最低賃金法

解雇

2018/2/19

同僚がやる気ない…クビ(解雇)にしてもらうことはできる?対応は?

少子高齢化、労働力人口の減少などによって、人材不足がさけばれる中、やる気のない社員であっても雇い続けておかなければならない、という中小企業も少なくないのではないでしょうか。 しかし、やる気のない同僚がいると、その分、他の社員のモチベーションが下がってしまうことも当然のことです。 同僚が仕事にやる気を見せないとき、会社にいってクビ(解雇)にしてもらうことはできないのでしょうか。同僚の立場にある労働者としては、どのように対応したら適切なのでしょうか。 やる気のない同僚にイライラしている労働者の方に向けて、その ...

労働問題に強い弁護士

2017/11/17

アイドルの違法な労働問題と、労働基準法の「労働者性」とは?

最近では、アイドルブームなどによって、芸能界がより身近に感じられることも多くなってきていて、女性であれば、スカウトを受けてモデルをした経験がある、という方もいらっしゃるかも知れません。 しかし一方で、「売れ始めてもお金が貰えない。」など、苛酷な労働環境で酷使されている方もいるようで、「タダ働き」の問題が散見されるようになりました。 長時間働いているのに十分なお金が貰えず、それどころかレッスン料や衣装代を払わされることもあるようです。お子さんがそうした扱いに苦しんでいる、という親御さんもいらっしゃるのではな ...

残業代

2017/9/14

残業代・給与の未払いで、社長を逮捕してもらうことができる?

賃金や残業代の未払いがあったとき、労働者としては、「未払い分の金額を支払ってほしい。」と言う請求は当然ですが、それ以上に、「経営者に制裁を食らってほしい。」という希望を抱く方も少なくないことでしょう。 パワハラの横行するブラック企業で、長時間労働を強要されたあげくに、支払われるべき適切な残業代すら支払われないとすれば、「逮捕されてしまえばよいのに。」という法律相談も、よく理解できます。 労働基準法は、労働者の最低限度の生活を守るためのものであり、その違反に対しては、逮捕、起訴、刑事処罰を含めた、厳しい制裁 ...

採用・内定

2017/8/30

違法インターンに注意!無給でコキ使われたら賃金請求できる!

違法・悪質なインターンで、無給でコキ使われてしまった方は、賃金請求・残業代請求をし、適正な対価を得ることができます。 「インターン」は、企業が大学生に対して、社会人経験、職業体験をさせるため、実際に業務の一部を体験してもらう活動です。 「インターン」には、「サマーインターン」のような季節限定の短期インターンから、通年の長期インターンまでさまざまです。しかし「長期インターン」という名称でありながら、実態は「アルバイト」同様の内容で、労働法違反となっているブラックなインターンもあります。 会社側にとって「イン ...

残業代

2017/8/5

最低賃金が「平均25円」引上げ!2年連続で過去最大の増額!

7月27日に開催された、厚生労働省の第49回中央最低賃金審議会において、平成29年度の地域別最低賃金額改定について、その目安が示されました。 今回示された、地域別最低賃金額改定の目安によれば、平成29年度の引き上げ額は、全国平均25円(昨年度25円)となっており、二年連続で過去最大の上げ幅となる予定です。  「残業代」のイチオシ解説はコチラ!  会社の課題で土日がないときの5つの対応!休日返上の残業代請求は? 「振替休日」と「代休」は違う!区別を理解し、残業代請求で損しない! 未払いの給料を払ってもらうた ...

残業代

2017/7/7

ワタミの求人条件がひどすぎると話題に!法的には違法?適法?

大手居酒屋チェーンの「ワタミ」が、リクルートの運営する「リクナビ」に出している求人広告が、「労働法違反なのではないか?」と話題になっています。 「ワタミ」といえば、過去にも、苛酷な長時間労働や、過労自殺をする従業員がいたことで、社会的にも大きな話題になったため、今回も、話題の求人広告が、適法なのか?違法なのか?が、社会の興味の種となっています。 「求人広告」の内容は、雇用契約の内容それ自体ではないものの、多くの場合には、このとおりの労働条件ではたらくこととなるため、違法な求人広告は許されません。 そこで今 ...

残業代

2017/2/14

残業代請求をするとき、雇用契約書でチェックしたいポイントは?

会社に入社するときには、一般的に「雇用契約書」という書面を取り交わすのが通常です。 どのような労働条件で、どういったお約束ではたらくかを、使用者(会社)と労働者(従業員)との間で、取り決めしておかなければならないからです。 入社するときに雇用契約書すらないようなブラック企業には、入社自体を考え直した方が良いと思いますが、雇用契約書にサインをするときにも、内容をきちんと理解しておかなければ、あまり意味がありません。 内容もよく見ずに結ぶのであれば、雇用契約書が存在しないのとあまり変わらないと言っても過言では ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】