セクハラ

セクハラの始末書の書き方(文例・書式・ひな形)と注意点

お問い合わせ

運営元:弁護士法人浅野総合法律事務所

職場でセクハラの迷惑行為を起こしてしまい、セクハラ加害者となったとき、会社から「始末書」の作成・提出を命じられることがあります。

「始末書」という用語はよく聞きますが、実際に当事者となったとき「どのような文章を書いたらよいのかわからない。」という法律相談をよく受けます。セクハラ行為自体、あってはならない違法行為ですが、少しでも不利にならない始末書の書き方を理解しましょう。

始末書の書き方を間違えたり、不十分な内容であったりすると、会社に対する反省を適切に示すことができず、厳しい処分を下されるなど不利益を受けるおそれがあります。

今回は、セクハラで始末書を出す際の書式・ひな形のサンプルを示しながら、始末書の内容、書き方、出し方や注意点について、労働問題に強い弁護士が解説します。

「セクハラ加害者」の法律知識まとめ

セクハラの始末書とは?

セクハラ(セクシュアル・ハラスメント)とは、「性的な嫌がらせ」のことです。男女雇用機会均等法11条で、セクハラについて、「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的言動により当該労働者の就業環境が害される事」と定義されています。

セクハラ加害者となったとき、会社から命じられる始末書の提出には、「会社に対して」反省を示す、という意味があります。

業務命令としての始末書提出命令

会社は、労働者に対して、業務命令を下すことができます。これは、雇用契約の性質上当然のことであり、法律や就業規則などに規定がなくてもできることです。ただ、実際には就業規則に「業務命令権」が定められていることが多いです。

そして、今回の解説のテーマである「セクハラ加害者への始末書提出命令」もまた、業務命令の一環として行われることがあります。

業務命令として行われる始末書提出命令は、使用者に雇われている労働者である以上、拒否することができず、拒んだ場合には業務命令違反となります。また、業務命令であるため、その後に懲戒処分をしたり、始末書提出拒否に対してあらたに懲戒処分を下しても「二重処罰」とはなりません。

業務命令としてのセクハラ始末書提出命令について、表にまとめておきましたので、下記の「懲戒処分」の場合と比較してみてください。

根拠 違反 二重処罰
業務命令としての始末書提出 業務命令権 業務命令違反 二重処罰は禁止されない

懲戒処分としての始末書提出命令

懲戒処分とは、企業秩序を乱した労働者に対して、会社が下す制裁(ペナルティ)のことです。この懲戒処分にも、始末書提出を命じる内容の処分があります。

懲戒処分の中で、始末書提出を命じる内容のものは「譴責(けん責)」、「戒告」と呼ばれます。いずれも、懲戒処分の中では、ごく軽度の処分であり、軽微な違反に対して課されることが通常です。そのため、セクハラ事案の中でも、違法性・悪質性が軽度のものに下されます。

「譴責(けん責)」、「戒告」はいずれも「非違行為を注意し、将来を戒める」という意味があります。始末書の提出を命じる場合もあれば、命じない場合もありますが、詳しくは働いている会社の就業規則を確認してください。

懲戒処分としてのセクハラ始末書提出命令について、表にまとめておきましたので、上記の「業務命令」の場合と比較してみてください。

根拠 違反 二重処罰
懲戒処分としての始末書提出 懲戒権(譴責・戒告) 懲戒権違反 二重処罰は禁止
チェック
身に覚えのないセクハラで懲戒処分されたら?処分への対応方法は?

同僚の女性から「セクハラをした」と訴えられたけれども、全く身に覚えのないセクハラ疑惑で困惑してしまう、というケースがあり ...

続きを見る

「始末書」と「謝罪文」の違い

セクハラ問題において話題となる文書の中で、「始末書」と間違えやすい文書に、「謝罪文」があります。しかし、「始末書」と「謝罪文」は似て非なるものです。

セクハラ問題における「謝罪文」は、セクハラ加害者の反省、謝罪の意思を「被害者に対して」伝える性質の文書です。これに対して、「始末書」は、その根拠が業務命令権であれ懲戒権であれ、いずれも「会社に対して」反省の意思を示し、今後の改善を誓うものです。

この点で、「始末書」は「反省文」に近い性質を持っているともいえます。

このように、「始末書」は「謝罪文」とは出す相手が異なり、目的も異なることから、記載する内容を変える必要があります。いずれの文書も「セクハラを認め、反省の意思を示す」という意味では同様ですが、「反省文」の場合には被害者への配慮に重点が置かれる一方、「始末書」では今後の改善、再発防止が重要となります。

「始末書」と「謝罪文」の違いについて、わかりやすく表にまとめておきましたので、参考にしてみてください。

提出相手 目的 内容
始末書 会社 今後の更生を誓う 将来の改善が重要
謝罪文 被害者 謝罪の意思を示す 被害者感情への配慮が重要
チェック
セクハラの謝罪文(文例・書式・サンプル)と謝罪の注意点

セクハラ行為、セクハラ発言を行ってしまい、セクハラの加害者となってしまった場合、様々な責任を負うこととなります。具体的に ...

続きを見る

「始末書」と「顛末書」、「念書」の違い

セクハラ問題を起こしてしまった人が、会社から提出を命じられる書面には、「始末書」以外に、「顛末書」、「念書」という文書があります。

「顛末書」も「念書」も、「被害者に対して」ではなく、「会社に対して」提出するという性質の文書であることから、「謝罪文」よりも「始末書」に類似した書類ですが、「始末書」とはまた目的や意味が異なる文書です。

具体的に説明すると、「始末書」には「セクハラの事実関係を認め、反省・謝罪し、将来を戒める」という意味があるのに対し、「顛末書」は単に「顛末」すなわち事実関係を記載したのみのもの、ということです。つまり「顛末書」には反省や謝罪の意味は含まれていません。

会社から、「セクハラ疑義について始末書を提出せよ」と命令されたとき、セクハラと言われている内容に争いがあるけれども、基本路線としては認めている、という場合、真っ向から反省、謝罪を示す「始末書」ではなく、「顛末書」の記載に留める方針をとることがあります。

セクハラの始末書の書式・ひな形【ダウンロード】

それでは早速、セクハラ加害者が作成・提出すべき始末書の書式、ひな形を紹介します。

なお、始末書の書式、ひな形はあくまでも一般的なサンプルであり、起こしてしまったセクハラ事件の実情に合わせて、加筆・修正が必要なものです。

また、会社によっては、始末書について会社指定のフォーマットが存在する場合があります。始末書は、会社の命令にしたがって、会社に対して反省の意思を表示する性質の文書ですので、会社指定のフォーマットがある場合には、そちらに従うようにしてください。

ダウンロード

始末書
XXXX年XX月XX日

株式会社○○○○
代表取締役社長 ○○○○ 様

営業部第一課 課長 ○○○○

私は、XXXX年XX月XX日に催された、会社の忘年会にて、○○課社員である○○○○氏に対して、~~~、~~~、~~~という違法なセクハラ行為を行い、もって○○○○氏に対して多大なる精神的苦痛を与えてしまいました。

今回の私の非常識かつ配慮を欠くセクハラ行為によって、○○○○氏に精神的苦痛を与えたことはもちろんのこと、会社に対しても多大なる迷惑をお掛けしたことを、深く陳謝致します。

この度のことを猛省し、セクハラに関する知識を深め、二度と同様の不祥事を起こさぬよう十分に注意してまいります。今後は法令遵守を徹底して職務に邁進してまいります。あらためまして、この度のことは大変申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。

以上

セクハラの始末書に記載すべき内容

まずは、セクハラの始末書を見て頂いて、イメージがわきましたでしょうか。とはいえ、この文面のまま丸写ししては、実際に起こったセクハラ問題の実情に合わない内容となっているおそれがあり、お勧めできません。

会社に、セクハラ加害者としての自覚と反省、謝罪、今後の改善の意思が見られなければ、厳しい処分が予想されたり、今後の評価が著しく低くなってしまう可能性もあります。

そこでセクハラの始末書を、会社の指示に従い、自分の言葉で正しく記載するためにも、セクハラの始末書に必ず書いておくべき内容について、弁護士が解説します。

セクハラ行為の内容

まず、初めにセクハラ行為としてどのような行為を行ったのかについて記載します。この点は、会社からも、「○○さんの尻を触って撫でまわしたと言われていますが、本当ですか?」といったように、一部ないし全部の事情を指摘されていることが多いです。

セクハラ行為について自覚を持ち、「どのような行為がセクハラと認定され注意指導されているのか」を理解していることを示し、今後の改善が可能であることを会社に示す必要があるからです。

セクハラ行為に関する反省・謝罪

セクハラ行為の詳細を記載したら、その行為について、反省と謝罪の意思を示します。

セクハラ行為の加害者となってしまった場合、被害者に対して謝罪の意識を有するのは当然ですが、「始末書」という文書の性質上、迷惑をかけてしまった会社に対してもきちんと反省、謝罪を伝えなければなりません。

会社の社長(代表者)や人事部の社員にとって、被害者・加害者の事情聴取(ヒアリング)、懲戒委員会の開催、被害者への配慮としての休職や復職支援、異動、転勤、配置転換など、セクハラ行為がなければやらなくてもよかった業務が多く生じていることを想像し、正確にお詫びを記載してください。

今後の改善・再発防止

始末書において最も重要なことは、今後同様のセクハラ行為を繰り返さないことを固く誓い、その再発防止策をとることを約束することです。

始末書を書くケースとは、冒頭でも解説した通り、「軽めのセクハラ行為」に対する「軽度の懲戒処分」という場合がほとんどです。というのも、違法性・悪質性が重度のセクハラ行為であれば、始末書を書かせることもなく懲戒解雇になることもあるからです。

始末書を書いている時点で、今後も(少なくともしばらくの間は)会社に残り続け、社員として働き続けるわけですから、少しでも自身の立ち位置を保持し評価を下げないためにも、今後二度と行わないことを始末書に記載してください。

始末書の形式的な記載事項

ここまでは、始末書の内容として書くべき事項について順に解説してきましたが、最後に、始末書の形式的な記載事項についても解説します。

注意しなければならないのは、始末書は会社に提出する「ビジネス文書」であるということです。この点で、被害者に対して提出する謝罪文とは役割が異なるため、ビジネス文書として体裁を整えたものでなければなりません。

具体的には、「始末書」という文書題名(タイトル)、作成年月日、作成者の氏名を記載することは当然ですが、これに加え、宛先として会社名、担当者名や、自身の役職名、肩書を記載します。

始末書の宛先は、社長(代表者)もしくは人事部長宛となることが多いですが、会社から指示されて提出する「ビジネス文書」ですので、宛先についても会社の指示に従うようにしてください。

セクハラの始末書の注意点

最後に、セクハラの始末書を書くよう指示されたとき、セクハラ加害者の方が注意しておいてほしいポイントについて、弁護士が解説します。

セクハラ始末書は、会社が指示をする内容にしたがって記載をすることとなるので、それほど長文となることは予想されず、大きなデメリットはないかもしれません。しかし、誤った内容の始末書を書けば、その始末書がセクハラ加害者の今後の低評価に直結することもあるため、注意が必要です。

チェック
セクハラの加害者になってしまったら、注意すべき5つのポイント

セクハラをしてはいけないのは当然ですが、万が一セクハラの加害者になってしまった労働者の方へ向けて、対応策をまとめておきま ...

続きを見る

始末書では「今後の改善」が重要

繰り返しになりますが、重要なことは、始末書の目的が「今後の改善」にあるということです。

始末書を記載し、一定の制裁(ペナルティ)を受けたとしても、今後も会社に残り続けるのであれば、会社に対する誠意を十分に示すことが大切です。

今後の改善、再発防止策について、文面が長くなりすぎないよう、許される限り具体的に記載して、「今後は二度とセクハラをしないだろう」と会社に説得的に伝えることが大事です。

始末書提出を拒否するとどうなる?

始末書を会社に命じられて、始末書提出を拒否してしまうと、業務命令権にもとづくものである場合には業務命令違反、懲戒権にもとづくものである場合には懲戒権違反となります。

とはいえ、セクハラと指摘されている内容自体が事実無根で、セクハラが冤罪(えん罪)の場合、会社と争い、「セクハラはしていない」と反論すべき場合もあります。この場合、最終的には、受けてしまった処分の有効性も含め、労働審判や裁判などで争うことを検討してください。

一部を争う場合「顛末書」を出す

セクハラをしてしまったこと自体は争わず、謝罪、反省をしているという場合であっても、事実関係の詳細な部分にまで立ち入ると、被害者の証言と食い違っていたり、会社の処分には不服があったりする場合、「始末書を書きたくない」と思うのではないでしょうか。

このように、正面きって始末書を書くことには心理的ハードルが高い場合でも、何もせず無視したり、会社に反抗的な態度をとったりしては、むしろ悪影響が及ぶ場合もあります。

折衷案として、「始末書」ではなく、事実関係のみを時系列に従って記載した「顛末書」を提出する方法を検討してください。

チェック
「セクハラだ!」と冤罪の疑いをかけられたらすべき対応策

セクハラをしたとは、自分では全く考えてもいなかった行為や言動について、「セクハラだ!」と言われた経験はありませんでしょう ...

続きを見る

「進退伺い」とは?

「進退伺い」とは、労働者側から会社に対して、反省の態度を示すとともに、「会社を退職しても構わないが、いかがでしょうか。」とお伺いを立てることをいいます。

始末書に「進退伺い」を記載しておくことは、自分が退職するか継続勤務するかを会社の一存に委ねるという、最大限の反省を示すことができます。「進退伺い」を記載した結果、十分な自省が伝わり、会社から辞めてしまわないよう慰留されることもあります。

ただし、「進退伺い」を出した結果、解雇などの厳しい処分が下され、会社を辞めざるを得なかったときに、「やはりセクハラの事実自体を争いたかった。」とならないよう、「進退伺い」を出す前に、心から納得できているかどうかじっくり検討が必要です。

チェック
セクハラ加害者は、退職勧奨を受けたら退職すべき?適切な対応は?

セクハラを行ってしまった加害者側の立場ですと、「会社に居づらい」と感じる方も少なくないです。自業自得であることは重々承知 ...

続きを見る

「セクハラ問題」は弁護士にお任せください!

今回は、セクハラ加害者の立場から、会社から指示を受ける可能性の高い「始末書」の内容、書き方、デメリットや注意点などについて、弁護士が解説しました。

始末書は、会社に対して反省の意思を示す性質を持つとともに、制裁(ペナルティ)の一環である懲戒処分(譴責・戒告)の内容となることもあります。

今回紹介した書式・ひな形を参考に、実情に合わせた始末書を作成し、セクハラ問題の解決に努めてください。始末書を出してしまうことが不利にならないかどうか不安を感じる場合には、ぜひ一度、労働問題に強い弁護士にご相談ください。

「セクハラ加害者」の法律知識まとめ

お問い合わせ

運営元:弁護士法人浅野総合法律事務所
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士浅野英之(弁護士法人浅野総合法律事務所 代表)

弁護士浅野英之(弁護士法人浅野総合法律事務所 代表)

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区銀座)の代表弁護士(第一東京弁護士会所属)。 不当解雇、未払残業代、セクハラ、パワハラ、労災など、近年ニュースでも多く報道される労働問題について、「泣き寝入りを許さない」姿勢で、親身に法律相談をお聞きします。

-セクハラ
-,

お問い合わせ

Copyright© 労働問題弁護士ガイド│不当解雇・残業代請求の相談は「弁護士法人浅野総合法律事務所」 , 2020 All Rights Reserved.