不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「 退職金 」 一覧

残業代

未払賃金立替払制度とは?倒産しても給与をもらう7つのポイント

日本には数えきれないほど多くの会社があります。その中には、新聞に載るような大企業や有名企業だけではなく、あまり知られていない中小企業・零細企業もたくさんあります。 中小・零細企業は、必ずしも大企業のよ ...

退職金

退職金請求の5つの方法と、退職金が払われないケースの対応

「退職したら必ず退職金をもらえるはず。」と思っていたのに、退職金が支払われなかったという法律相談をされる労働者の方が少なくありませんが、退職金は、すべての労働者が必ずもらえるわけではありません。 とい ...

解雇

何度も退職勧奨されたら違法?どうしたらいい?対処法は?

仕事でどうしてもミスをしてしまうことは、人間ですから誰しもあることです。小さなミスであり、挽回可能であれば、会社側としても注意指導、教育をするのが普通です。 しかし、あなたが、会社内で「問題社員」とし ...

解雇

不当な懲戒解雇をされたときの3つの戦い方

会社から、不当な懲戒解雇を受けてしまったときの戦い方は、1つだけではありません。 労働者が、不当な懲戒解雇に対して異議を述べ、ブラック企業と戦う方法には、労働者(従業員)側の要求する解決方法に応じて、 ...

解雇

不当解雇を争うときの、やってはいけない「べからず」集まとめ

不当解雇を会社から受けてしまった場合、労働問題に強い弁護士に法律相談し、労働審判や訴訟(裁判)で争うことが考えられます。 一方で、生活を守らなければならず、退職金や失業手当を受け取るなどの、金銭の確保 ...

解雇

普通解雇と懲戒解雇の違いは?不当解雇への対応方法

「解雇します。明日から来なくてよいです。」と、使用者(会社)から一方的に通告された労働者(従業員)の方へ向けて、不当解雇への対応方法を、弁護士が解説します。 今回は、「普通解雇」と「懲戒解雇」の違いに ...

解雇

脅されて退職した労働者が、強迫による退職の意思表示を取消す方法

2016/08/24   -解雇
 , , ,

一旦行ってしまった退職の意思表示を、会社側の強迫行為を理由として取消す方法について解説します。強迫によって意に反して退職の意思表示を強要された場合には、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働相談

【労働相談】懲戒解雇が有効と判断された後で退職金を請求。退職金は賃金の後払いと判断されて全額を支払ってもらったケース

2016/08/11   -労働相談
 ,

退職金の不支給・減額は、懲戒解雇が有効であっても認められない場合があります。退職金の制度の性質は、会社に備え置かれた退職金規程などを精査し、退職金の支払方法や、どのような性質の制度となっているか、検討すべきです。

退職金

懲戒解雇では退職金が不支給?退職金の返還請求に応じるべき?

2016/08/11   -退職金
 ,

懲戒解雇の場合や、事後的に懲戒事由となる事情が発覚した場合に、退職金の不支給や減額、退職金の返還請求に労働者が応じなければならないかについて解説します。懲戒解雇をされ、退職金を巡って労働問題となる場合、労働問題に強い弁護士に相談しましょう。

退職金

取締役の退職金について、社長・役員は退任したら退職金がもらえる?

役員退職金は株主総会決議が要件となりますが、役員であるかどうか、形式的な判断ではなく、労働の実態を検討して判断すべきです。役員であるにもかかわらず実態は労働者で、退職に伴って労働者の権利を侵害された場合には、労働問題に強い弁護士へ相談しましょう。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.