民事調停

残業代

2017/2/2

未払いの給料を払ってもらうため、労働者が注意すべきポイント

普通にはたらいていれば、給料が支払われなくなることなどなかなかないと思いがちです。給料を払われなければ、はたらかなければよいわけです。 しかし、ブラック企業では、想定外のことがよく起こります。はたらいたのに、労働した分の給料(賃金)がまったく払われないという事態になったときでも、労働者保護がされています。 会社ではたらき続ける場合、「給料が払われていません。」「賃金を払ってください。」と、面と向かってはなかなか言いづらいかもしれません。 「いつか払ってもらおうと思っていた。」ということだと、会社が倒産して ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】