不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

「 労働基準法 」 一覧

残業代

社内行事は残業代が支払われる?参加を強要されたら労働時間になる!

新年となり、会社でも多くの社内行事、イベントが開催されることが多いのではないでしょうか。 労働者にとって、会社や、その経営者の意思にしたがわされ、行きたくもない社内行事、イベントに、内心いやいや参加を ...

採用・内定

オワハラの対処法と具体例!違法なオワハラに負けない就活

オワハラの具体例と、オワハラ被害を受けた場合の就活生の対策について解説します。労働者にも入社する会社を選択する権利があります。入社前の会社とトラブルとなりそうな場合には、労働問題に強い弁護士へ法律相談ください。

解雇

解雇予告手当の請求方法と、即日解雇されたときの労働者の対応方法

即日解雇された労働者が、どのような場合に解雇予告手当を請求できるのか、また、解雇予告手当を請求する方法について解説します。理不尽な即日解雇を受け、解雇に納得のいかない労働者は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

労災 残業代

過労死ライン【80時間】は違法な長時間残業?弁護士が教える労災認定と、長時間労働を減らす方法

過労死ラインを超える違法な長時間残業に対し、労災認定の取得を初め、ブラック企業への対抗手段により、長時間労働をできる限り減少させる方法の解説。ブラック企業の長時間残業で心身を疲弊した方は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

休日・休暇

弁護士が教える有給休暇を取得する方法!有休がとれない会社は違法!

有給休暇は正当な権利であり、弁護士等の協力によって容易に実現可能です。有給休暇の取得方法とルールを解説します。有給休暇を全く取得できない場合、適切な労働条件を求めて会社と交渉するために労働問題に強い弁護士へご相談ください。

残業代

残業が禁止だと残業代が支払われない?残業禁止でも残業代請求する方法

残業代請求が可能かどうかは、労働の実態で判断すべきで、形式的に表向きの残業禁止命令によって残業代支払義務を免除されるわけではありません。残業が禁止であるとの理由で残業代請求を拒否された場合は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

残業代

管理職が残業代を請求する方法!「名ばかり管理職」と「管理監督者」の違い

管理職扱いとなって残業代が支払われないが、「名ばかり管理職」ではないかと疑問がある方は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。管理職扱いでも残業代請求ができるケースもありますから、残業代請求を諦めるべきではありません。

残業代

36協定(サブロク協定)を締結しない残業は違法!36協定の上限とは?

残業代の請求を検討している方は、労働問題に強い弁護士へご相談ください。36協定の締結の仕方に違法、不適切な点があったり、36協定の運用が間違っていたりする場合には、やはり未払い残業代を請求できるケースも少なくないといえます。

解雇

不当解雇を労働審判、訴訟で争う期間中、他の会社で働いてもOK?

安心して不当解雇を争うためにも、生計を立てるための他社での就労は、争いが長期化するのであれば積極的に検討すべきです。不当解雇について争う場合には、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2019 AllRights Reserved.