不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「 最低賃金法 」 一覧

労働問題に強い弁護士

アイドルの違法な労働問題と、労働基準法の「労働者性」とは?

最近では、アイドルブームなどによって、芸能界がより身近に感じられることも多くなってきていて、女性であれば、スカウトを受けてモデルをした経験がある、という方もいらっしゃるかも知れません。 しかし一方で、 ...

残業代

残業代・給与の未払いで、社長を逮捕してもらうことができる?

賃金や残業代の未払いがあったとき、労働者としては、「未払い分の金額を支払ってほしい。」と言う請求は当然ですが、それ以上に、「経営者に制裁を食らってほしい。」という希望を抱く方も少なくないことでしょう。 ...

採用・内定

違法インターンシップに注意!無給で長時間労働しない7つのポイント

「インターンシップ」は、企業が大学生に対して、社会人経験、職業体験をさせるため、実際に職場に来てもらって業務の一部を体験してもらう活動をいいます。 インターンシップには、サマーインターンのように季節限 ...

残業代

最低賃金が「平均25円」引上げ!2年連続で過去最大の増額!

7月27日に開催された、厚生労働省の第49回中央最低賃金審議会において、平成29年度の地域別最低賃金額改定について、その目安が示されました。 今回示された、地域別最低賃金額改定の目安によれば、平成29 ...

残業代

ワタミの求人条件がひどすぎると話題に!法的には違法?適法?

大手居酒屋チェーンの「ワタミ」が、リクルートの運営する「リクナビ」に出している求人広告が、「労働法違反なのではないか?」と話題になっています。 「ワタミ」といえば、過去にも、苛酷な長時間労働や、過労自 ...

残業代

残業代請求をするとき、雇用契約書でチェックしたいポイントは?

会社に入社するときには、一般的に「雇用契約書」という書面を取り交わすのが通常です。 どのような労働条件で、どういったお約束ではたらくかを、使用者(会社)と労働者(従業員)との間で、取り決めしておかなけ ...

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.