復職

労災

2018/3/2

うつ病で休職して、復職するとき労働者が注意すべき3つのこと

うつ病で働けなくなり、休職を余儀なくされてしまった場合であっても、その後に復職できれば、また働き続け、活躍することも可能です。 しかしながら、うつ病で休職した後に復職するとなると、復職のタイミングは、労働トラブルとなるケースの多い、非常に難しい時期であると言わざるを得ません。 うつ病で休職してしまっても、メンタルヘルス、過労死、過労自殺などとはならず、労働問題を乗り越えて長く働くためには、円滑な復職に向けて、そのポイントを理解しておくことが重要となります。 そこで今回は、休職していた労働者がスムーズに復職 ...

解雇

2017/5/8

不当解雇が無効となっても、復職する必要はありません。

不当解雇をされてしまった場合に、会社と争う方法を、労働法の専門用語で、「地位確認」といいます。 これは、「不当解雇は無効なので、私はまだ解雇されておらず、労働者です。」という意味です。「労働者として扱ってくれ!」という請求内容です。 このように言うと、「不当解雇が無効となった場合には、復職して働かなければならないのか。」と理解される労働者の方も多いことでしょう。 実際、法律の建前は、そのようになっています。したがって、不当解雇の争いで勝てば、会社で働かなければならないこととなります。 しかし、「解雇されて ...

労災

2017/3/25

会社が、休職後の復職を認めてくれないときの対応策は?

病気になってしまったため、会社の許可をもらって休職ができたとしても、復職を認めてもらえないという法律相談について解説します。 休職制度がどのような内容となっているかは、会社の就業規則に書いてあることが一般的です。会社のやり方に納得がいかない場合には、まずは就業規則を見てみましょう。 就業規則を見ることができない会社はブラック企業です。労働基準法で、「1事業所あたり10人」の労働者(従業員)がいる場合、就業規則を作成し、労働者(従業員)に閲覧させることが会社の義務となります。 一般的な休職制度では、休職をし ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】