セクハラ

勘違いセクハラとは?ジョーク、恋愛失敗がセクハラになる4ケース

お問い合わせ

運営元:弁護士法人浅野総合法律事務所

勘違いセクハラ、というケースをご存じでしょうか。セクハラ加害者とされる人の中には、悪意をもってセクハラを行う人ばかりではありません。

セクハラ加害者といわれてはじめて「被害者は喜んでいなかったのか。」「好きだからやっていたのに。」などと気づき、セクハラをしているとは全く思ってもみなかった、というケースが、「勘違いセクハラ」の典型例です。

被害者にとってはセクハラだと感じられていても、セクハラを行っている当の本人は勘違いしており、セクハラではなく、「ジョーク」、「誠実な恋愛」あるいは「相手にも好意がある」と勘違いしているのが「勘違いセクハラ」です。

セクハラ加害者の勘違いが続くと、「好きだから。」と思って行っていた行為が、セクハラとなり、ストーカーなどとも言われかねない状況となってしまうこともあります。

今回は、セクハラ問題に関するご相談の中でも、セクハラ加害者側がセクハラだとは気づいていない「勘違いセクハラ」について、労働問題に強い弁護士が解説します。

「セクハラ加害者」の法律知識まとめ

悪意のない「勘違いセクハラ」は危険

セクハラ(セクシュアル・ハラスメント)は、「性的嫌がらせ」と和訳されるとおり、「嫌がらせ」の意図をもって行う問題行為です。「嫌がらせ」の目的で、性的な行為を行えば、すなわち、「セクハラ」にあたります。

例えば、肉体関係を強要したり、「愛人にならないと降格にする。」と脅したり、性行為を拒否されたことを理由に減給したり、といった行為や、あえて職場で過激な下ネタをいったり、パソコンのデスクトップを卑猥な画像にしたりといった態度が、セクハラになることは明らかです。

しかし、セクハラの相談ケースの中には、このような悪質、かつ、意図的なセクハラはむしろそれほど多くなく、加害者は「セクハラではない」と勘違いしているけれども被害者は苦しみ、悩んでいる、というケースが多くあります。

今回は、悪意のない「勘違いセクハラ」について、その予防と、実際に勘違いセクハラの被害にあってしまったときの対策を中心に解説していきます。

チェック
労働問題に強い弁護士の選び方と相談方法│労働問題の得意な弁護士とは?

労働問題に強い弁護士に依頼すれば、話し合いでブラック企業に負けないのは当然、労働審判、訴訟など法的手続を活用し、残業代請求、不当解雇などの労働問題で有利な解決を勝ち取ります。

続きを見る

勘違いセクハラのケース4つ

勘違いセクハラをおこしてしまうセクハラ加害者は、セクハラ被害者が不快に思っていたり、傷ついていたりすることに気づいていません。社長や上司、人事部などに呼び出されて、セクハラを厳重注意されて初めて、自分の行っていたことの愚かさに気付きます。

そこで、よく法律相談のある、典型的な勘違いセクハラのケースについて、弁護士が解説します。

セクハラであるかどうかは、「加害者がセクハラだと思って行っているかどうか。」、「加害者が悪意を持っているかどうか。」によって決まるのではないことに注意が必要です。

【勘違いセクハラ①】「恋愛のつもり」

恋愛のアプローチのつもりが、勘違いセクハラになっていた、というケースが、勘違いセクハラの1つ目の相談事例です。

「最初から、アプローチが女性側にとって非常に迷惑であった。」、というケースもあれば、「最初はお互いに恋愛だったけれども、その恋愛が終了してしまった結果、未練のあるアプローチのしかたが、勘違いセクハラになってしまった。」、というケースもあります。

特に、これまで異性に好かれてきた、見た目や経歴に自身のあるプレイボーイほど、「恋愛のつもりだった。」、「好きだからアプローチしたのに。」という勘違いセクハラにおちいりがちです。

社内恋愛と、異性に迷惑をかける嫌がらせ、ストーカーなどの勘違いセクハラとは、紙一重であることを肝に銘じておいてください。

【勘違いセクハラ②】「嫌がっていない」

勘違いセクハラの2つ目の事例は、セクハラ被害者となってしまった人が、加害者の側からみると「嫌がっていない。」と受け取られてしまう、というケースです。

セクハラを受けた際に、面と向かって「ノー」といえるセクハラ被害者は、むしろ少ないと考えられますが、このようなはっきりと「ノー」といわない態度が、セクハラ加害者の勘違いを生み、勘違いセクハラに繋がりがちです。

特に、女性社員は、男性社員の積極的な誘いに対して、社内の人間関係を良好に保ちたいという思いもあり、はっきりと嫌だとは伝えづらいことも多いことでしょう。

「無理矢理脅したわけではないから、嫌なら嫌といえばよい。」という言い分のセクハラ加害者もいますが、実際には、「社内の人間関係を壊したくなくて従っていた。」というセクハラ被害者の意見が優先されることが多いです。

面と向かって「セクハラです!」、「嫌です!」と言わなかったとしても、そのようなことは言いづらいことが普通ですから、「嫌がっていないと勘違いをしていた。」というだけでは許されず、違法なセクハラ行為となってしまいます。

【勘違いセクハラ③】「褒めているだけ」

女性を褒める行為がセクハラにつながることもあります。特に、女性の外見、容姿、容貌をほめる行為は、不快感を抱かせればセクハラになってしまいます。

「褒めているだけだ。」という勘違いが、他方で、褒められた女性にとっては非常に不快に感じ、勘違いセクハラに発展してしまうというわけです。

例えば、「綺麗な脚だね。」、「おっぱい大きいね。」、「髪がいいにおいするね。」などという発言は、好きな人からいわれればうれしいのかもしれませんが、職場でいわれると、不快に感じる女性が多いのは当然です。

「褒めているだけだから。」、「嫌がっていない。むしろ褒められて嬉しいのでは。」という誤解が、勘違いセクハラを生みます。

【勘違いセクハラ④】「ジョーク(冗談)で言っただけ」

男性と女性の意識の差が原因となって生じるのが、4つ目の「冗談(ジョーク)で言っただけ。」という勘違いセクハラの例です。

セクハラ発言をした加害者は、セクハラになるというほどの気持ちはなく、軽い気持ちで「冗談(ジョーク)」のつもりでいったとしても、言われたほうはとても傷ついてしまうということも少なくありません。

不快な気持ちにさせてしまえば、勘違いであっても、違法なセクハラ行為といわれても仕方ありません。

特に、軽い下ネタのつもりだったのが、周囲の女性を嫌な気持ちにしてしまう、という勘違いセクハラの被害は後を絶ちません。

勘違いセクハラの加害者になってしまったら?

勘違いセクハラの加害者になってしまったとき、つまり、自分はセクハラだとは全く思っていなかったのに、「セクハラです!」と言われてしまったときには、まずは勘違いを反省し、謝罪することが重要です。

「自分はセクハラをするつもりではなかった。」と言い訳をしたとしても、セクハラ被害者を生んでしまったことは事実です。

不合理な言い訳や、その場しのぎの言い逃れは、セクハラ被害者の主張にかき消されてしまう可能性が高く、効果的ではありません。まだ軽度の勘違いセクハラにとどまっている場合には、謝罪と反省の態度を示し、セクハラであったことを認め、謝罪しましょう。

ただ、セクハラ問題の加害者になってしまったときには、重大なケースでは懲戒解雇となったり、刑事責任を追及されてしまったりするケースもあります。

明らかにセクハラ冤罪(えん罪)であるケースもありますので、単なる「勘違いセクハラ」ではなく、セクハラの事実自体がない場合には、弁護士に相談し、労働審判や訴訟などによって事実関係を争うべきです。

チェック
セクハラの加害者になってしまったら、注意すべき5つのポイント

セクハラをしてはいけないのは当然ですが、万が一セクハラの加害者になってしまった労働者の方へ向けて、対応策をまとめておきま ...

続きを見る

チェック
セクハラの謝罪文(文例・書式・サンプル)と謝罪の注意点

セクハラ行為、セクハラ発言を行ってしまい、セクハラの加害者となってしまった場合、様々な責任を負うこととなります。具体的に ...

続きを見る

勘違いセクハラの被害にあったら?

逆に、勘違いセクハラの被害にあってしまった被害者の方の対応はいかがでしょうか。

勘違いセクハラが軽度の場合である場合には、勘違いを早めになくすためにも、強固な態度でセクハラに対する「ノー」という意思表示を明確にすべきです。

面と向かって直接いうことは、職場の人間関係から難しいという場合には、上司や同僚、セクハラについての相談窓口などに早めに相談することによって、勘違いをしているセクハラ加害者に「自分のやっていることはセクハラだ。」と気づいてもらうようにしましょう。

この程度を超えて、勘違いセクハラが重度の場合には、精神的、肉体的なダメージを少しでも抑えるため、セクハラ行為を回避し、慰謝料請求などを行うため、労働問題に強い弁護士にご相談ください。

チェック
セクハラで慰謝料請求する場合の請求方法と、慰謝料額の相場

セクハラの被害を受けた場合には、すぐに適切な証拠を収集した上、会社と加害者に対して慰謝料請求をしていくことが必要です。証拠の収集や、請求の際には、労働法の専門的な知識が必要なため、労働問題に強い弁護士へ相談すべきです。

続きを見る

「セクハラ問題」は弁護士にお任せください!

今回は、被害者と加害者との間の「勘違い」が生む、勘違いセクハラについて、被害者側、加害者側それぞれの立場から、弁護士が解説しました。

意図して行う悪質なセクハラは、労働審判や訴訟などの手続で解決されるべき重大な問題ですが、加害者側に悪意がなく勘違いによって起こった勘違いセクハラは、事前予防できるのが一番よいのではないでしょうか。

勘違いによるセクハラの被害にあってしまった被害者の方、自分はセクハラだとは思っていなかったのに、それは勘違いで、セクハラだといわれてしまった加害者の方は、労働問題に強い弁護士に、お早めに法律相談ください。

「セクハラ加害者」の法律知識まとめ

お問い合わせ

運営元:弁護士法人浅野総合法律事務所
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁護士浅野英之(弁護士法人浅野総合法律事務所 代表)

弁護士浅野英之(弁護士法人浅野総合法律事務所 代表)

弁護士法人浅野総合法律事務所(東京都中央区銀座)の代表弁護士(第一東京弁護士会所属)。 不当解雇、未払残業代、セクハラ、パワハラ、労災など、近年ニュースでも多く報道される労働問題について、「泣き寝入りを許さない」姿勢で、親身に法律相談をお聞きします。

-セクハラ
-

お問い合わせ

Copyright© 労働問題弁護士ガイド│不当解雇・残業代請求の相談は「弁護士法人浅野総合法律事務所」 , 2020 All Rights Reserved.