採用

採用・内定

2018/9/1

自己破産したら就職できない?採用に影響する?採用面接で隠せる?

借金が返しきれなくなったときに利用する制度が「自己破産」です。「自己破産」をすると、返しきれなくなってしまった借金の大部分は、裁判所における手続の結果、免責してもらうことができます。 しかし、会社で仕事をしていたり、再就職・転職のために面接をしていたりすると、過去に「自己破産」をしたことが、採用に悪影響を及ぼしてしまうのではないか、という疑問、不安にかられることがあるのではないでしょうか。 「自己破産」と採用などの労働問題の関係について法律相談に来られる労働者の方の心配するほど、「自己破産」をしたことがバ ...

採用・内定

2018/3/8

入社辞退を直前にしたら、会社から損害賠償請求されても仕方ない??

2017年度も、年度末が近づいてきて、新卒入社の方にとっては、そろそろ入社日が迫ってきたという季節になりました。 しかし、雇用情勢の変動、社会の変化は激しく、内定をもらった当時はとても良い会社だと思っていた会社でも、突然の経営不振や、労働問題、労働トラブルがニュースに取り上げられるなど、思いもしない事態となっているケースもあります。 4月入社の場合、入社直前のこの時期に、労働者側の一方的な都合で入社を辞退することは可能なのでしょうか。会社側から、かかった費用を支払うよう、損害賠償請求を受けてしまわないので ...

採用・内定

2018/3/2

女性は採用しない!は違法??妊娠・育児による不採用は違法?

4月から新社会時となる方も多いのではないでしょうか。求職活動をしていると、「結婚してすぐに退職してしまうのではないか。」、「教育するだけ無駄だ。」といわれて、「女性」であることを理由に採用されないという経験をしたことのある女性労働者の方もいるのではないでしょうか。 女性であることだけを理由に採用拒否をするのは不当ではないか?という女性労働者の不安、疑問はもっともなことですが、一方で、会社にとって、「採用」は会社の自由に決められるものであるという考えの強いところです。 女性であることだけが理由ではない場合で ...

採用・内定

2018/1/22

卒業できなかったら内定取消?!内定取消は無効?損害賠償請求できる?

苦労をした就職活動の末に、内定を取得し、あとは卒業旅行やアルバイト三昧・・・と甘くみていた結果、単位をとれずに留年、卒業失敗となってしまう学生が、毎年でてきます。 せっかく内定を取得したのに、卒業できない場合には、その内定は取り消されてしまうのでしょうか。会社が学生の内定を一方的に取り消した場合、その内定取消は無効ではないのでしょうか。 もし、企業による「内定取消」が違法な場合には、学生はその会社に入社することができますし、損害賠償や慰謝料を請求できることになります。 「内定」に過ぎず、まだ入社していない ...

採用・内定

2017/10/3

内定式に起こる6つの労働問題を弁護士が解説!内定取消、求人詐欺など

2018年卒の就活生の方は、今年も10月1日、10月2日に、「内定式」に参加された方も多いのではないでしょうか。 採用・内定をめぐっては、労働問題、トラブルも多く起こっています。希望通りの内定が決まり、順風満帆であっても、労働問題に注意しなければなりません。 例えば、「内定式」は終了したかと思いますが、内定をもらったときに、労働条件の通知をもらいましたか?自分が、内定先でどのような条件で雇用されるか、きちんと把握していますでしょうか。 雇用するときに労働者に対して労働条件を通知しないことは労働基準法違反で ...

採用・内定

2017/9/16

内定取消しで社名公表?厚労省の調査状況【2017年9月】

厚生労働省は、2017年9月15日、新卒内定取消し状況についての調査結果を発表しました。 このうち、「事業活動縮小を余儀なくされているとは明らかに認められない」などの事業所として、次の5社について企業名公表に踏み切りました。 社名を公表されることは、企業イメージが大きく低下するおそれのあるものですから、特に問題のある内定取消しがあったと、厚生労働省が評価しているという意味を持ちます。  内定取消しによる企業名公表(2017年)  神戸製作所(茨城県) メディカルサポート(千葉市) たちばな保育園(新潟県) ...

採用・内定

2017/8/30

違法インターンに注意!無給でコキ使われたら賃金請求できる!

違法・悪質なインターンで、無給でコキ使われてしまった方は、賃金請求・残業代請求をし、適正な対価を得ることができます。 「インターン」は、企業が大学生に対して、社会人経験、職業体験をさせるため、実際に業務の一部を体験してもらう活動です。 「インターン」には、「サマーインターン」のような季節限定の短期インターンから、通年の長期インターンまでさまざまです。しかし「長期インターン」という名称でありながら、実態は「アルバイト」同様の内容で、労働法違反となっているブラックなインターンもあります。 会社側にとって「イン ...

採用・内定

2017/8/18

「身元保証書」は提出しなければならない?義務?提出しないとどうなる?

就職活動が終了し、晴れて会社への入社が決まると、今度は、会社に入社するための書類を、会社の指示にしたがってたくさん書かなければなりません。 入社に関する書類の中に「身元保証書」という書類が含まれていることがよくありますが、「身元保証書」とはどのようなものでしょうか。 一般的な「身元保証書」を一見すると、「損害賠償」、「連帯保証」など、労働者に不利な内容が含まれているのでは?と不安になることでしょう。 そこで今回は、「身元保証書」を会社の指示に従って提出しなければならないのか、また、提出しないとどのような不 ...

採用・内定

2017/8/16

出身地で採用差別するのは違法?就職差別への対応策

就職活動中の学生や転職活動をしている労働者の方は、「内定」をとるために全力で就職活動に励んでいかと思います。 就職活動の中で、「不採用」の通知を受けることは、まるで就活生の人格を否定されたかのように感じ、辛く悲しい気持ちになる方も多いのではないでしょうか。 不採用の理由が、「会社にあわなかったから」「求める能力が異なったから」といった、本人の努力次第で改善できるものであれば納得もできるでしょう。 しかし、自分の力ではどうにもできない「出身地」を理由に不採用とされた場合、不採用を受けた就活生としては、到底納 ...

セクハラ

2017/8/9

就活セクハラの被害にあったら、対処法は?会社にも責任追及できる?

最近、「就活セクハラ」と呼ばれる、新しいタイプのセクハラが増えています。 昔ながらのOB訪問から、焼肉を食べながら面接する「ニクリーチ」など、会社「外」での就活が増えましたが、その反面、会社の目が行き届かないところで就活生をねらう「就活セクハラ」も深刻化しています。 内定がかかった就活生にとって、「就活セクハラ」は抵抗しにくく、非常に悪質です。「就活セクハラ」の被害に合わないために、「就活セクハラ」の実態、どのような対処法があるかを知っておく必要があります。 今回は、「就活セクハラ」にまつわる問題について ...

採用・内定

2016/8/27

オワハラの対処法と具体例!違法なオワハラに負けない就活

オワハラの具体例と、オワハラ被害を受けた場合の就活生の対策について解説します。労働者にも入社する会社を選択する権利があります。入社前の会社とトラブルとなりそうな場合には、労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

採用・内定

2016/8/9

試用期間中の解雇、本採用拒否は違法?不当?不当解雇への対応

試用期間中に会社から注意指導を繰り返され、本採用拒否、解雇が予想される場合、労働問題に強い弁護士へご相談ください。試用期間中であっても、既に既に正社員として雇用されているので、不合理な本採用拒否は無効です。

採用・内定

2016/8/5

入社前の内定者研修は義務?タダ働きの新人研修を拒否する方法

会社の入社前の内定者研修について、法律上義務づけられているかどうか、また、拒否した場合に、どのような処分がなされるのかについて解説します。研修の負担が重くて学業がおろそかになったり、内定者研修が、就職活動の継続を妨げている、という場合もあり、労働者の不利益は大きいといえます。

採用・内定

2016/8/4

賞罰欄の経歴詐称は解雇?賞罰欄に逮捕歴、少年犯罪歴、補導歴の記載は必要?

賞罰欄の記載について、裁判例をもとに解説します。前科、補導歴、逮捕歴など、記載に迷う事柄について、労働者にも、自分に不利な事実を積極的に会社に対して告知する義務まではありません。

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】