少額訴訟

残業代

2017/2/2

未払いの給料を払ってもらうため、労働者が注意すべきポイント

普通にはたらいていれば、給料が支払われなくなることなどなかなかないと思いがちです。給料を払われなければ、はたらかなければよいわけです。 しかし、ブラック企業では、想定外のことがよく起こります。はたらいたのに、労働した分の給料(賃金)がまったく払われないという事態になったときでも、労働者保護がされています。 会社ではたらき続ける場合、「給料が払われていません。」「賃金を払ってください。」と、面と向かってはなかなか言いづらいかもしれません。 「いつか払ってもらおうと思っていた。」ということだと、会社が倒産して ...

残業代

2017/1/18

少額訴訟で残業代請求する方法!60万円以下の残業代もあきらめない

残業代請求をお考えの労働者の方の中で、残業時間がそれほど多くなく残業代が少ないため、あきらめてしまった方も少なくないのではないでしょうか。 しかし、少額の残業代であっても、労働者(あなた)がはたらいた正当な対価です。 「少額であるから。」「短時間の残業時間に過ぎないから。」というだけで、残業代請求をあきらめてしまうのはもったいないといえます。 特に、その他、不当解雇やパワハラなどの不当な仕打ちを受けていた場合、せめて残業代だけでも適正な金額をもらうべきです。 60万円以下の少額の残業代を請求するためには、 ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】