不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

「 退職金 」 一覧

解雇

脅されて退職した労働者が、強迫による退職の意思表示を取消す方法

2016/08/24   -解雇
 , , ,

一旦行ってしまった退職の意思表示を、会社側の強迫行為を理由として取消す方法について解説します。強迫によって意に反して退職の意思表示を強要された場合には、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労働相談

【労働相談】懲戒解雇が有効と判断された後で退職金を請求。退職金は賃金の後払いと判断されて全額を支払ってもらったケース

2016/08/11   -労働相談
 ,

退職金の不支給・減額は、懲戒解雇が有効であっても認められない場合があります。退職金の制度の性質は、会社に備え置かれた退職金規程などを精査し、退職金の支払方法や、どのような性質の制度となっているか、検討すべきです。

退職金

懲戒解雇では退職金が不支給?退職金の返還請求に応じるべき?

2016/08/11   -退職金
 ,

懲戒解雇の場合や、事後的に懲戒事由となる事情が発覚した場合に、退職金の不支給や減額、退職金の返還請求に労働者が応じなければならないかについて解説します。懲戒解雇をされ、退職金を巡って労働問題となる場合、労働問題に強い弁護士に相談しましょう。

退職金

取締役の退職金について、社長・役員は退任したら退職金がもらえる?

役員退職金は株主総会決議が要件となりますが、役員であるかどうか、形式的な判断ではなく、労働の実態を検討して判断すべきです。役員であるにもかかわらず実態は労働者で、退職に伴って労働者の権利を侵害された場合には、労働問題に強い弁護士へ相談しましょう。

退職金

中小企業退職金共済(中退共)に加入した労働者の退職金はいくら?

2016/08/10   -退職金
 , ,

「退職金を支払いたくない。」「問題行為があったので退職金を減額する。」など、もらえるはずの退職金がもらえないトラブルが起こりそうな場合は、早めに労働問題に強い弁護士へ相談しましょう。

退職金

退職時の退職金、残業代、未払い賃金は、いつまでに支払われるの?

2016/08/04   -退職金
 ,

退職金は、労働法で支払いが会社に義務付けられているものではありません。賃金や残業代など、法律上絶対に支払わなければならないものとは違って、退職金を支払うかどうかは、会社の自由な判断に任されているのです。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2019 AllRights Reserved.