弁護士費用

労災 残業代

2017/9/29

過労死について弁護士に相談する方法と、5つのポイント、弁護士費用

過労死によってお亡くなりになってしまった労働者の遺族の方は、過労死してしまうほどの長時間労働を強要した会社に対して、責任追及をしたいという気持ちを強くお持ちなのではないでしょうか。 過労死してしまうほどの長時間労働について、残業代の払われないサービス残業であった場合には、残業代請求もできるのは当然ですが、より大きな責任追及となるのが、「精神的苦痛に対する慰謝料」です。 過労死による会社に対する慰謝料を請求する際には、「労働審判」による方法もあるものの、労働者の生命にかかわる重大な問題であるため、訴訟でより ...

解雇

2017/5/8

不当解雇トラブルの解決を弁護士に依頼すると、弁護士費用はいくら?

不当解雇をされてしまい、会社と労働問題について争いたいという場合、気になるのが「弁護士費用」ではないでしょうか。 不当解雇の争いでは、残業代請求などが合わさることもありますが、本来は「お金の問題」ではありません。 金銭には代えがたい、「不当解雇をされてしまった。」という、「労働者としての地位」の問題であり、「問題社員かどうか。」という名誉、尊厳の問題といっても過言ではないでしょう。 とはいえ、労働問題を会社と争ったことによって、弁護士費用が高くなりすぎてしまい、結果的に、労働者が損をしてしまっては、元も子 ...

労災

2017/5/3

労災申請の手続きを、弁護士に依頼するメリットと弁護士費用

会社の業務を原因として傷病にかかってしまったときには、「労災申請」をして、労災保険からの給付を受けることができます。 会社が、労災申請の手続きに協力的である場合には、会社の指示にしたがって、記載すべき内容を記載していけば、労災の申請を行ってもらえるケースも多くあります。 労災申請に対して会社が非協力的である場合や、そもそも「労災であるかどうか。」について、会社との間で争っている場合であっても、あきらめる必要はなく、労働者だけでも労災申請をすることができます。 今回は、労働者だけで労災申請をしなければならな ...

労働問題に強い弁護士 解雇

2017/3/24

解雇されたら、いつ弁護士に法律相談するのが一番いいの?

弁護士に法律相談をするというと、非常にハードルが高く感じてしまう労働者の方も多いのではないでしょうか。 法律事務所へ相談にいくことにしり込みして、ついつい法律相談のタイミングが遅くなってしまいがちなのも、労働問題の特徴です。 勤めている会社から「解雇」と突然通告を受けたとき、また、「退職をしてほしい。」と退職強要を受けたとき、いつ、どのタイミングで弁護士に法律相談するのが一番よいのでしょうか。 いつ法律相談をすれば、最も労働者にとって有利な解決ができるのでしょうか。 解雇の問題を、弁護士に相談すべきタイミ ...

残業代

2017/2/10

残業代請求の弁護士費用は?法律相談・着手金は無料!

残業代請求を弁護士に依頼する場合、心配になるのは「弁護士費用」の問題ではないでしょうか。 残業代は、労働者がはたらいたことに対する適正な対価ですから、請求して当然です。残業代請求をすることには、メリットばかりです。 したがって、唯一残業代請求でデメリットとなりうるのが、費用の問題です。 弁護士費用が高額になりすぎ、「残業代を回収できたものの、かかった弁護士費用の方が高かった。」というのでは、元も子もありません。 「残業代請求をしなければよかった。」と後々に後悔しないためにも、残業代請求をする際の「適正な」 ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】