不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

残業代

接待は残業時間?残業代が払われない接待を命じられたときの対応

投稿日:

接待で飲み会にいかされ、深夜遅くにしか帰れないといった日が続くと、「接待の時間分の残業代も支払われないのだろうか。」という疑問を持つ労働者も多いことでしょう。

また、奥様などご家族の立場でも、自分の夫が深夜遅くに酔っ払って帰ってきて、疲労困憊な姿を見れば、「接待」もまた業務の一環ではないか?と感じることも多いはずです。

会社のお金で飲み食いできるとはいえ、取引先に気をつかいながらの接待では、食事やお酒を楽しめるとは到底思えません。

「接待は仕事の一環なのではないか?」「接待の時間に残業代は発生しないのか?」という疑問に、労働問題に強い弁護士が解説していきます。

1. 接待も残業時間!残業代は発生する!

接待というと、会社のお金や取引先の支出によって飲み食いできて、「仕事」というイメージが薄い場合があります。

しかし一方で、取引先との会食での交流が、業務上非常に重要な意味がある、というケースもあります。

特に、参加させられている労働者にとっては、接待がなければプライベートの予定を入れられたはずだ、と考えると、「業務の一環」という意味合いが非常に強いと考えることでしょう。

接待が「残業時間」となり、「残業代」が発生するかどうかは、ケースバイケースであり、個別の実態に即して判断しなければなりません。

少なくとも、接待が、飲み会や、ゴルフなどのレジャーであっても、「残業代が一切発生しない。」というのは間違った考え方です。

2. 残業代をもらえる接待とは?

「接待でも残業代は発生するケースがある。」ということを理解していただいた上で、では次に、どのような接待であれば「残業時間」にあたり「残業代」を請求できるのかについて、弁護士が解説します。

このことは、「接待している側」、「接待されている側」のいずれであっても変わりありません。

次のような場合の「接待」は、「残業時間(労働時間)」となり、残業代請求が可能です。

2.1. 会社から参加を強制された「接待」

「接待」への参加を、会社から強制されている場合、その「接待」は労働時間(残業時間)となり、残業代請求が可能です。

明示的に、「接待に必ず参加するように。」と上司や社長から命令されていたケースだけでなく、次のような黙示的な命令のケースであっても「接待」は残業と評価される場合があります。

 例 
  • 「接待」に参加しないとパワハラ、職場いじめの標的となる。
  • 「接待」に参加しないと評価を下げられる。
  • 「接待」に参加しないと、重要な仕事から外される。

2.2. 取引先との業務を主目的とした「接待」

業務に必要不可欠な「接待」は、労働時間と評価してもらいやすく、残業代請求が可能な接待であるといえます。

特に、接待の最中に、取引先との打ち合わせなど、業務上の必要性が非常に高い話をするような場合には、「接待」に参加しなければ業務ができない場合もあるからです。

2.3. 「接待中」に業務を行う場合

接待であっても、その最中に、具体的な業務についての指示、命令がある場合には、その業務を行っていた時間は「労働時間」となり、残業代を請求することができます。

例えば、次のような命令がなされている「接待」のケースです。

 例 
  • 司会進行役を命じられている。
  • 宴会の準備、片づけを命令されている。
  • 接待にともなう雑務を行うよう指示されている。
  • 接待へ出席する参加者の送迎、運転手の役目である。

3. 残業時間にはならない「接待」とは?

ここまでお読み頂ければ、「接待」とはいえ、「残業時間」にあたり、残業代請求を行うべき場合があることは、十分ご理解いただけたことでしょう。

しかし、すべての接待が「残業時間」となるわけではなく、会社がその費用を負担し、仕事の話をするとしても、「残業時間」にはならない接待のケースもあります。

3.1. 目的が「懇親」の「接待」

「接待」の場で、仕事の話題ばかりであるからといって、必ず残業時間にあたるというわけではありません。

職場の人や取引先が集まって飲めば、自然と話題は仕事のことになるからです。

業務をスムーズに進めるための、取引先との「懇親」を目的とした飲み会などの「接待」は、残業代請求はできないと考えた方がよいでしょう。

逆にいえば、行きたくない「接待」であれば、付き合う必要はないともいえます。

3.2. 強制参加ではない「接待」

会社が出席を強制していたり、命令していたりするのではなく、社員間で自主的に行われる接待は、仕事に関係する人との飲み会であっても、残業代請求はできないと考えるべきです。

顧客や取引先の担当者との間で、個人的に友人関係となり、飲み会やゴルフなどの「接待」を行うこともありうるからです。

逆にいえば、このような「接待」はあくまでも個人の自由裁量で行うものであって、「行った方が業務が円滑に進む」としても、命令されていなければ行う必要のない「接待」であるともいえます。

4. 「接待」での無理は過労死につながるリスクも

「接待」には、労働時間となり残業代請求をすることができるケースと、そうではないケースがあることをご理解いただけましたでしょうか。

実際に「接待」を残業時間として残業代請求をすることは難しく、弁護士を依頼して、労働審判や訴訟などの法的手続をとる必要があります。

「接待」が「残業時間」にはならないとすれば、連日連夜の接待で無理をするのは禁物です。お酒に弱い人は特に注意です。

また、「接待」を残業時間と認めてもらい、残業代をもらえる場合ですら、長時間の接待が続けば、過労死、過労自殺など、健康を害してしまうリスクが高まります。

特に、多量の飲酒をするような「接待」の場合には、体調に注意し、労災事故となってしまう危険を避けるべきです。このことは、残業代が出るかどうかには関係ありません。

5. まとめ

今回は、「接待」が残業にあたるのかどうか、また、残業代が支払われないときにどうしたらよいのかについて、弁護士が解説しました。

「接待」が労働時間にあたらないときは、接待への参加を断るのは自由です。逆に、拒否できない「参加強制」の接待は、労働時間であって、残業代請求ができます。

残業代請求を検討している労働者の方は、労働問題に強い弁護士に、お早めに法律相談ください。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-残業代
-, , , ,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.