勘違いセクハラ

セクハラ

2018/4/10

勘違いセクハラとは?ジョーク、恋愛失敗がセクハラになる4ケース

勘違いセクハラ、というケースをご存じでしょうか。セクハラ加害者とされる人の中には、悪意をもってセクハラを行う人ばかりではありません。 セクハラ加害者といわれてはじめて「被害者は喜んでいなかったのか。」「好きだからやっていたのに。」などと気づき、セクハラをしているとは全く思ってもみなかった、というケースが、「勘違いセクハラ」の典型例です。 被害者にとってはセクハラだと感じられていても、セクハラを行っている当の本人は勘違いしており、セクハラではなく、「ジョーク」、「誠実な恋愛」あるいは「相手にも好意がある」と ...

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】