不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

「 業務命令 」 一覧

セクハラ 解雇

セクハラ加害者が、自宅待機命令を受けたら知っておきたい5つのこと

会社でセクハラをしてしまった労働者の方の中には、長期間の自宅待機を命じられて、不安をお感じの方も多いのではないでしょうか。 自宅待機中にネット検索して、「自宅待機、懲戒処分」といったキーワードが目に付 ...

労働問題に強い弁護士

Jアラートが鳴っても会社は休みにならない?遅刻は許される?減給?

北朝鮮がミサイルを発射したことが、ニュースで話題になっています。北朝鮮のミサイル発射に伴い、平成29年(2017年)8月29日、9月15日の2度、「Jアラート」が発令されました。 「Jアラート」は、弾 ...

解雇

職場のスマホいじりは禁止?業務中のスマフォいじりで懲戒処分は適法?

スマートフォン(スマホ、スマフォ)が普及し始めたのはごく最近ですが、スマホは、通話やメールに限らず、ウェブブラウザや様々なアプリケーションを搭載しており、その利便性の高さから、私達の生活に欠かせないも ...

解雇

会社に所持品検査を命に、従う義務ある?拒否したら解雇?

会社に、所持品検査をすると命令された場合、労働者としては、従わなければならないのでしょうか。 所持品検査の命令に従わないと、所持品検査への拒否だけを理由に、懲戒処分や減給、最悪のケースでは「懲戒解雇」 ...

労働問題に強い弁護士

仕事中のトイレ回数を制限されたら違法?「休憩がとれない!」

お昼の休憩時間ではなくても、仕事をしている間にトイレに行きたくなることはありますよね。 「昨日食べ過ぎた!」「エアコンで体が冷える」といった理由でトイレに行く回数が増えることもあると思います。たとえ仕 ...

配置転換

転勤で給料が下がる(減給)…拒否できる?違法な異動の対処法

異動命令を下されたことで賃金が減少する場合、異動命令が違法となるのかどうか解説します。会社の一方的な異動命令に不満がある場合、労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

パワハラ

パワハラの証拠収集と、慰謝料のためパワハラ直後の対処法

パワハラ被害者の立場になってしまった場合の証拠収集と責任追及の方法について解説します。パワハラ被害を受けた場合には、我慢せず労働問題に強い弁護士にご相談ください。

残業代

残業が禁止だと残業代が支払われない?残業禁止でも残業代請求する方法

残業代請求が可能かどうかは、労働の実態で判断すべきで、形式的に表向きの残業禁止命令によって残業代支払義務を免除されるわけではありません。残業が禁止であるとの理由で残業代請求を拒否された場合は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.