不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

パワハラ

モンスター新入社員に「パワハラ!」と言われてしまったら?対応は?

投稿日:

「最近の若者は・・・」などという愚痴をつぶやくと、おじさん臭くなったな、と思われがちですが、いつの時代も、上司は部下に不満を持つものです。

それとは真逆に、入社間もない、若い新入社員もまた、年上の上司には大きな不満を募らせている場合も多いものです。特に、上司の教育、指示が、「根性論ではないか。」、「精神論にはついていけない。」という意見を耳にします。

上司から新入社員への指導、教育は、行き過ぎると、「パワハラだ!」という訴えをまねくことともなりますが、少し厳しい指導にも過敏に反応して「パワハラだ!」とさわぐモンスター化した新入社員もいます。

上司と新入社員とでは、考え方が違うのは当然のことですが、新入社員側に、我慢の足りない人も少なくなく、「パワハラだ!」と言われることをおそれて厳しく指導することをおそれている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、新入社員、若手社員から、「パワハラだ!」と言われてしまったときの適切な対応について、労働問題に強い弁護士が解説します。

1. なぜ新入社員の「パワハラ騒ぎ」が起こるの?

古代エジプトの時代から、「最近の若い者は・・・」という嘆きが恒常化していた、という逸話があるように、年齢の差によって、仕事に対する姿勢、考え方が異なるのは当然のことです。

そして、最近では、「パワハラ」という言葉が一般化し、ブラック企業が社会問題化したことから、上司の厳しい注意、指導について、「パワハラ」と考える新入社員、若手社員が増加しています。

その背景には、「個人の権利意識の高まり」が原因の1つとなっているようです。パワハラ騒ぎを起こすモンスター化した新入社員と、正しい権利の尊重とは、隣り合わせにあるのです。

個人の権利を尊重しなければならず、多数派の暴力で少数派を抑え込んでしまうことは問題ですが、その一方で、「厳しい注意」、「業務に必要な指導」と、「パワハラ」とを混同することは問題と言わざるを得ません。

2. 不快に感じさせてしまったらパワハラ?

パワハラ騒ぎを起こす新入社員、若手社員の中には、不快に感じたことをすべて、「パワハラ」という言葉でくくって会社に異議を申し立ててくる社員もいます。

しかし、部下である労働者が深いに感じたら、すべてパワハラになってしまうのかというと、決してそうではありません。特に、新入社員、若手社員であれば、未熟なうちは強い指導が必要なケースも多いものです。

仕事を進めていくにあたっては、ミスをして上司から注意されたり、能力が未熟で厳しい指導、教育を受けたりと、不快な思いをする可能性は常にありますが、これらは「パワハラ」ではないからです。

「パワハラだ!」と騒ぎ立てる社員に対して、更に強く注意をすると、ますます増長してパワハラ騒ぎが拡大することになりかねないため、冷静な対応が必要となります。

3. 「パワハラ」と騒ぐ新入社員の対応方法

では早速、「パワハラ」と騒ぎ立てて上司を責め立てる、モンスター新入社員への対応について、弁護士といっしょに検討していきましょう。

「パワハラ」ではないのに、「パワハラだ!」と騒ぎ立てるモンスター新入社員の特徴には、次のようなものがあります。

  • 「パワハラ」と「指導・教育」を区別せず、何をされても「パワハラだ!」と言う。
  • 「パワハラだ!」と主張する上司への発言、言動が過激(怒鳴る・騒ぐなど)である。
  • 「パワハラ」を理由として、仕事をしない、遅刻・欠勤を繰り返す。
  • 「パワハラ」を理由に、労働者に認められている以上の権利を行使しようとする。
  • 「パワハラ」をする上司への報復として団結して問題行為を行う。

パワハラであるかどうかは、客観的に判断すべきであって、一方的に「モンスター新入社員だ」と決めつけてしまうと、自分のパワハラ行為、問題行為に気づけなくなります。適切なパワハラの訴えには、反省・謝罪が必要です。

パワハラであるかどうかについて客観的な判断を下せているかどうか、心配、不安な方は、労働問題に強い弁護士まで、お気軽に法律相談ください。

3.1. パワハラかどうか、慎重に見極める

上記のようなモンスター新入社員の典型例にあてはまり、パワハラ騒ぎは嘘だ、と考えたとしても、部下から「パワハラだ!」と言われてしまったときは、今一度立ち止まって、慎重に考え直してください。

特に、「パワハラかどうか。」は、「伝え方の問題」にあることが少なくありません。同じことを伝えるにしても、別の伝え方をすることによって、モンスター新入社員だと思っていた社員が素直に聞いてくれる、ということもあります。

「指導なのだから仕方ない。」という一方的な考え方もまた、いずれパワハラを生み出しかねない考え方であることを理解し、「パワハラ的ではなかったか?」と今一度見極めを行うようにしましょう。

3.2. 会社に味方してもらう

上司の立場で、新入社員、若手社員に対して注意をしたり、指導・教育をしたりする行為は、あなた個人の行為ではなく、会社の社員として行っている業務の範囲内のことです。

そのため、会社の業務として注意指導を行っているわけですから、その行為が「パワハラだ!」と言われたときには、個人的な見解で対応するのではなく、会社に相談することも重要です。

個人の権利を過剰に主張するモンスター新入社員、モンスター若手社員に「パワハラだ!」と執拗に主張されている場合には、対抗して押さえつけるのではなく、会社に注意指導をしてもらうことを検討してください。

会社は、労働者を健康で安全な環境、職場で働けるように配慮しなければならない義務(安全配慮義務・職場環境配慮義務)を負っており、これは新入社員や若手社員だけでなく、上司の立場にある労働者にもあてはまります。

つまり、職場において、常に自己中心的な新入社員から「パワハラだ!」と指摘を受け、精神的苦痛を負いかねないようなケースでは、会社は安全配慮義務、職場環境配慮義務を果たしているとはいえないでしょう。

3.3. 冷静に指導・教育する

自己中心的な正義を振りかざして「パワハラだ!」と騒ぎ立てるモンスター新入社員に対して、こちらも大声を張り上げ、怒鳴り散らして注意を続ければ、ますます労働問題は激化します。

「パワハラだ!」という、いわば「逆パワハラ」の問題行為に対して、さらに「パワハラ」で対抗すれば、いずれも違法であって、会社はもちろんのこと、弁護士、裁判所など法律の専門家も、あなたの味方ができなくなってしまうかもしれません。

まずは会社に相談するのが一番ですが、部下に対して指導、教育を繰り返す場合であっても、更なる「パワハラ」と文句を受けることのないよう、冷静に行わなければなりません。

その際に留意すべきは、注意指導が、主観的なものとなっていないかどうか、ということでしょう。客観的に、自分の主観を入れない指導、教育をし、改善策を具体的に指摘することで、「パワハラ騒ぎ」を抑えられることが少なくありません。

4. 会社が味方になってくれない場合は、弁護士に相談

新入社員、若手社員からの「パワハラだ!」という訴えは、最終的には会社が徹底的に事実関係を調査し、「本当にパワハラとなる事実があったのかどうか。」を調査、確認するのが適切です。

できる限り関係者全員から事情を聞いた上で、パワハラに該当する事実がないと会社が判断すれば、「モンスター化」であったことが明らかになり、「これ以上パワハラ騒ぎを起こさないように。」と会社から注意をしてもらうことができます。

しかし、次のようなケースでは、結局新入社員、若手社員の言い分が認められてしまい、あなたが「パワハラ上司」であったと会社からも判断されてしまうおそれがあります。

  • 以前から、会社内で「厳しい上司」として有名であった。
  • 他にも、あなたの注意指導が厳しいと感じ、不快だと思っていた人がいた。
  • 実は、一度感情的に怒鳴ってしまったことがある。

繰り返しになりますが、「厳しいこと」は、「パワハラ」とは異なり、不快な思いをさせることもまた、パワハラである場合と、パワハラでない場合とがあります。

上記のような事情の一部をきりとって、「パワハラだ!」というモンスター化した新入社員の言い分が認められてしまったときには、会社から、懲戒処分、解雇など、不当な処分を受けるおそれがあります。

ときには、「パワハラだ!」という新入社員、若手社員側の訴えを信じた弁護士が、加害者とされるあなたや会社に対して、内容証明郵便を送付したり、労働審判・訴訟をおこなったりするかもしれません。

会社の事実調査が不十分であったり、誤った認定によって「パワハラ上司」とされてしまったときは、会社とも戦わざるを得ず、お早めの弁護士への相談が必要となります。

5. まとめ

今回は、新入社員、若手社員がモンスター化して、上司からの指導について「パワハラだ!」と訴えてきた場合の対策について、弁護士が解説しました。

話し合って納得してもらえる場合はよいですが、個人の権利意識が高まっている昨今において、冷静な話し合いだけでおさまらないケースも少なくありません。

会社に相談し、会社も味方になってくれないときは、事実と法律に基づいて、外部の専門家である弁護士、裁判所における対処が必要なケースも増えています。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-パワハラ
-, ,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2018 AllRights Reserved.