不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

「 有給休暇 」 一覧

休日・休暇

GW(ゴールデンウィーク)中日を有給休暇で連休!会社が許可しないと?

今年のゴールデンウィーク(GW)は9連休!という労働者の方も、少なくないのではないでしょうか。 2018年(平成30年)のゴールデンウィーク(GW)は、2018年4月28日、29日、30日が3連休、2 ...

労働相談

メンタルヘルスで退職…有給の事後申請はできる??退職手続は?【労働相談】

※ 個人情報・プライバシーに配慮して実際の相談内容ではありません。法律相談の一例としてご覧ください。 Q. メンタルヘルスでの退職後、有給申請できますか? 会社の業務によるストレスから、うつ病などのメ ...

労災

うつ病で休職しても、賃金(給料)はもらえる??休職者の3つの対応

うつ病などの精神障害を発症してしまうと、労働を続けることが困難となり、休職をせざるを得ないケースも少なくありません。 会社の仕事がつらくて、もしくは、会社内におけるセクハラ、パワハラなどのハラスメント ...

労働問題に強い弁護士

男性社員の育休事情は?取得率はどれくらい?わずか3%

近年、「男性社員の育休」に注目が集まっています。 「育児」というと、「女性の仕事」という決めつけは、もはや古くさい考えだといってよいでしょう。男性であっても、仕事だけしていればよいわけではなく、家事、 ...

解雇

病気でも休めない?休職の申出を拒否(拒絶)されたときの3つの対応

病気にかかったり、持病の腰痛が悪化するなど、会社での通常業務ができないような状態が続くと、「会社を休職したい」とお考えになる労働者の方もいらっしゃると思います。 再就職への不安から、「何とか雇用契約を ...

残業代

年間休日の平均は何日??休日が少ないときの4つの対応と残業代請求

労働者として働く方のほとんどが、「年間休日は何日くらいが普通なのだろう?」という疑問を一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。 労働者としては年間休日は多ければ多いほどよいですが、会社側としては、 ...

休日・休暇

「スモ休」、非喫煙者に最大6日の有休付与は不公平?違法?差別?

いたるところで禁煙が一般的となり、喫煙者には肩身の狭い時代になりました。「嫌煙ブーム」にさらに拍車をかける「スモ休」が、平成29年9月にウェブマーケティング会社「ピアラ」(東京都渋谷区)が導入したこと ...

解雇

何度も退職勧奨されたら違法?どうしたらいい?対処法は?

仕事でどうしてもミスをしてしまうことは、人間ですから誰しもあることです。小さなミスであり、挽回可能であれば、会社側としても注意指導、教育をするのが普通です。 しかし、あなたが、会社内で「問題社員」とし ...

残業代

「休日」と「休暇」は違う!区別を理解し、残業代請求で損しない!

「休日」と「休暇」という言葉は、いずれも「労働をしない休みの日である。」という意味では、共通した意味で使われています。 しかし、労働者が会社に対して残業代請求をするときには、「休日」と「休暇」とを区別 ...

休日・休暇

「病気で有給休暇をとるな!」と言われたら?違法な年休拒否への対応

有給休暇(有休)を取れるかどうかは、労働者の皆さんにとって重大な関心事だと思います。 ゴールデンウィークや連休に合わせて有休を取得し、帰省や海外旅行を楽しむ、という使い方以外にも、急な体調不良や介護、 ...

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2018 AllRights Reserved.