不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「 不当解雇 」 一覧

解雇

資格取得できないと「解雇(クビ)」は違法?減給される?

「資格を取得すること」という業務命令は、会社にとって非常に重要なものです。というのも、労働者が、会社に必要な資格を持っているかどうかで、労働者の価値は大きく変わるからです。 そのため、「資格を取得する ...

労働問題に強い弁護士

仕事中のトイレ回数を制限されたら違法?「休憩がとれない!」

お昼の休憩時間ではなくても、仕事をしている間にトイレに行きたくなることはありますよね。 「昨日食べ過ぎた!」「エアコンで体が冷える」といった理由でトイレに行く回数が増えることもあると思います。たとえ仕 ...

労働問題に強い弁護士

外資系企業の労働問題まとめ│弁護士に依頼して解決する方法

「外資系企業」に勤務している労働者の中には、労働トラブルの被害にあっていても「外資系だから仕方ない。」とあきらめてしまっている労働者も少なくないようです。 実際、法律相談に来られる労働者の中には、「外 ...

解雇

解雇と言われたら、退職届を絶対に書いてはいけない理由を弁護士が解説

ブラック企業の中には、「解雇だ!」「明日からクビ!」と言いながら、退職届を書いて提出するように指示する会社も少なくありません。 「解雇(クビ)なのに、なぜ退職届を書くの?」と疑問に思いながら、解雇にな ...

退職

ヘッドハンティングされ転職・退職する時、注意すべき5つのポイント

「終身雇用制の終わり」といわれている今日この頃、ヘッドハンティングをされて転職をする労働者の方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。 ヘッドハンティングをされること、すなわち、社員としてはたら ...

解雇

不当解雇を争いたいけど、雇用契約書がないときの対処法

「不当解雇だ!」と主張して会社と争いたいとき、弁護士から、「雇用契約書を見せてください。」と言われます。 「雇用契約書」は、労働者(あなた)と会社(使用者)との間の、雇用関係のルールを定めるもので、不 ...

解雇

痴漢で逮捕されたとき、会社にバレずに示談するには?

痴漢の疑いをかけられて逮捕されてしまったとき、労働者の立場にあるサラリーマンの方が最も気にするのが「会社にバレるのだろうか。」という点でしょう。 痴漢で逮捕されたことが会社にバレれば、懲戒解雇となるお ...

解雇

不当解雇が無効となっても、復職する必要はありません。

2017/05/08   -解雇
 ,

不当解雇をされてしまった場合に、会社と争う方法を、労働法の専門用語で、「地位確認」といいます。 これは、「不当解雇は無効なので、私はまだ解雇されておらず、労働者です。」という意味です。「労働者として扱 ...

解雇

不当解雇トラブルの解決を弁護士に依頼すると、弁護士費用はいくら?

2017/05/08   -解雇
 ,

不当解雇をされてしまい、会社と労働問題について争いたいという場合、気になるのが「弁護士費用」ではないでしょうか。 不当解雇の争いでは、残業代請求などが合わさることもありますが、本来は「お金の問題」では ...

解雇 雇用保険

不当解雇を争うなら、失業保険は「仮給付」で受け取るべき!

不当解雇を受けてしまい、弁護士に依頼して「会社と争いたい!」と考えたとき、直近の生活のことが気になる労働者の方も少なくないのではないでしょうか。 不当解雇を争いたいのは山々だけれど、生活費のことも心配 ...

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.