公益通報者保護法

労働問題に強い弁護士

2017/10/5

労働問題の「もみ消し」に対抗する5ポイントと内部告発、公益通報

会社の中で労働者を苦しめる労働問題には、長時間のサービス残業やセクハラ、パワハラ等、様々なものがあります。 違法行為について、加害者である上司や同僚、監督をすべきであった会社に対して責任追及できるのは当然ですが、しかし、悪質なブラック企業では、これらの労働問題に関する不祥事を「もみ消す」というケースが跡を絶ちません。 被害を受けた労働者としては、何とかして事実を明らかにし、会社に適切な対応を求めたいところでしょう。あるいは、加害者や会社に責任を追及して、労働審判や裁判で、不祥事によって受けた不利益を回復し ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】