健康保険

労災

2017/10/18

労災隠しに対する4つの対応策と、労災隠しの具体例・違法性

最近、有名企業の過労死問題が報道されたことで、労働災害(労災)に対する社会の関心は高まっています。 スキャンダラスな報道が注目される一方で、労働災害(労災)の事実がなかなか発覚しない、という根本的な問題への関心は、そこまで高くないようです。 しかし、「バレなければいい。」という甘い考えのもとに「労災隠し」をするブラック企業に苦しむ労働者の方は少なくありません。「労災隠し」には、ただ発覚しないという以上に大きな問題も潜んでいます。 今回は、「労災隠し」の危険と、その対処法について、労働問題に強い弁護士が解説 ...

健康保険 年金

2016/8/17

パート・アルバイトも厚生年金保険、健康保険に加入できる!【平成28年10月~】

保険の加入を含めた労働条件について、会社の扱いに疑問がある場合には、労働問題に強い弁護士へご相談ください。パートタイマーやアルバイト社員が正社員の4分の3未満の労働時間であっても厚生年金保険、健康保険に加入できる要件について解説します。

健康保険 退職

2016/8/5

私傷病で退職後、傷病手当金(健康保険)を受給し続けるポイント

私傷病休職の後、労働者が退職した場合に、退職後も傷病手当金による十分な補償を受け続けるために注意すべき法律知識を解説します。私傷病により欠勤が続く場合、就業規則に従って休職が命じられ、休職期間が満了すると自然退職となるのが一般的です。休職期間は無給であるのが一般的です。

健康保険 退職

2016/8/3

【健康保険】会社を辞める前後に行う手続の流れと、任意継続

会社が、健康保険の手続きをあなたの代わりに行い、保険料を給料から天引きして収めてくれていました。会社を退職した後は、健康保険の手続きについては、国民健康保険への切り替えを行うか、任意継続を行うかの2種類の選択肢があり、どちらが有利かを判断して選択する必要があります。

お問い合わせ

© 2020 労働問題の法律相談は弁護士法人浅野総合法律事務所【労働問題弁護士ガイド】