不当解雇・残業代など労働問題に強い弁護士に”イマスグ”相談!!

労働問題弁護士ガイド

 03-6274-8370

Shortcodes Ultimate

(24時間フォーム問い合わせ対応)

会社を辞めたいと思ったら最初に検討すべき一覧まとめ

 重要 

次のお悩みを持つ労働者の方へ向け、検討すべきことを一覧にまとめました。

  • 会社に勤めていることが嫌になってしまった方
  • 会社を辞めようかなぁと思っている方
  • 会社に勤め続ける将来に不安を感じてしまった方
  • 会社を退職する決意を決めた方

会社を退職するよりも事前に準備しておいてください。

「会社を辞める。」と一言でいっても、様々な辞め方、手続があります。

うまく進めれば、それだけ労働者(あなた)に有利な解決に導くことができ、将来の独立、起業、転職、再就職など、次の未来への一方を、より踏み出しやすくなります。

そのために、まず、会社を辞める際に、事前に準備しておく必要事項、手続について、十分に理解しておかなければなりません。

特に、「会社を辞める。」となると、これまでは会社があなたの代わりに行ってくれていた社会保険(健康保険、年金)、税金などの手続も、あなたが自分で行わなければならなくなります。

1. 退職届を提出する

会社を自主的に辞めることを決めた場合には、あなたは、会社に対して退職の意思表示をする必要があります。

会社に対して退職の意思表示をする方法には、「退職届」と「退職願」がありますが、「退職届」を提出することをお勧めしています。

とはいえ、この2つの違いは、書類の表題だけで決まるものではありません。

2. 業務の引継ぎを行う

できる限り、会社を円満に退職するためには、あなたが辞めたことによって会社の業務に支障を生じないようにしておく必要があります。

したがって、あなただけが知っている業務などがないよう、しっかりと引継ぎを行っておきましょう。

退職時に有給休暇を取得したいといった要望がある場合には、業務の引継ぎをできる限り早く進めておくとよいでしょう。

万が一、業務の引継ぎをしなかったことによって、会社の業務に大きな支障を生じさせ、会社に大損害を負わせた場合には、会社から損害賠償請求をされるリスクがあります。

3. 住民税の支払方法を決定する

住民税の支払方法には「普通徴収」と「特別徴収」という2つの方法があります。

会社員としてはたらいていた時期は、会社が給料から天引きして代わりに納税してくれる「特別徴収」の方法によって納税していた方がほとんどなのではないでしょうか。

これに対して、会社を退職することとなると「特別徴収」の方法で納税することはできなくなります。

退職日に数か月分の住民税を一括調整されることもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

4. 保険、税金の退職に必要な手続きを行う

これまでは、あなたの保険、税金に関する手続きは、会社が代わりに行ってくれていました。

しかしながら、あなたが会社を退職するとなると、今後は、(少なくとも再就職するまでは)保険、税金の手続きはあなたが自分で行わなければなりません。

したがって、会社を退職する際には、この保険、税金に関する手続きの切り替えのため、必要な手続きをスピーディに進める必要があります。

5. 退職金に必要な手続きを行う

勤続年数が長く、高額の退職金を受給できる方は、特に注意が必要です。

退職金は、税法上「退職所得」といい、退職所得控除額の範囲内の金額であれば、納税義務は発生しません。

この場合であっても、退職所得の受給に関する申告書を、会社に対して提出しておく必要があります。

6. 身体的、精神的な健康を保持する

会社を退職し、この先、転職をするのか、それとも独立起業をするのか、いずれの道を選択するとしても、「健康第一」です。

次の仕事までにしばらくの期間が空く場合には、身体的に悪いところがあればしっかりと治しておくための期間にしましょう。

また、しばらくの期間仕事をしないと、だらけてしまい、身体的な健康を損なったり、やる気がなくなり、メンタルヘルスになってしまって精神的健康を損なったりといったケースもあります。

7. 過去の実績をまとめておく

転職活動をする場合には、履歴書、職務経歴書を記載することが必須となります。

したがって、これまでの過去の実績、成果を振り返り、業務の種類、経験、実績、アピールポイントをまとめておきましょう。

会社を退職する決意をしたときが、一番やる気に満ち溢れていますから、今の気持ちで過去を振り返っておくことが、転職活動の際に生きてきます。

時間に余裕のあるうちに、転職活動に必要な勉強もしておきましょう。

8. 退職時に必要な返還書類を会社に返還する

会社を退職するときには、あなたが会社から、業務上預かっているものは、会社に返還しなければなりません。

例えば、次のものです。

 例 
  • 健康保険証
  • 名刺、身分証明書、社員証
  • 定期券、交通ICカード
  • カードキー、鍵
  • 制服、作業服
  • 業務用PC、業務用携帯
  • 事務用品

逆に、会社から退職者に対しても、法律上、一定の書類の交付・返還が義務付けられています。

例えば、次のものです。

 例 
  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 社会保険資格喪失等確認通知書
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

手続きに漏れがなく、再就職に支障がないようしっかりと準備しましょう。

労働問題に強い弁護士へ相談!

労働問題に強い弁護士へ相談!

ご相談者名(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

ご住所

ご相談の内容

労働問題は、弁護士にご相談ください!
不当解雇、残業代、パワハラ、セクハラなど、会社で起こる労働問題にお悩みではありませんか?労働者に有利な解決のためには、労働法、裁判例の知識、解決実績が豊富な弁護士にお任せください!

労働問題に強い弁護士が、あなたの労働問題の解決を、徹底サポートいたします。

投稿日:

Copyright© 労働問題弁護士ガイド , 2017 AllRights Reserved.