次 ...

セクハラ

福田淳一財務省次官のセクハラ発言疑惑について、弁護士が解説!

財務省の福田淳一事務次官が、テレビ朝日女性記者にセクハラ発言を繰り返しおこなったとして、週刊新潮に報じられ、ニュースなどでも大きな話題になっています。 テレビ朝日もまた、自社の女性記者がセクハラ発言を ...

パワハラ

派遣社員がパワハラに対抗する6ポイント!慰謝料請求、相談先は?

派遣社員は、正社員よりも弱い立場にあり、職場いじめなど、パワハラの対象となって悩んでいる方が少なくありません。 特に、「正社員から高圧的な態度で命令され、悩んでいる。」、「いじめに耐え切れず、派遣期間 ...

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2019 AllRights Reserved.