不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

残業代

仕事が終わらないとき、どうしたらよい?残業代は出る?過労死目前?

投稿日:

「仕事が終わらない・・・」という法律相談があります。特に「仕事が終わらない・・・」という方の法律相談は、弁護士に相談に来ることすら難しいことが多く、泣き寝入りとなっているケースが少なくないのではないかと思います。

仕事が終わらない場合、その原因によって、労働者は適切に対応をしなければなりません。残業代請求、安全配慮義務を尽くすことの要求、労災申請など、ケースによって適切な対応は異なります。

仕事が終わらない原因、理由が、労働者側の能力不足、怠慢にあるのか、それとも、会社の管理不足、仕事の与えすぎにあるのかを、慎重に判断する必要があります。

弁護士に相談に来ざるを得ないような労働問題に発展している事案では、多くの場合には、終わらないほどの仕事があることが、会社側の問題であることが少なくありません。

仕事が終わらないとき、適切な対応をしなければ、違法な長時間労働を強要され、「過労死目前」という恐ろしいことにもなりかねません。かといって、一方的に仕事を断るのも困難な場合もあります。

そこで今回は、終わらないほどの仕事を与えられたとき、労働者側としてとるべき対応を、労働問題に強い弁護士が解説します。

1. 仕事が終わらないと、残業は必須?

違法な長時間労働の見直しが、「働き方改革」における重要なテーマとされています。残業時間が是正された会社もありますが、まだまだ過労死目前の長時間労働を強要する会社もあります。

仕事が終わらず、残業が長引く・・・とお嘆きの労働者の方も、多いことでしょう。

「仕事が終わらないのだから、帰宅するのはおかしい。」、「仕事が終わらないなら残業しなければいけない。」とパワハラ上司やワンマン社長に言われ、疑問、不安に思う労働者に向けて、「仕事が終わらないこと」と残業の関係を、弁護士が解説します。

1.1. 仕事が終わらないと、残業命令は断れない?

仕事が終わっていないと、残業を命令されると断れない、という労働者の方も多いことでしょう。

仕事が終わっていないと、生真面目で責任感の強い性格の労働者ほど、自分の責任ではないか、と感じてしまうかと思います。

しかし、残業命令については、断れる場合もあれば、断れない場合もあります。原則として、会社は、労働者に対して一定の残業を命令する権利がありますから、残業命令に従うべき場合も多いとは思います。

ただ、「仕事が終わるまで、延々と残業をしなければいけないのか?」というと、そうではありません。

翌日に行ってもよい仕事である場合には、終わらない仕事は翌日に行うこととして、残業をほどほどにして帰宅しなければ、過労死ライン(月80時間を超える残業)も目前に迫ってきてしまいます。

1.2. 仕事が終わらないと、持ち帰り残業は必須?

「最初から残業ありき」で仕事を与えている会社の中には、「残業ありき、しかし、残業代はなし。」という会社もあります。

このようなブラック企業では、会社から命令されて持ち帰り残業を強要されたり、真面目で責任感の強い労働者の中には「仕事が終わらないのだから仕方ない。」と、自ら率先して仕事を自宅に持ち帰って行う方もいます。

仕事が終わらない原因が、会社の与える仕事が多すぎることや、能力に比して高度すぎる仕事を与えていることにある場合、持ち帰り残業を明示、または、黙示に会社が指示している、といえる場合も多くあります。

持ち帰り残業が、会社の明示、または、黙示の指示によるものであれば、仕事が終わらない責任は、労働者にはありません。

持ち帰り残業で行った労働時間について、残業代を請求することが、「仕事が終わらない問題」の解決につながります。

2. 「仕事が終わらない」のは誰のせいか考える

仕事が終わらないときは、それが誰のせいかを考え、「自分(労働者側)のせいではない。」と考えるときは、仕事が終わらないからといって、自分を責めすぎるのは禁物です。

仕事が終わらないのが誰の責任であるかどうかは、次のような手順で考えていくとよいでしょう。仕事が終わらないときの理由の突き止め方について、弁護士が整理しておきます。

2.1. 労使間の契約内容は?

「仕事が終わらないのは労働者のせいだ。」というのか、「終わらないほどの仕事を与える会社のせいだ。」と考えるのかは、労使間で、どのような業務を契約内容としているかを、1つの判断基準とすべきです。

例えば、新卒の未経験者で、最初は教育、指導を行わなければならないところ、最初から高度な仕事を与えすぎれば、仕事が業務時間内に終わらないのは当たり前のことです。

労使間で、どのような水準の「能力」があることを前提として、どの程度の「業務量」の仕事をこなすことを前提としているかは、雇用契約書における個別の定め方を、よく精査する必要があります。

2.2. 他の同僚との比較は?

労使間の契約内容で、当然の前提とされている業務量が終わらないとなれば、仕事が終わらないことの責任が労働者側にある可能性があります。

そこで、周囲をよく観察するようにしてください。他の同僚と比較して、あなたが極端に仕事が終わっていないといえる状況でしょうか。

他の同僚もまた、あなたと同様に仕事が終わらなくて悩んでいるとき、それは会社の仕事量が多すぎるせいだと考えた方がよいかもしれません。

この比較をするにあたっては、先ほど説明した「能力」、「業務内容」について、同程度の同僚を比較対象としなければなりません。

2.3. 残業時間は適正?

最後に、残業時間は適正でしょうか。あまりに長い残業があると、精神疾患にり患したり、最悪のケースでは、過労死、過労自殺などを招くことがよく知られています。

労使間で当然に合意した契約内容が履行できておらず、仕事が終わらないのが労働者のせいだとしても、あまりに長い時間、会社に拘束しておくことは不当、違法であると考えてよいでしょう。

3. 仕事が終わらないときの働き方の見直し方

働き方改革関連法案が可決され、「働き方改革」がますます注目されています。

仕事が終わらないとき、その責任が会社、労働者のいずれにあるのかを明確にすることも重要ですが、労使が協力して、できるだけ労働時間内に仕事が終わるよう、働き方を見直していくことも重要です。

不当な作業量を強要されているわけではないものの、会社全体が忙しくて、作業時間が長くなりがちな場合、会社が、労働者に協力して業務の効率化を進めるべきです。

働き方改革でも推奨されている「在宅ワーク」もその1つです。

ただし、「在宅ワーク」を活用して、働き方を見直して「仕事が終わらない問題」を解決しようとするとき、会社による労働時間の把握が適切に行われていないと、次に解説する残業代の未払いの問題が発生することとなります。

労働時間をできるだけ効率化して短くしようとする制度によって、むしろその制度が悪用されることで労働者にとって過酷な労働環境となることは避けなければなりません。

4. 仕事が終わらないときの残業代請求の方法

仕事が終わらず、上司や社長から、終わらなかった仕事の持ち帰りを指示されたときには、自宅での作業にかかった残業時間分の残業代を請求することができます。

会社が労働者に対して、労働を指示したのであれば、仕事が終わらなかったのが、会社、労働者のいずれの責任であるかはともかくとしても、労働した時間分の残業代が発生するからです。

仕事が終わらないとき、少なくとも、労働した時間分の給与をもらうためにも、残業代請求をしましょう。

他方で、上司からの命令がなく、労働者が独断で、自宅に持ち帰って仕事をした場合には、残業代が発生しない場合もあります。

そこで、残業代請求をするにあたっては、明示の命令がない場合には、やはり、仕事が終わらないのが会社による仕事の与えすぎであり、黙示の命令があったのだ、と主張する必要があるでしょう。

5. まとめ

仕事が終わらず苦しんでいる労働者は、非常に多くいます。仕事が終わらずに残業した時間について、すべて残業代が支払われればまだしも、持ち帰って残業をした場合に、残業代が支払われなければ報われません。

更には、仕事が終わらないことは、強いストレスとなります。長時間労働とあわせてストレスを感じると、過労死、過労自殺、メンタルヘルス(精神疾患)などの労働者にとって大きな損害となります。

仕事が終わらず、違法な長時間労働に悩まされている労働者の方は、働き方の見直しや、残業代請求、労災申請などを検討してください。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-残業代
-, , , ,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2018 AllRights Reserved.