裁量労働制

残業代

2018/8/31

「裁量のない裁量労働制」は違法?残業代請求できる?【弁護士解説】

「裁量労働制」というキーワードを耳にすることがあるのではないでしょうか。「裁量労働制」は、残業代請求をするときに、「残業代が発生しない制度」という意味で語られることがよくあります。 しかし、長時間労働から労働者を守る重要な権利である「残業代」を発生しづらくなる制度であることから、「裁量労働制」には、厳格な要件(条件)が定められています。 ブラック企業による、「裁量労働制」の悪用、残業代不支給の問題は深刻です。「裁量労働制」を適用された結果、実際の残業時間とは関係なく一定時間だけ労働したものとみなされるから ...

残業代

2017/1/17

SEは残業代を請求しよう!SEの違法残業はブラック企業の象徴!

SEのブラック残業は非常に有名です。IT企業は、ベンチャー、中小企業が中心で、どうしても労働法を守り切れないブラック企業の割合が多くなります。 SEを多く雇用しているIT企業、IT会社では、SEの労働時間は、売上に直結します。というのも、SEが手を動かせば動かすほど、売り上げが上がり、会社が儲かるからです。 しかし、SEの違法残業によって、SEが酷使され、心身を疲弊していきます。SEの過労死、過労自殺がよくニュースになることからも、SEがサービス残業、違法残業が非常に多く、危険な状態にあることがわかります ...

残業代

2016/8/18

年俸制の残業代の請求方法は?「年俸制だから残業代なし」は嘘!

年俸制だけを理由に残業代を支払わないブラック企業の手口は違法の可能性が高く、相当高額な残業代を請求できるケースもあります。年俸制で残業代が発生していない方は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】