不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

退職

退職前に有給休暇を消化が可能か?有休の買い取り請求とは?

投稿日:

有給休暇とは、一定以上の勤続年数を会社に貢献した従業員に対して、給料を保証しながら休むことができる制度です。

有給休暇は、会社のサービス、恩恵として与えられるものではなく、労働基準法上の労働者の権利です。

会社にとっては、労働者に有給休暇を取得させないことを選択することは、法律上できない(違法)はずです。

しかし、有給休暇が、退職時のトラブルの種となることがあります。

 例 
  • 労働者が、退職までの期間、残った有給休暇をすべて使い切りたいと請求するケース
  • 会社が、「退職するなら有給休暇を使うな。」と命令するケース
  • 会社に整備された「有給休暇買い取り」の制度を、一部の社員にだけ使わせないケース

労働者に権利として有給休暇が与えられているわけですから、その分の期間は、労働者は休んだとしても賃金を取得することができるわけです。

退職時に有給休暇が残存していると、損したような気分になり、「消化してから退職することとしたい。」、「会社に同額の賃金で買い取りをしてほしい。」と希望するようになります。

この労働者の法律相談はどこまで実現可能か、弁護士が解説します。

1. 円満退職のときの有給消化

退職時の有給休暇の消化について、円満に退職が実現した場合には、特に問題となりません。

会社側から、次の提案がなされ、これに同意することにより、「残存していた有給休暇分の損をした。」という退職する労働者の不満は解消されます。

  • 退職予定日を、有給休暇の分だけ遅らせ、その間有給休暇を取得させ、賃金を支払う。
  • 有給休暇の日数分の賃金を支払い、有給休暇の買い取りを行う。

いずれも、退職時に残存していた有給休暇の分と同額の賃金が、退職する労働者の手元に支払われるという点で、結論は変わりません。

これに対して、退職が解雇などの会社の一方的な意思表示による場合や、そうでなくても退職をすること自体に労使双方の意見が一致しない場合などには、上記の柔軟な選択肢をとることができず、有給休暇が労使紛争の火種となります。

2. そもそも有給休暇とは?

有給休暇制度とは、入社してから一定期間、会社に貢献した場合に与えられる、賃金を得ながら休暇を得ることのできる労働者の権利をいいます。

有給休暇を取得するための条件は、次の通りです。

  • 入社から6か月の経過
  • 6か月の全労働日の8割以上の出勤

以上の条件を満たした場合に、通常の労働者の場合には、10日間の有給休暇を取得する権利が得られます。

その後も、1年が経過するごとに、徐々に得られる有給休暇は増加していきます。有給休暇の時効は2年とされることから、増えた有給休暇は蓄積していくこととなります。

有給休暇の権利を取得しながら、「忙しい。」「タイミングが合わない。」「業務上の他の従業員との調整ができない。」といった理由で有給休暇を取得しなければ、それだけ有給休暇の権利は蓄積していき、退職時には相当な日数になっているケースも多くあります。

 重要 

有給休暇の制度は、労働基準法上の権利です。

労働基準法は、労働条件の最低基準を定めるものであり、これに違反する労働条件は違法無効となり、労働基準法上の労働条件が取って代わります(強行法規)。

したがって、よくブラック企業の法律相談で耳にしますが、「有給休暇制度が存在しない。」という会社は存在しません。

3. 退職時の有給休暇の取得について

有給休暇を取得するためには、労働者が会社に対して、取得日を明らかにして通知するだけでよく、会社の承諾は不要です。

労働者の有給休暇取得に対して、会社は、「時季変更権」といって、業務に支障が生じる場合には、有給休暇の取得日を変更できます。

つまり、有給休暇の取得日を変更できるだけであって、有給休暇の取得自体を拒否できるわけではありません。

退職時の有給休暇取得に対しては、退職まであまり期間がない場合、「時季変更権」を会社が行使したとしても、他に有給休暇を取得できる日が存在しない場合があります。

このような場合には、他の時季に休暇を取得することができないわけですから、会社が「時季変更権」を行使して有給休暇取得日の変更を指示することは、すなわち有給休暇の取得を拒否することに等しいことになります。

したがって、退職直前の有給休暇取得は、会社の判断によって阻止することはできないこととなります。

4. 有給休暇の買い取り請求は?

有給休暇を買い取ることは、会社が、会社の判断で行うべきことです。

これに対し、労働者が、会社に対して有給休暇を買い取るよう請求することはできません。

とはいえ、労使間の円満な解決のため、有給休暇の買い取りは非常に効果があります。

例えば、労働者はどうしても有給休暇を消化してから退職したいけれども、退職予定日までにはあまり時間がなく、有給休暇をすべて取得されてしまうと、業務引き継ぎが満足に終えることができず会社の業務に支障が生じる、といったケースです。

退職が円満にできる場合には、可能な限りの業務引き継ぎを行う変わりに、有給休暇を買い取ってもらうという解決がよいでしょう。

5. まとめ

退職時に有給休暇がたくさん余っているということは、労働者(あなた)が一生懸命仕事をがんばったということを意味しています。

堂々と胸をはって有給休暇を取得して頂きたいと思います。

有給休暇について不当な扱いをされた場合には、労働問題に強い弁護士にご相談ください。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-退職
-,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.