職業選択の自由

退職

2018/9/8

退職後に、元顧客と取引してもよい?違法?損害賠償請求される?

退職後に、元顧客と取引をする流れになることがあります。その元顧客とは、会社を通じて知り合ったのだとしても、顧客と担当者という関係で付き合っていれば、いずれ個人的な関係へと発展していくものだからです。 退職後の、元顧客との取引は、労働者から依頼する場合もあれば、元顧客から、「ぜひ新しい会社で取引をしてほしい」と依頼されることもあります。 しかし、退職元の会社としては、自分のところでできあがった人間関係なのに、転職先の会社にとられてしまったり、独立起業後の顧客にされてしまったりすれば、不快な気持ちになることで ...

解雇

2018/4/21

キャバクラで副業していることがバレたら解雇(クビ)?不当解雇?

キャバクラで副業していることが会社に発覚してしまい、社長から「正社員として雇用したのに、キャバクラで夜の仕事をするならクビだ!」と、解雇を通告されてしまったという法律相談について、弁護士が解説します。 キャバクラで働く女性労働者の方の中には、昼はOLなど別の仕事をしている方も多くいます。中には、正社員としてフルタイムで勤務しながら、夜はキャバクラ、という方も少なくないことでしょう。 キャバクラなどの水商売で副業しなければ、昼の正社員の給料だけでは生活ができないほど低賃金のブラック企業もあります。昼にOLと ...

解雇

2018/2/21

会社に内緒でアルバイトしたら、解雇されて当然??違法な不当解雇?

「副業」や「兼業」を解禁する会社が、政府の進めている「働き方改革」とともに、ニュースなどで話題になっています。 しかし、まだまだ兼業禁止の会社の方がほとんどですし、会社に迷惑をかけるような深夜や土日のアルバイトなどは、たとえ副業OK、兼業OKの会社であっても許されないケースもあります。 会社に内緒で、アルバイトをしていたことが会社にバレてしまったとき、労働者として、どのように対応したらよいのでしょうか。無断でアルバイトをしていたことを理由に解雇とされてしまったら、違法な「不当解雇」といえるのでしょうか。 ...

労働相談

2017/9/11

退職を申し出たら、仕事を与えられず職場いじめの対象に!【労働相談】

退職を申し出たら、これまでの職場での扱いが突然変わって、仕事を与えられなくなってしまい、精神的に辛い思いをした労働者の方のご相談に、弁護士が回答していきます。 退職を申し出ることは、労働者の自由です。労働者は、憲法上、「職業選択の自由」をもっていますから、どこの会社で働くのも自由であって、したがって、会社を辞めることも自由にできるからです。 この解説のご相談内容は、会社が「辞めてはいけない」、「退職は禁止」と言ったわけではないものの、退職をすることでパワハラ、職場いじめの対象とし、事実上、退職を理由とした ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】