不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

残業代

「管理職」と「管理監督者」の違いを区別し、残業代を請求しよう!

投稿日:

「部長に昇進して管理職になるから、これからは残業代が支払われないので大変だ。」といった愚痴を聞くことがあります。

弁護士に労働問題についての法律相談をする労働者の方の中にも、不当解雇、パワハラなどには納得がいっていないものの、「自分は管理職だから、残業代は請求できません。」「残業代はしっかり払ってもらっていると思います。」という方もいます。

しかし、この「管理職」という言葉は、労働基準法をはじめとした労働法には書いてありません。

日本の労働法において、残業代をもらうことのできない「管理職」は、正確には、「管理監督者」といい、これらの労働者の愚痴、お悩みに出現する「管理職」とは違います。

今回は、「管理職」と「管理監督者」の違いについて、労働問題に強い弁護士が解説します。しっかり区別し、適切な残業代請求をしてください。

1. 「管理職」になって手取りが減ることはない!

冒頭で書きましたとおり、「管理職になるから、これからは残業代が減って大変だ。」という、労働者の発言は、間違っています。

というのも、労働法でいう「管理監督者」というのは、それだけの好待遇が与えられて当然な、高い地位にある人のことをいいますから、「管理監督者」になって、労働者の給与、賃金の手取り金額が減ることはありません。

したがって、「管理職になったら手取り額が減るので心配。」といった不安は、「管理職」と「管理監督者」の違い、区別を理解していない不安であるといえます。

1.1. 給料が減るようでは「管理監督者」ではない

労働基準法にいう、残業代の発生しない「管理監督者」は、次に説明するとおり、多くの基準を満たした、一定以上の高い地位にある労働者にしかあてはまりません。

残業代という、重要な給料の一部がなくなるわけですから、当然です。

その中でも、「管理監督者」に昇格したことによって、むしろ手取り給料が減ったり、部下である「管理監督者」ではない部下に負けたりするようなことがあっては、それはもはや「管理監督者」といえる高い地位にある労働者とはいえません。

したがって、まず、給料が減ってしまうような「管理職」は、労働法の「管理監督者」にはあたらず、「名ばかり管理職」であるといえってよいでしょう。

1.2. 残業代がなくても手取り賃金は減らない

「管理職」と「管理監督者」を区別する基準として、どの程度の「高賃金」、「好待遇」があれば、残業代が発生しない、「管理監督者」にあたるのか、という点では、少なくとも手取り賃金が減ることはないと考えてよいでしょう。

というのも、「管理職」になることによって、部下よりも手取りが減ってしまったは、「管理職」のなり手がいなくなってしまいかねません。

残業代請求ができなくなったとしても、「管理職手当」など、部下である「管理職」でない労働者ではもらえない給料がもらえることで、総額としては、昇進したほうが給料の金額が増えるのが通常です。

2. 「時給換算」だと管理職になるのは損?

ここまでお読みいただければ、「管理職」となることで手取り給与が減るような場合には、それは「管理職」であっても「管理監督者」ではなく、「管理職」と「管理監督者」とはしっかり区別して理解すべきであることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

しかし、「管理職」に昇進したことで残業代請求ができなくなったうえに、残業代が発生しないことから、朝から夜遅くまで残業をし続けなければならないといったケースもあります。

このような場合、「時給換算」すると、管理職になるのはやはり損であるといえるのでしょうか。弁護士が解説します。

2.1. 「管理監督者」でも深夜手当はもらえる

労働基準法において、「管理監督者」となるともらえなくなってしまうのは、あくまでも「1日8時間、1週40時間」という時間を超えてはたらいた分の残業代と、休日の残業代です。

これに対して、深夜労働をしたことによって得られる「深夜手当(深夜割増賃金)」については、「管理監督者」であっても、問題なくもらうことができます。そして、これは「管理職」といいかえても同様です。

したがって、この点では、「管理職」と「管理監督者」に違い、区別はありません。

深夜労働が長時間となると、労働者の身体への負担が大きく、メンタルヘルス、うつ病、過労死、過労自殺など、最悪のケースの原因となりかねないためであり、この点は「管理職」であっても「管理監督者」であっても同様です。

2.2. 「管理監督者」は勤務時間に裁量がある

さらに、「管理監督者」であると認められ、残業代が発生しなくなるためには、勤務時間にある程度の裁量があることが必要となります。

勤務時間(出社時間、退社時間)にある程度の自由があるからこそ、自分の判断ではたらいた分についての残業代はもらえない、というわけです。

したがって、「時給換算だと、管理職になると損しますか?」という回答は、「その人次第」ということになります。「管理監督者」であるならば、自分で勤務時間を調整し、時給換算をした場合の給与も、自分で決めることができるはずです。

逆に、勤務時間に裁量がまったくなく、出社時間、退社時間を厳しく決められているような労働者の場合には、「管理職」であっても、「管理監督者」ではなく、区別して考えなければならない、ということになります。

3. 「管理職」は、全員「管理監督者」ではない!

「管理職」と「管理監督者」とは、区別していただく必要があります。

「管理職」というのが、使用者が、その考えと基準に基づいて決めているもの、例えば「部長は管理職」といったものだとすれば、「管理監督者」とは、労働基準法と労働法の裁判例にもとづいて、残業代の発生しない一定以上のポジションにある労働者のことをいいます。

つまり、「管理職」は、全員「管理監督者」であるわけではなく、「管理職」のうち、特に経営に関与するなど、一定の高いポジションと責任を与えられた労働者だけが、「管理監督者」となるのです。

これが、「管理職と管理監督者の違い」です。

4. 「管理職」と「管理監督者」を区別するポイント

「管理職」と「管理監督者」の違いをしっかり理解し、この2つを区別するポイントは、より限定的に認められる「管理監督者」の要件を理解していただければ明らかになります。

つまり、「管理職」の中でも、特に他の管理職とは異なる「管理監督者」であると認められ、残業代をもらえない地位にあるとされるのは、次の要件を満たす場合であるとされています。

  • 経営者と一体的な立場で仕事をしていること
    :経営に関する一定の権限が与えられていること
  • 出社、退社や勤務時間について厳格な制限を受けていないこと
    :時間的な裁量を与えられていること
  • その地位にふさわしい待遇がなされていること
    :給与や管理職手当などによって、管理監督者ではない従業員よりも優遇されていること

そして、この「管理職」と「管理監督者」の違いは、会社が与えた役職名にはよらないとされています。したがって、「部長だから管理職」、「係長以上は管理職」というのは、あくまでも「管理職」の基準を定めただけで、「管理監督者」のお話とは違います。

5. 「管理職」と「管理監督者」で共通するポイント

「管理職と管理監督者の違い」の解説の最後に、それでもなおこの2つに共通するポイントについて、弁護士が解説します。

すなわち、会社の定めた「管理職」に過ぎない場合であっても、労働基準法(労基法)によって残業代が生じない「管理監督者」であっても、労務管理についての次の点は違いがありません。

5.1. 深夜手当は必要

深夜労働をした場合には、労働基準法によれば、深夜手当(深夜労働割増賃金)として、通常の残業代よりも多くの金額(1.5倍の割増率)の残業代をもらうことができます。

そして、この深夜手当(深夜労働割増賃金)については、管理監督者であっても、管理職であっても、また、それ以外の労働者であっても、共通してもらうことができます。

したがって、確実に「管理監督者」とされるような高い役職の労働者であっても、深夜残業をした場合には、残業代請求をすることができます。

5.2. 有給休暇は必要

また、管理監督者となると、休日出勤をしても休日手当(休日労働割増賃金)はもらえないわけですが、年次有給休暇は、管理監督者であっても、管理職であっても、また、その他の労働者であっても、共通して与えられます。

ただし、有給休暇は、休日手当(休日労働割増賃金)などの残業代のように、金銭をもらえる権利ではないことに注意が必要です。

管理監督者にも与えられる有給休暇は、あくまでも「休むことができる権利」であって、これを買い取ったり、金銭に変えてもらったりすることは、労働者の権利ではありません。

5.3. 労働時間の管理が必要

最後に、残業代の支払われない「管理監督者」であっても、「管理職」や他の従業員と同様、労働時間の管理をしなければなりません。この点もまた、「管理職」でも「管理監督者」でも違いはありません。

というのも、残業代が支払われないとしても、長時間労働は、労働者の健康、安全に対して重大な被害を与えますから、労働時間を管理し、あまりに長時間とならないように管理しなければならないという点は、管理監督者でも変わりないからです。

過労死ライン(月80時間残業)を超えるような長時間残業が続くことは、たとえ「管理監督者」であっても、避けなければなりません。

6. まとめ

今回は、「管理職」と「管理監督者」の違いを理解し、「管理監督者」とは区別された「管理職」、すなわち、「名ばかり管理職」の残業代請求について、弁護士が解説しました。

「名ばかり管理職」であれば、「管理職」であっても残業代請求できる、という考え方は、次第に有名になっていますが、それでもなお「名ばかり管理職」のサービス残業問題は横行しています。

「管理職」と「管理監督者」の違いについて、自身がどちらに該当するか判断が難しい労働者の方は、労働問題に強い弁護士に、お早めに法律相談ください。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-残業代
-, , , , ,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2018 AllRights Reserved.