不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「雇用保険」 一覧

雇用保険

雇用保険に未加入だったときの3つの対応と会社の責任

最近、従業員を雇用保険に加入させていなかった、というブラック企業の話がよくニュースになります。 雇用保険は、本来、労働者であれば誰もが加入している保険です。労働者は、毎月の雇用保険料を支払うことで、失 ...

退職 雇用保険

離職票を発行してもらう手続の全手順と、かかる期間を弁護士が解説

会社に務めている間に雇用保険料を支払っていれば、急に会社を退職しなければならなくなった時に、ハローワークで手続することで、求職中の間に失業保険の給付を受けることができます。 失業保険の給付をハローワー ...

解雇 雇用保険

不当解雇を争うなら、失業保険は「仮給付」で受け取るべき!

不当解雇を受けてしまい、弁護士に依頼して「会社と争いたい!」と考えたとき、直近の生活のことが気になる労働者の方も少なくないのではないでしょうか。 不当解雇を争いたいのは山々だけれど、生活費のことも心配 ...

雇用保険

理不尽な異動命令を理由とする退職は「会社都合」│弁護士が教える失業手当を増額するためにできること

明らかに違法な異動命令であれば、労働審判、訴訟などの法的手続で争うわけですが、その境目は判断が困難です。ブラック企業から理不尽な異動命令を受けた場合、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

雇用保険

長時間の残業が続いて退職したら「会社都合」│弁護士が教える失業手当を増額するためにできること

「会社都合」の退職と判断される残業は、通常の想定を超える長時間残業が続く場合です。残業を理由とした退職が「会社都合」退職と評価されて失業手当を増額できる要件を解説します。

雇用保険

給料(賃金)の大幅減額を理由に退職は「会社都合」│弁護士が教える失業手当を増額するためにできること

給料(賃金)が大幅に減額されたことを理由として退職した場合、「会社都合」で失業手当を受給するための要件を解説します。ブラック企業から退職を検討する方は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

退職 雇用保険

失業保険は何か月勤務でもらえる?失業手当の最低加入期間は【12か月】

雇用保険から失業手当を受け取るためには、一定の条件があります。最低加入期間を満たす必要があります。退職を検討され、退職後の生活に不安を抱えている方は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

退職 雇用保険

再就職による就業促進手当と、再就職後の離職による失業手当の再受給

雇用保険では、早期に再就職が決定した場合にも一定の給付があります。加えて、再就職直後に離職した場合に、失業手当の受給を再開することが可能なケースがあります。自身の雇用保険について有利な受給をしたい場合、労働問題に強い弁護士のアドバイスをお求めください。

退職 雇用保険

不正受給の失業給付は3倍返し!悪質な失業手当の不正受給に注意

失業給付の受給継続が、不正受給に該当しないか、心配な事情がある場合には、労働問題に強い弁護士へ相談しましょう。悪質な不正受給に対しては、3倍返しの制裁がなされますし、受給した額の返還が必要なことはもちろん、今後の失業給付の受給にも支障が生じます。

雇用保険

雇用保険加入者の4種類と、パート・アルバイトの雇用保険加入

雇用保険への加入の手続きは、会社が行いますが、この際、雇用保険加入者には4つの種類があります。パート、アルバイトなど、正社員ではない労働者も、一定の条件を満たせば、雇用保険に加入できます。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.