不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

残業代

タイムカードを定時に強制的に打刻される場合の残業代請求の方法

投稿日:

労働問題を得意とする弁護士は、「タイムカードをもとに残業代を計算し、残業代を請求しましょう!」といいます。

しかし、ブラック企業に入社してしまい、「タイムカードを強制的に打刻させられてしまうため、残業代請求ができない。」、という相談もあります。

残業代を請求するためには、「残業を行った。」という事実(労働時間)を、労働者(あなた)側で立証する必要があり、残業代を請求する前に証拠収集をしなければなりません。

「時間外に労働を行ったこと」の証拠は、タイムカードが最も有用です。

「タイムカードが重要!」ということはブラック企業側もよく理解しています。ブラック企業では、経営者の指示で、もしくは、酷い場合には経営者自らが労働者のタイムカードを強制的に提示で打刻してしまい、残業代を請求するための証拠収集を妨害します。

最も役立つはずのタイムカードのコピーを入手しても、タイムカード上は定時出勤、定時帰りとなっているわけですから、これを越えて残業を本当に行っていたのかどうか、弁護士や裁判所などの第三者に説明するための資料が入手できません。

しかし、残業代請求を諦めるのはまだ早いです。定時にタイムカードを打刻するというブラック企業の手口は違法ですから、これに立ち向かって残業代請求をしましょう。

残業代請求の方法、金額にお悩みの場合は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

1. ブラック企業のタイムカード不正打刻の手口

ブラック企業にお勤めの方には、次のようなタイムカードの打刻方法は、ごく普通のことかもしれません。

しかし、いずれも不適切かつ違法な行為であって、この不正打刻に従った残業代しか支払われない場合(もしくは残業代が一切支払われない場合)には、労働基準法違反です。

違法なタイムカード不正打刻が横行する会社に勤めている場合には、多額の残業代を請求できる可能性があるということです。

 例 
  • タイムカードは始業時刻・終業時刻に合わせて打刻するよう指示されている。
  • 終業時刻になると上司が自動的にタイムカードを打刻する。
  • タイムカードに従って残業代が払われているが、タイムカードがどこにあるか知らない。
  • タイムカードを打刻した後も当然のように残業を強制されている。

タイムカードの不正打刻が横行するのは、労働者が明確な拒絶の意思表示をしないからです。

会社の雰囲気に流され、「サービス残業するのが当たり前だ。」という意識では、ブラック企業の思うがままです。支払われていない残業代は、あなたが働いた対価として当然請求できるものです。

正当な残業代を請求することによって、ブラック企業に「不正打刻は断固として拒絶する!」と、明確に意思表示しましょう。

残業代請求の方法、金額にお悩みの場合は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

2. ブラック企業がタイムカードを不正打刻する理由

ブラック企業がタイムカードを不正打刻する理由は、「残業代未払い」という違法行為を隠したいからです。

「誰に隠すのか・・・?」、それは、労働者が労働審判や訴訟などで争った場合の「裁判所」に対して、行政からの立ち入り検査を受けた場合の「労働基準監督署の監督官」に対して、ということです。

残業代を支払わずにサービス残業をさせれば、労働力をタダで利用することができますから、その分人件費が抑制され、会社の利益が増加することとなります。

しかし、残業代の未払いを公然と行えば、いずれ残業代請求の労働審判、訴訟を提起されたり、労基署からの是正勧告を受けたりして、未払い残業代の支払を命じられます。

いずれバレて多額の残業代を支払わなければならず、不当な利益が会社の手元には残らないこととなります。

そのため、ブラック企業では、未払い残業代が発覚することを防ぐために、「所定労働時間しか働かせていない。」「残業は発生していない。」という嘘の証拠を作るため、タイムカードを不正打刻するのです。

3. タイムカード不正打刻の対抗手段

ブラック企業は、自社の経営のためタイムカードを不正打刻して労働者(あなた)に不利益を与えます。

しかし、ブラック企業によるタイムカードの不正打刻に対抗することは、難しくありません。

タイムカードを不正打刻する会社に対しては、次のポイントを心がけ、正当な残業代請求を行いましょう。

 参考 

労働者がブラック企業に対する対抗手段を進めている最中には、ブラック企業側(社長、上司、社員など)から妨害が入ることが多いです。

特に、社内いじめ、パワハラなどの妨害行為が予想される場合、ボイスレコーダーで録音による証拠保全の準備を怠らないでください。

3.1. タイムカードを打刻されたら帰宅する

「タイムカードを定時に打刻するよう指示された」という手口の場合も、「上司が勝手にタイムカードを打刻した」という手口の場合も、いずれでも有効な対抗手段は、「タイムカードが打刻されたら帰宅する。」という手段です。

タイムカードが打刻された時間で帰宅しているわけですから、残業代が支払われていない「違法なサービス残業」の労働時間は1分も発生しないこととなります。

本来、タイムカードは終業時刻(帰る時間)に押すのがルールですから、タイムカードが打刻されたら帰宅するのが当然です。

 注意! 

タイムカードが打刻されたら帰宅する方法は、違法なサービス残業を抑止する手段としては完璧です。しかし、残業代請求で金銭を得ることはできなくなります。

また、タダ働きを拒否するのにはとてもよい方法ですが、あなたの社内における評判、評価が下がるおそれはあります。

もちろん、残業代を支払わないブラック企業の手口自体が違法ですから、タイムカードを不正打刻されたことを理由に帰宅したとしても労働者を責めるのは筋が通らないのは間違いないですが、「退社する覚悟」は必要でしょう。

これ以上ブラック企業に在籍し続けても仕方がないが、未払いの残業代には納得がいかないという場合に、非常に有効な対抗手段となります。

この対抗手段を講じた上で、現在までに生じている未払い残業代を回収し、退職しましょう。残業代の回収は、労働問題に強い弁護士にご依頼ください。

3.2. 違法な業務命令(不正打刻の指示)には従わない

労働者は、会社と雇用契約を締結することによって、会社からの業務命令に従う義務が生じます。

そのため、正当な理由なく業務命令に違反したり無視したりすれば、懲戒処分の対象となり、悪質な場合には解雇されます。

しかし、違法な業務命令にまで全て従わなければならないわけではありません。極端な話、会社が労働者に対して犯罪を行うよう指示した場合には、労働者としても無視せざるを得ないでしょう。

「タイムカードの不正打刻」もまた、労働法違反の行為ですから、「タイムカード不正打刻」の業務命令に従う必要はありません。

「タイムカードは定時に押してから残業をするように。」という指示が全社的になされていたとしても、業務が終了して帰宅する際にタイムカードを押せばよいのです。

その上で、タイムカードの写しを証拠として保全しておき、現在までの残業代請求をおこないます。

3.3. タイムカード以外の証拠を保全する

残業を行った事実を証明するための証拠は、タイムカードが最も簡単ですが、何もタイムカードだけに限られているわけではありません。

労働審判や訴訟においても、タイムカード以外の証拠によって労働時間を認定した判断も多く存在します。

悪質なブラック企業の中には、そもそもタイムカード自体が存在しないという会社もあるわけですから、残業代請求をするにあたって絶対にタイムカードが必要というわけではないことは理解して頂けるでしょう。

したがって、タイムカード以外の証拠として、次のような証拠を収集し、残業代請求の準備をしましょう。

 例 
  • 業務で利用した端末のログイン、ログアウト履歴
  • 業務遂行のために送付したメールの送信日時
  • 社内セキュリティカードの入室、退室履歴
  • 会社内の時計を撮影した写真

なぜタイムカードが労働時間を示す証拠として最重要かというと、「客観的に明らか」だからです。これに対して労働者の作ったメモや証言は、タイムカードよりは証拠としての価値が低くなります。

しかし、会社の労働時間の把握方法があまりに悪質な場合には、そもそも会社が労働時間把握の義務を放棄しています。

そのため、労働者の記憶に基づく労働時間に関するメモなどであっても、証拠価値については緩やかに判断し、労働時間の認定が進む場合が多いので、諦めるのはまだ早いです。

4. 毅然とした態度で「No!」

労働者側が努力をすれば、タイムカードの不正打刻に対しても立ち向かうことが可能です。そして、その場合には、ブラック企業は、多額の未払い残業代を支払わされるなど大きな損害を負うこととなるのです。

むしろ、ブラック企業のタイムカード不正打刻をいまだになくせない原因は、これに流され、「居心地が悪くなるから。」等と考えてサービス残業に甘んじてしまう労働者にも問題があります。

残業代を請求することは、やましいことでは全くありません。

あなたの労働した分の正当な賃金の請求を妨げているのはブラック企業の違法行為ですから、残業代を請求することを躊躇すべきではありません。

日本の伝統的な雇用慣行である終身雇用も崩れており、会社の言うなりになったところで会社が一生の食い扶持を保証してくれる時代は終わりました。

正当な残業代の請求を検討されている方は、労働問題に強い弁護士へ早急にご相談ください。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-残業代
-,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.