不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

労働問題に強い弁護士

労働組合がない会社でも困らない、労働問題の相談方法は??

投稿日:

労働問題を、労働者側の立場に立って解決してくれる団体として、「労働組合」という言葉を聞いたことがあるでしょう。この「労働組合」とは、どのような団体か、ご理解されていますでしょうか。

「労働組合」という組織名称は知っていても、なかなか身近に感じる機会は少ないかもしれません。というのも、現在、大企業でない限り、会社内に労働組合が存在するという会社は少なくなってきているからです。

労働組合とは、労働者側の立場に立って、労働組合法、憲法などで労働組合に認められた労働三権(団結権・団体交渉権・団体行動権)を駆使して、会社と戦って労働条件の維持、向上を図る組織をいいます。春先に行われる「春闘」がその典型です。

ただし、労働組合の中には、大企業の社内労組のように、労働者のために声を上げて戦うことはもはやないような組織もあります。

そこで今回は、労働組合の基礎知識と、労働組合がない、もしくは、労働者側に立って会社と戦ってくれないという場合に、労働問題をどのように相談、解決すればよいかについて、労働問題に強い弁護士が解説します。

1. 労働組合とは?

労働組合の定義は、労働組合法に、次のとおり定められています。

労働組合法第2条

この法律で「労働組合」とは、労働者が主体となつて自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体又はその連合団体をいう。但し、左の各号の一に該当するものは、この限りでない。
一 役員、雇入解雇昇進又は異動に関して直接の権限を持つ監督的地位にある労働者、使用者の労働関係についての計画と方針とに関する機密の事項に接し、そのためにその職務上の義務と責任とが当該労働組合の組合員としての誠意と責任とに直接にてヽ いヽ触する監督的地位にある労働者その他使用者の利益を代表する者の参加を許すもの
二 団体の運営のための経費の支出につき使用者の経理上の援助を受けるもの。但し、労働者が労働時間中に時間又は賃金を失うことなく使用者と協議し、又は交渉することを使用者が許すことを妨げるものではなく、且つ、厚生資金又は経済上の不幸若しくは災厄を防止し、若しくは救済するための支出に実際に用いられる福利その他の基金に対する使用者の寄附及び最小限の広さの事務所の供与を除くものとする。
三 共済事業その他福利事業のみを目的とするもの
四 主として政治運動又は社会運動を目的とするもの

ただ、この定義は、労働組合を、消極的に定義したものにすぎません。つまり、役員や管理職が関与する団体や、独立性のない団体、政治活動、社会活動を目的とした団体は、労働組合ではないことを定めた内容となっています。

この定義はかなり広く、労働者が主体となって労働条件の維持向上を目的としていれば労働組合になる、とされています。

そのため、労働組合の中には、同じ会社内の社員だけで構成される社内労組もあれば、社外にあり、1人からでも加盟でき、他の会社の社員と、業種、地域などのくくりによって構成される「合同労組(ユニオン)」もあります。

そこで次に、労働組合による労働問題の解決について、そのメリット、デメリットについて、弁護士が解説していきます。

1.1. 労働組合に労働問題を相談するメリット

労働組合は、労働組合法という法律で保護され、大きな権利を与えられています。また、憲法でも労働組合の権利が定められていることは、労働組合がそれだけ重要なものであることを意味しています。

労働者が、単独で会社と交渉をしても、会社の一方的な言い分を押し付けられたり、会社が無視して聞いてくれなかったりして、交渉が不成立に終わることも残念ながらあります。

労働組合は、社員を代表して、他の社員と団結することによって、労働者に不利益となる未払残業代、不当解雇、セクハラ、パワハラ等の問題について、一緒に交渉をしてもらうことができます。

つまり、労働問題に困ったとき、労働組合に相談することによって、労働組合と団結して、労働問題の解決にあたり、一人で交渉するときに比べて、有利に交渉を進めることができるというわけです。

1.2. 労働組合に労働問題を相談するデメリット

労働組合は、労働者を保護し、労働者のために労働条件の交渉を行ってくれる組織ですから、デメリットがあるとすれば、組合費がかかるという点にあるでしょう。

労働組合によって異なりますが、一定の組合費を支払わなければならなかったり、社内の労働組合の場合には、給料から組合費が天引きされることもあります。

また、労働組合は、組合活動を行っており、労働組合の組合員であれば、組合活動に参加することになります。平常時は、組合活動に参加することが時間をとられ、プライベートの時間を割かなければならないと感じる方もいるでしょう。

なお、管理監督者(管理職)の場合、そもそも社内の労働組合には加入することができませんので、注意が必要です。

2. 社内の労働組合は、減少している

最近では、労働組合が社内に存在する、という会社は、減っています。つまり、「うちの会社には、労働組合がないので、どこに相談してよいかわからない。」という労働者の方も増えているのではないでしょうか。

特に、中小企業では、労働組合がない場合が多いでしょう。最近増えているベンチャーなどでは、そもそも設立から日が浅く、労働者も少ないため、会社内で労働組合を作るという文化、風習は存在していません。

労働組合は、労働者を代表して会社と交渉、話し合いを行う組織であることから、36協定などの労使協定を、労働者を代表して会社と締結する権限をもっています。

しかし、労働組合のない会社では、36協定などの労使協定は、労働組合ではなく、会社の社員の過半数を代表する社員を選らび、その労働者が締結する必要があります。労働組合があっても、過半数の社員が加入していない場合も同様です。

また、労働組合がない会社では、身近な労働問題の相談先が社内にはないこととなってしまいかねません。社長や上司が気を使っても、なかなか言いづらいことも多いでしょう。

そこで、労働組合のない会社では、労働問題にお悩みの労働者の方は、社外の組織、機関に相談をすることになるわけですが、次に、労働組合がない場合の労働問題の相談窓口、解決法について、弁護士が解説していきます。

3. 労働組合がない場合の相談窓口

では、現在、非常に低い割合にとどまっている労働組合の組織率を考え、「会社内に労働組合がない。」という中小企業やベンチャー企業の労働者に向けて、労働組合がない場合の労働問題の相談先について、弁護士が解説します。

結論からいいますと、労働組合が社内になくても、労働組合を利用した労働問題の解決策を検討することが可能です。

それが、社外に存在し、労働者1名からでも加盟できる合同労組(ユニオン)の存在です。

3.1. 合同労組に加入する

合同労組(ユニオン)とは、社外にあって、業種や地域ごとに団結した労働組合のことをいいます。

合同労組(ユニオン)であっても、社内にある労働組合と同様に、憲法や労働組合法による、「労働組合」としての権利、保護を受けることができます。労働組合による解決のメリット、デメリットもそのままあてはまります。

合同労組(ユニオン)は、労働者1名でも加入することができるので、勤務している会社の他の社員が加盟していなくても、合同労組(ユニオン)に、労働問題の解決を相談、依頼できます。

合同労組(ユニオン)への加入資格は特になく、パートや契約社員、派遣社員などであっても、労働組合のサポートを受けることができます。

3.2. 労働組合を作る

社内に労働組合が既に存在する場合でなかったとしても、労働者が団結し、労働組合を新たに作ることは自由です。

組合規約を作り、労働者を組織すれば、労働組合としての保護を受けることができます。

労働組合法にしたがった適切な労働組合の団結方法について、さきほど解説しました社外の合同労組(ユニオン)に相談し、支部として設立するという方法となるケースもあります。

3.3. 弁護士に相談する

社内の労働組合を新設する方法、社外の合同労組(ユニオン)に相談をする方法など、労働組合のサポートを受けて労働問題を解決する方法以外にも、労働問題の相談窓口があります。

残業代の未払や労災隠しなど、刑事事件になりうる労働問題については、労働基準監督署、労働局など公的機関に相談することによって、速やかに助言指導がなされ、解決に至るケースもあります。

すぐに解決したい労働問題に直面しており、労働組合による団体交渉などの話し合いでなく、すぐに救済が必要な場合には、労働問題に強い弁護士にご相談ください。

弁護士にご相談いただいた場合には、労働審判や訴訟など、裁判所の手続きを利用した方法によって、より素早く、労働者の権利を実現することが可能です。

4. まとめ

今回は、労働組合によるサポートを受けながら、団体交渉、争議などの方法によって労働問題を解決する方法のメリット、デメリットと、労働組合がない場合の対応について、弁護士が解説しました。

労働組合は、労働組合法による保護を受けていることから、団体交渉、争議などによって労働問題を解決できます。また、社内に労働組合がなくても、合同労組(ユニオン)に相談してサポートを受けることができます。

団体交渉など話し合いによる手段ではなく、裁判所を利用して緊急に解決したい労働問題は、労働問題に強い弁護士へ、お早めに法律相談ください。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-労働問題に強い弁護士
-,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2018 AllRights Reserved.