不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

労働相談

【労働相談】求人票と全く異なる内容の労働条件だったブラック企業から即退職。会社都合?自己都合?

投稿日:

人物(嘆く)

  1. この度、ハローワークで求人内容を見て応募し、無事、採用されることが決まりました。その会社は、社員数20名程度の小規模な製造業の会社でした。

    採用面接では、私の同業種での経験と知識を生かして、リーダーとして部下をけん引してほしいと大きな期待を感じたので、ぜひ力になりたいと考えて入社を決めました。

    ハローワークでの求人票でも、職種として製造部門のリーダーと特定されており、給与も、一般の従業員より優遇された労働条件となっていました。

    この内容であれば、私としても前職より多くの給与を頂けることとなるため、やりがいも感じていました。

    しかし、入社してみると、社長の態度は一変しました。私の態度が気に入らなかったのか、事あるごとに私に対して暴言を吐いて怒鳴りつけるようになりました。

    それどころか、入社してすぐ、「今はリーダーのポジションに空きがないので、まずは現場の修行から始めてほしい。」「同業種の経験があるとはいえ、うちの会社は新入社員なわけだから、うちの会社のやり方を下っ端から学んでもらわないといけない。」と言われ、リーダーの職にすらつけてもらえません。

    当然ながら、新卒1年目の社員と同様、平社員の給与しかいただけていません。

    あまりに求人票の内容と違いすぎ、「求人詐欺」に遭った、と考えておりますので、このようなブラック企業にいつまでも務めている気はなく、退職を考えていますが、一つ心配なのは、雇用保険の点です。

    私も、妻子を養わなければならず、特に子供は現在受験を控え、私が一家の大黒柱として家計を支えなければなりません。自己都合退職扱いとなって、退職後すぐに失業手当がもらえないとなると、家計へのダメージが大きすぎ、退職に躊躇してしまいます。

    ご経験も十分におありとのことで、他の選択肢を探せたにもかかわらず、求人票と採用面接で騙され入社してしまった会社のせいで、雇用保険が給付制限期間付きとなってしまうのでは踏んだり蹴ったりです。

    悔しい気持ちは痛いほどわかります。

    ご相談内容のケースの場合、会社都合の退職として、失業手当は給付制限期間なく受給できる可能性が高いと考えられますので、ご安心ください。

    ただし、ハローワークで、会社の責任によって退職せざるを得なくなったことを立証しなければならず、そのためには、客観的な証拠が重要となります。

    全く準備をせずに退職を先行させ、いざ失業給付を受給しようとなったときに自己都合と認定されてしまわないよう、退職前にきちんと準備しておく必要があります。

    以下の知識を参考に、労働問題に強い弁護士へご相談ください。

求人票は労働条件そのものではないが、労働条件と著しく相違すれば会社都合の失業給付

失業手当の受給において、会社都合退職と認められる要件として、次の要件があります。

労働契約の締結の際に、明示された労働条件が事実と著しく相違したことにより離職した者

求人広告は、労働契約の内容に必ずしもなるものではありません。求人広告によって会社が労働者に対して雇用契約の申込を誘い、これに対して労働者が雇用契約の申込を行い、会社が承諾することによって労働契約が成立します。

したがって、求人広告は、あくまでも会社から労働者に対する「誘い」にすぎず、労働契約の内容となるわけではありません。

しかしながら、求人広告以外に雇用契約書を作成していなかった場合など、求人広告とは異なる労働条件で雇用契約を締結したことを立証できなければ、求人広告は、労使間の労働条件に関する合意を推認する重要な証拠となります。

雇用契約の際に示された労働条件と、実態とが大きく異なっていた場合には、ハローワークにその旨説明し、雇用契約の際に示された実際の労働条件を立証することによって、会社都合と判断される可能性が高いといえます。

ただし、雇用期間が長期間となる場合には、労働条件について異議がなかったものと判断されるおそれがありますので、注意が必要です。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!


ご相談者名(必須) ※フルネームでお願い致します。

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所 ※東京都の事務所での相談が中心となります。

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

-労働相談
-, , , , , ,

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.