不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「労働審判」 一覧

労働問題を会社との間で争う場合、訴訟(裁判)となると、通常、1年~1年半ほどの時間がかかることとなります。労働者としての地位を争う場合など、生活の基礎となる根本的な保障を求めているにもかかわらず、これほども長期間の間不安定な立場に置かれることは、労働者の救済になりません。

そのため、短期間で終了し、かつ、柔軟で適正な解決を実現するために設置されたのが、労働審判の制度です。労働審判では、平均審理期間は70日程度であり、申し立ててから間もなく一定の結論を得ることができます。

また、話し合いによる調停で解決することが一般的であることから、労働法による形式ばった解決だけでなく、柔軟な解決を実現することが可能です。

労働審判によって不当解雇、残業代などの労働者の権利を争う場合には、早めの準備が欠かせません。詳しくは、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

カテゴリ一覧

労働審判 退職

退職前に、労働審判、裁判で勝つための証拠収集をすべき!

実際にブラック企業の不当解雇、残業代、労災、メンタルヘルスなどの責任追及をしようと思い立ったら、退職前の証拠収集の段階から、労働問題に強い弁護士へ相談すべきなのです。

労働審判 解雇

不当解雇トラブルを金銭解決するための法律知識と、解決金の相場

解雇・退職トラブルを解決金で金銭解決するための知識と、解決金の目安、解決金を決める際に考慮すべき要素を解説します。労働審判制度により、解雇・退職トラブルを金銭解決する際の相場がある程度目安がつけられます。解雇・退職トラブルは、労働問題に強い弁護士へ相談しましょう。

労働審判

労働審判当日に、労働者本人が裁判官とのやりとりで注意すべきポイント

2016/08/06   -労働審判
 

争いとなる労働問題に関する生の事実を一番よく知る、労働者本人は、是が非でも労働審判に出席し、証言をする必要。当日の対応を適切に行うことにより、労働審判において有利な解決を勝ち取りましょう。

労働審判

労働審判の異議申立の期間と、異議申立をして訴訟にするとき検討すべきこと

労働審判への異議申立が可能な期間と、異議申立をする際に検討すべきことを解説します。労働審判は簡易迅速さを重んじ、話し合いによる解決を目指す制度なので、審理が不十分な場合には訴訟に移行する可能性が残されています。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.