異動

解雇

2017/9/30

弁護士が見た!よくある退職強要の10の手口と対処法

会社が、労働者をリストラして人件費を減らしたいと考えたとき、真っ先に手を付けるのが「退職勧奨」です。つまり、まずは、やめてくれそうな労働者を会社から追い出していくということです。 退職勧奨は、あくまでも労働者の自由ですから、これを拒否して退職しないこともできますが、ブラック企業がパワハラ的に退職を強要(退職強要)する場合、事実上、これ以上会社に居続けることは困難なケースも少なくありません。 そこで、ブラック企業によるリストラに負けないために、よくある退職強要の手口と、その対処法について、弁護士がまとめまし ...

配置転換

2017/3/21

子どもの病気を理由に転勤・異動を拒否できる?裁判例をまとめてみた

突然、会社から、転勤や異動を伝えられた場合、ご家族のいらっしゃる労働者の方は、非常にお迷いになることでしょう。 特に、幼いお子さんがいらっしゃり、お子さんが病気にかかっているような場合には、「何としても異動の命令を拒否したい!」と考える方も多いのではないでしょうか。 引越をともなうような長距離の転勤の多い、いわゆる「転勤族」の子どもの場合、深い友人関係をつくりづらい性格になってしまったり、うつ病になってしまったりなど、子どもの性格にも影響するという意見もあります。 一方で、「単身赴任すればよいのでは?」と ...

配置転換

2017/1/31

突然の長期出張は違法?出張命令を断ることができるのか。

ある日突然、長期の出張を命令された場合、労働者(従業員)は、会社の命令にかならず従わなければならないのでしょうか。 労働者(従業員)として雇われている以上、会社の業務命令、出張命令は絶対なようにも思えますが、長期の出張はあまりにも不利益が大きいのではないでしょうか。 たとえば、育児、介護、病気による通院など、さまざまな理由で、特定の場所でしかはたらけない場合には、「地域限定」といって、その営業所でしかはたらく必要はないという契約をします。 しかし、この地域限定社員であっても、就業規則や雇用契約書などで、出 ...

配置転換

2016/8/25

転勤で給料が下がる(減給)…拒否できる?違法な異動の対処法

異動命令を下されたことで賃金が減少する場合、異動命令が違法となるのかどうか解説します。会社の一方的な異動命令に不満がある場合、労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

配置転換

2016/8/25

アルバイトで異動・転勤を命令されたら拒否できる?違法な異動の断り方

アルバイトが異動命令を下された場合、違法かどうか、アルバイトが異動命令を拒否かどうか解説します。会社から命じられた異動命令に不満がある場合、労働問題に強い弁護士に法律相談ください。

配置転換

2016/8/5

違法、不当な異動命令、転勤命令を拒否する方法

異動命令が違法、不当となるケースを解説し、異動命令に対して不満をお持ちの労働者の、異動命令に対する対処法について解説します。異動命令を下されて不満をお持ちの方は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】