接待交際費

解雇

2017/8/8

経費を不正に計上したら違法?横領?懲戒解雇されてもしかたない?

営業の現場では、会社の経費を利用して業務を行うことが日常となっています。営業マンの場合、接待交際費、交通費などの名目で、経費を会社に申請し、利用することができるという労働者の方も多いのではないでしょうか。 ある日突然魔がさして、「経費を不正に多く計上してしまった。」とか、、「架空経費を計上して私的に流用してしまった。」というケースでは、「後悔先に立たず」といいますか、後日、制裁(ペナルティ)を受ける恐れが高いといえます。 横領の金額によっては、懲戒解雇はもちろんのこと、「業務上横領罪」によって刑事罰を受け ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】