運送業

「運送業」の法律相談について、労働問題を得意とする弁護士が解説します。

運送業をいとなむ運送会社では、非常に多くの労働問題が発生しています。トラックドライバーはもちろん、内勤の方からも、多くの法律相談をお受けしています。

運送会社ではたらく労働者から、特によくお受けする労働問題の法律相談は、次のようなものです。

残業代が一切支払われない。
長時間労働を強要されている。
休憩時間、睡眠時間をとることができないシフトを組まれている。
給料から、トラックのレンタル料など不当な控除がされている。
パワハラ(現場で怒鳴られる、理不尽な業務命令など)
一方的な即日解雇(不当解雇)

運送会社の中には、労働者を使い捨てるブラック企業も少なくありません。

あなたの労働環境が過酷で、ブラック企業なのではないかと不安に感じる方は、労働問題に強い弁護士に法律相談ください。

残業代

2017/8/18

デジタコ・タコグラフ義務化の拡大!ドライバーの残業代請求にメリット

運送会社に勤務されているトラックドライバーの人であれば、デジタコ、タコグラフはなじみがあるのではないでしょうか。 タコグラフ、デジタコは、運転距離などを記録するために、車両に装着されている機械のことをいいますが、労働者の正当な権利を守るためにも、タコグラフなどの機器は有効活用することができます。 特に、違法な長時間労働を是正してもらったり、適切な残業代請求をしたり、労働時間が長く過労死、過労自殺などの最悪のケースにいたったときの労災認定の資料となったり、といった活用が考えられます。 今回は、そんなタコグラ ...

解雇

2017/1/28

交通事故、交通違反で解雇されたら?「飲酒運転=懲戒解雇」は妥当?

車で交通事故を起こして懲戒解雇になったというニュースをよく耳にします。 特に、バスの運転手、タクシーの運転手、運送会社のトラックドライバーのように、自動車の運転を仕事にしているような労働者(従業員)の場合、交通事故が解雇の理由となることがよくあります。 これに対して、私生活で交通事故をおこしてしまったら、仕事をすぐにクビになるかというと、そうではありません。 会社が労働者に対して命令ができるのは、あくまでも業務時間のみであり、私生活上の時間、つまりプライベートな時間に起きたことは、会社とは無関係であるのが ...

残業代

2016/9/1

運送会社に残業代を請求しよう!運送業の違法残業は深刻!

運送会社のトラック運転手の違法な長時間労働、残業について解説します。運送会社は送検事例が多く、36協定違反の違法残業が横行しています。未払い残業代の請求を検討している方は、労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】