不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

パワハラ 残業代

「新入社員なんだから朝早く出社しろ!」はパワハラ?早朝残業?

投稿日:

新年度となり、新卒で入社した方には、右も左もわからない時期ではないでしょうか。

新入社員のうちは、上司の指示、命令を聞きながら仕事をすることになりますが、上司の指示、命令の中には、パワハラにあたるような理不尽なものもあります。

新入社員のうちは、仕事を早く覚えるためにも、労働時間が長くなってしまいがちですが、早朝労働を強要してくる会社は、ブラック企業と考えるべきなのでしょうか。

そこで、今回は「新入社員なんだから、朝早く出社しろ!」という業務命令が、違法なパワハラ行為にあたるのかどうかについて、弁護士が解説します。

また、適法な業務命令であったとしても、早朝残業の場合には、きちんと法律通りの残業代を支払ってもらいましょう。

1. パワハラになる命令を聞く必要はない

新入社員のうちは、上司の命令をすべて聞くべきだ、という心がけは非常に良いものです。

しかし、パワハラにあたるような違法な命令を繰り返す上司がいるようなブラック企業では、すべての命令を聞いていては、精神的、身体的に大きなダメージを受けてしまいます。

そのため、今回解説するような「朝早く来い!」といったものもそうですが、命令をされた際には、それが適切な業務命令なのか、それとも違法なパワハラなのか、慎重に判断してから行動すべきです。

特に、会社の売上や業務に対して、それほど貢献できていないなぁ・・・と感じている新卒社会人の場合、つい妄信的に、上司の命令に従ってしまいがちですので、注意が必要です。

早朝出勤の命令が、パワハラにあたるかどうかについては、次のポイントを順番に検討してください。

1.1. 早朝出勤をする必要性があるか

まず、業務に必要もないのに、早朝出勤を毎日命令するような場合、パワハラの可能性が高いといってよいでしょう。

例えば、早朝に出勤しなければ終わらないほどに多くの業務がある場合など、非常に多忙な時期に限って早朝出勤を命令するという場合には、適切な業務命令ですから、従った方がよいです。

「新入社員なのだから。」という理由は、非常に判断が難しいですが、早朝出勤をすることによって、教育の機会を多く得られる場合には、早朝出勤をする必要性があるといってよいのではないでしょうか。

1.2. 全員に早朝出勤が命令されているか

業務命令が適法であるかどうかを判断するときには、「平等」「公平」ということを意識して考えておく必要があります。

例えば、今回解説します早朝出勤命令についていうと、「全員に早朝出勤が命令されているか。」ということもポイントとなります。

新卒社員全員に早朝出勤を命令し、早朝の時間を使って新入社員に必要な教育、訓練をするというのであれば、適法な業務命令であるといってよいでしょう。

これに対して、会社が一方的に選んだ特定の社員だけが早朝に出勤しているとなると、次に解説するような、嫌がらせ、パワハラの可能性が濃厚です。

1.3. 早朝出勤命令に、別の目的があるか

会社(使用者)が労働者(従業員)に対して業務命令をすることができるのは、その命令が、業務にとって必要なことである場合に限られます。

したがって、業務以外の別の目的がある場合には、新入社員に対する早朝出勤命令は、違法なパワハラとなる可能性があります。

例えば、ある特定の社員に対して、嫌がらせの目的で早朝出勤命令をし続けるようなケースでは、パワハラであり、違法、無効なものと考えてください。

2. 早朝出勤も、残業になる!

「残業」は、労働法の専門的な用語で、「時間外労働」といいます。

「時間外労働」というと、終業時間後も居残って仕事をすることだけを意味するように感じますが、早朝に早く来て仕事をすることもまた、「時間外労働」すなわち「残業」となります。

具体的には、会社では、「始業時刻」が決められていると思いますが、「始業時刻」よりも前に会社に来て仕事をすることは、残業にあたります。

 参考 

自分のはたらいている会社の「始業時刻」がわからない場合には、雇用契約書か就業規則を確認してください。

雇用契約書、就業規則のいずれにも「始業時刻」が記載されておらず、「始業時刻」が不明な場合、その会社は労働基準法違反となります。なぜならば、始業時刻がわからないと、労働者が適切に残業代を計算して請求することができなくなってしまうからです。

なお、労働者を10人以上雇用している事業所では、就業規則を労働者に対して見せる義務があります。

したがって、早朝残業をした場合には、早朝残業をした時間に応じて、通常の賃金の1.25倍の、残業代を請求することができます。

新入社員に対して早朝に労働することを命令しながら、残業代を支払わない会社は、違法なブラック企業であると考えて良いでしょう。

3. 「無償奉仕」「修行」ではありません!

以上のことから、早朝労働をすることは、たとえ新入社員であっても、

  • パワハラにあたるかどうかを慎重にチェックする。
  • パワハラでない場合でも、残業代を適切に受け取る。

という2つのポイントが重要となります。

ここで、早朝労働に対する残業代を会社に対して請求しようとすると、「新入社員のくせに!」「まだ会社に貢献もしていないくせに!」と言われてしまうケースもあります。

しかし、新入社員であるからといって、「無償奉仕」「修行」を強要されることはありません。

早朝の社内清掃、鍵開け、朝礼の準備などの雑用が、新入社員の役目であることは仕方ないとしても、「会社の指揮命令下」にある限り、労働時間であり、残業代が発生するからです。

4. 早朝出勤を利用したパワハラに注意

多くあります。

早朝出勤命令を利用したパワハラには、次のようなものがあります。

 例 
  • 「問題社員」というレッテルを貼った社員にのみ、早朝出勤を命じる。
  • 業務上まったく意味がないのに、早朝出勤を命じる。
  • 早朝出勤の時刻に遅れた社員に対して暴言を吐き、罵倒する。
  • 早朝出勤の時刻に遅れた社員の名前を会社に貼り出す。
  • 早朝出勤の時刻に遅れた社員の評価を大きく下げる。

これらの、新入社員に対する、早朝出勤を利用したパワハラは、いずれも違法な行為です。

違法なパワハラ行為によって、うつ病、適応障害などのメンタルヘルスにり患した場合には、会社に対して慰謝料請求をすることを検討してください。

会社の行為が違法なパワハラ行為ではないか、という疑いを感じている新入社員の方は、労働問題に強い弁護士へ、お気軽に法律相談ください。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-パワハラ, 残業代
-, ,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.